chay、シングル「大切な色彩」には松任谷由実のカバーを含む春らしい3曲を収録

2019年2月20日 / 11:00

chay (okmusic UP's)

chayが4月24日(水)に12枚目となるニューシングル「大切な色彩」をリリースすることが明らかになり、表題曲となる「大切な色彩」が富士フイルム 『#教室アルバム』キャンペーンのタイアップソングに決定したことも合わせて発表となった。

「大切な色彩」は、chayから見た“青春”という一瞬の煌めきを歌った楽曲。軽快なリズムとキラキラしたアンサンブルの中に、誰もが共感できるノスタルジックな心象や風景をちりばめ、またたく間に過ぎてしまう青春の大切さを《一瞬、止めて。》と歌う部分が印象的だ。

《色褪せたりしない 二度と出会えない日々を 大切な色彩を いつまでもずっと》と続く歌詞は、今まさに青春の真っ只中にいる若者へのメッセージともとれる内容で、サウンドはCrystal Kayとの共演で話題となった前作「あなたの知らない私たち」のジャジーでシックな装いから一転し、chayらしいキャッチーでポップなバンドサウンドに仕上がった。

シングルのカップリングには松任谷由実のカバー「最後の春休み」を含む3曲を収録。パッケージは豪華ブックレット仕様となる。

また、富士フイルム 『#教室アルバム』キャンペーンの公式HPもオープン。本企画では、学生が思い出の写真を持ち寄って黒板や机を自由にデコレーションしながら、“教室をまるごと卒業アルバムにする”という新しい写真の楽しみ方を富士フイルムが提案し、キャンペーンのWEBムービーではいち早く新曲「大切な色彩」を聴くことができるので、こちらもぜひチェックしてほしい。
■『#教室アルバム』公式WEBサイト

http://shaprise.jp/cralbum_2019sp/
【chay コメント】

「「大切な色彩」は、青春時代を思い出しながら作った一曲です。

あの頃を振り返ると、友達とはしゃいで笑ったり、がむしゃらに夢を追いかけたり、キラキラとした眩しい日々が浮かんできました。当時は、その時間がどれだけかけがえのないものか知らないまま過ごしていたので、大人になった今、この曲を通して一瞬一瞬の大切さを伝えられたらと思いました。

#教室アルバム で、心にも形にも残るような思い出を作ってください!」
シングル「大切な色彩」
2019年4月24日(水)発売

WPCL-13040/¥1,500+税

※豪華ブックレット仕様

<収録曲>

1.大切な色彩(富士フイルム #教室アルバム キャンペーン タイアップソング)

2.タイトル未定

3.最後の春休み(松任谷由実カバー)


音楽ニュースMUSIC NEWS

ポルカドットスティングレイ、“虚構”を表現「FICITON」MV公開

J-POP2021年1月17日

 ポルカドットスティングレイが、最新アルバム『何者』より、収録曲「FICITON」のミュージックビデオを公開した。  2021年1月16日に無料配信ライブ【#何者 つぎのMVなんじゃろな?一瞬演奏配信ライブ】をYouTube Live配信に … 続きを読む

Ms.OOJA、新曲「はじまりの時」配信リリース決定

J-POP2021年1月16日

 Ms.OOJAが、新曲「はじまりの時」を2月16日に配信リリースすることが決定した。  デビュー記念日当日の2月16日に配信がスタートする同楽曲は、この先の見えない時代を強く生き抜く決意と覚悟を歌った力強いメッセージソングで、盟友のプロデ … 続きを読む

でんぱ組.inc、オンラインライブ映像作品ダイジェスト公開

J-POP2021年1月16日

 でんぱ組.incが、2月3日に発売する映像作品『THE FAMILY TOUR 2020 ONLINE FINAL!! ~ねぇ聞いて?宇宙を救うのはきっと……~』のダイジェスト映像を公開した。https://youtu.be/oScfch … 続きを読む

Da-iCE、AL『SiX』配信開始&ライナーノーツ公開

J-POP2021年1月16日

 Da-iCEが1月20日にリリースするアルバム『SiX』の配信を開始、合わせて収録曲のライナーノーツを公開した。https://youtu.be/xcFINEi1gC0  アルバム『SiX』には、TVアニメ『ONE PIECE』主題歌「D … 続きを読む

藤原さくら、弾き語りライブ映像をプレミア公開「みんなが元気なら元気出ます」

J-POP2021年1月16日

 藤原さくらが、弾き語りライブ映像【ひとりぼっちでもさみしくnight on YouTube #2】を、2021年1月16日18時にYouTubeプレミア公開する。  同日に中野サンプラザで開催を予定していた【Sakura Fujiwara … 続きを読む

page top