登坂広臣、自身初となる台湾公演が決定

2019年2月27日 / 06:00

 登坂広臣が自身初の海外公演となる【HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~】を、7月20日、21日に台北で開催することを発表した。

 登坂にとって台湾は思い出の地だ。2016年に、EXILE TAKAHIROとともにW主演を務めた映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の海外プレミア上映イベントで、初めて台湾を訪れた。レッドカーペットでは殺到したファン1,000人から熱烈な歓迎を受け、現地ファンの期待に応える形で「いつかライブをしに台湾に戻ってきたい」と呼び掛けていた。

 それから3年の月日が経ち、三代目 J SOUL BROTHERSは17年に史上最多となる年間ライブ動員数やドーム公演数を記録するなど、日本を代表するグループに飛躍した。グループの勢いそのままに、登坂自身もソロ名義HIROOMI TOSAKAとして、17年7月に配信シングル『WASTED LOVE』でソロ・プロジェクトを始動。18年に行った初のソロアリーナツアー【HIROOMI TOSAKA LIVE TOUR 2018 “FULL MOON”】では、全国11都市で23公演を行い24万人を動員するなど、グループ、ソロ活動ともにトップアーティストへの階段を登り続けている。

 これまで、EXILEは11年に中国・鳥の巣(北京国家体育場)で開催された日中韓12組の音楽祭【三国演義 中日韓風雲音楽祭】、EXILE ATSUSHI は12年に中国・海南島で行われた総合エンタテインメントの祭典【第6回テンセント星光大典】に出演したことはあったが、EXILE、三代目 J SOUL BROTHERSともに、海外での単独公演の経験はない。唯一、EXILE TRIBEでは、GENERATIONS from EXILE TRIBEが15年、17年と2度、ワールドツアーで単独海外公演を行っているが、ソロアーティストとして単独公演を行うのは、EXILE TRIBEでも初の挑戦となる。

◎公演情報
【HIROOMI TOSAKA 台北演唱會 2019 SUPERMOON ~UNDER THE MOONLIGHT~】
2019年7月20日(土)、21日(日)
Taipei Nangang Exhibition Center Hall 1 Sky Dome(Area L)(住所:台北市南港区經貿二路1号)


音楽ニュースMUSIC NEWS

ジャスティン・ティンバーレイク、リゾとのコラボは“最高”とコメント

洋楽2019年10月15日

 2019年8月にジャスティン・ティンバーレイクが、リゾとスタジオでノリノリでセッションしている動画を公開したことから、夢のコラボレーションが近々発表されるのではとネットで注目が集まった。  彼はエンターテインメント・トゥナイトとの最新イン … 続きを読む

テイラー・スウィフト、マドンナの最新ツアーへ足を運ぶ「素晴らしいショーをありがとう」

洋楽2019年10月15日

 現地時間2019年10月12日、テイラー・スウィフトが、米NYブルックリンのBAM Howard Gilman Opera Houseにて開催されたマドンナの【マダムX・ツアー】へ足を運び、ライブを絶賛した。  Netflixの人気シリー … 続きを読む

エルトン・ジョン、回顧録で故マイケル・ジャクソンの思い出を明かす

洋楽2019年10月15日

 エルトン・ジョンの回顧録『Me』が現地時間の2019年10月15日に店頭に並ぶが、その中で故マイケル・ジャクソンの思い出を綴っている部分を英紙インディペンデントが抜粋して掲載している。  エルトンは、「マイケルのことは、彼が13歳か14歳 … 続きを読む

【米ビルボード・ソング・チャート】トラヴィス・スコット初登場1位、ダン+シェイ&ジャスティンのコラボ4位デビュー

洋楽2019年10月15日

 トラヴィス・スコットの新曲「ハイエスト・イン・ザ・ルーム」が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  昨年8月にリリースした「シッコ・モード」に続く、2曲目のNo.1獲得を果たしたトラヴィス・スコット。初登場1位のタ … 続きを読む

乃木坂46の齋藤飛鳥×山下美月×梅澤美波で実写映画化、ニッチでマニアックな漫画『映像研には手を出すな!』

J-POP2019年10月15日

 乃木坂46の人気メンバーをキャスト陣に迎えた映画『映像研には手を出すな!』が、2020年初夏に公開される。  原作は、『月刊!スピリッツ』にて連載中の当作品は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメーション制作を志す3 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top