大滝詠一、初となるライブアルバムのジャケット公開

2019年2月20日 / 12:30

アルバム『NIAGARA CONCERT ’83』【通常盤】 (okmusic UP's)

3月21日(木)に発売される大滝詠一の初となるライブアルバム『NIAGARA CONCERT ’83』のジャケット写真が公開された。

このアルバムは大滝詠一名義で出演した最後のライブ、1983年7月24日に西武球場で行われた

『ALL NIGHT NIPPON SUPER FES ’83 /ASAHI BEER LIVE JAM』の模様を完全版で初音源化したもので、ジャケットには当時のコンサートの模様を撮影した写真が使用され、客席から見た大編成の新日本フィルハーモニー交響楽団を配したステージで当時を感じさせる1枚となっている。

また、初回生産限定盤には44Pのブックレットがついており、当時のパンフレットを再現しているのに加え、音楽評論家・能地祐子氏による、イベントの発案者、亀渕昭信氏(元ニッポン放送代表取締役社長)、森谷和郎氏(現・ニッポン放送取締役)へのインタビューを元に構成されたライナーノーツは、35年前当時のコンサートの秘密を呼び醒ます。

なお、2019年2月21日(木)にはニッポン放送が“大滝詠一DAY”となり、『NIAGARA CONCERT ’83』よりいち早く何曲かが初O.A.される。特に、渡辺満里奈『オールナイトニッポン MUSIC 10』では、2月14日(木)の放送でO.A.楽曲のリスナーリクエストを募っており、その結果も気になるところだ。

上記番組はradiko及び radikoタイムフリー(過去1週間以内に放送された番組を遡って聴くことのできる機能)でも試聴可能。

■radiko 公式サイト

http://radiko.jp/
アルバム『NIAGARA CONCERT ’83』
2019年3月21日(木)発売

【初回生産限定盤】(2CD+DVD)

SRCL-11100~11102/¥6,000(税抜)

<収録曲>

■CD1

『NIAGARA CONCERT ’83 LIVE JAM 1983/7/24 西武ライオンズ球場』

M-1 夢で逢えたら(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-2 Summer Breeze(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-3 Water Color(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-4 青空のように(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-5 カナリア諸島にて(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-6 オリーブの午后

M-7 ♡じかけのオレンジ

M-8 白い港

M-9 雨のウエンズデイ

M-10 探偵物語

M-11 すこしだけやさしく

M-12 夏のリビエラ

M-13 恋するカレン

M-14 FUN×4

M-15 Cider ’83~君は天然色

M-16 夢で逢えたら、もう一度(Niagara Fall of Sound Orchestral)

■CD2

『EACH Sings Oldies from NIAGARA CONCERT』

M-1 Confidential(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)

M-2 Blue Velvet(1981/12/03 HEAD PHONE CONCERT@渋谷公会堂)

M-3 Secretly (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-4 I Love How You Love Me (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-5 Fools Rush In (1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-6 Sheila~シャックリママさん~Love’s Made A Fool Of You(1981/06/01 A LONG VACATION@新宿厚生年金会館)

M-7 Mr Blue (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-8 Dreamy Eyes (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-9 Come Softly To Me (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-10 Who Put The Bomp (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-11 His Latest Flame (1980/12/16 LET’S DEBUT AGAIN@芝・郵便貯金ホール)

M-12 Train Of Love~Summer Lotion(1977/06/20 THE FIRST NIAGARA TOUR@渋谷公会堂)

M-13 Dream Lover ~ Travelin’ Man (1976/10/07 GO! GO! NIAGARA@渋谷公会堂)

M-14 Blue Suede Shoes (1976/03/29 NIAGARA TRIANGLE CONCERT@芝・ABC会館ホール)

M-15 Yesterday(1966/11/03@岩手 予餞会)

■DVD

『THE FIRST NIAGARA TOUR』

M-1 「ナイアガラ・ムーンがまた輝けば」大滝詠一

M-2 「FUSSA STRUT」大滝詠一

M-3 「The Very Thought Of You」シリア・ポール duet with 大滝詠一

M-4 「夢で逢えたら」シリア・ポール

M-5 「COBRA TWIST」多羅尾伴内

M-6 「こいの滝渡り」大滝詠一

M-7 「ナイアガラ音頭」布谷文夫

【通常盤】(CD)

SRCL-11103/¥2,500(税抜)

<収録曲>

『NIAGARA CONCERT ’83 LIVE JAM 1983/7/24 西武ライオンズ球場』

M-1 夢で逢えたら(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-2 Summer Breeze(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-3 Water Color(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-4 青空のように(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-5 カナリア諸島にて(Niagara Fall of Sound Orchestral)

M-6 オリーブの午后

M-7 ♡じかけのオレンジ

M-8 白い港

M-9 雨のウエンズデイ

M-10 探偵物語

M-11 すこしだけやさしく

M-12 夏のリビエラ

M-13 恋するカレン

M-14 FUN×4

M-15 Cider ’83~君は天然色

M-16 夢で逢えたら、もう一度(Niagara Fall of Sound Orchestral)


音楽ニュースMUSIC NEWS

大橋トリオ、新アルバム『This is music too』全曲配信開始 ライブ映像ダイジェストや特設サイトも公開

J-POP2020年2月18日

 大橋トリオのニューアルバム『This is music too』の全曲配信がスタートした。  そして、ニューアルバムの<初回生産限定盤>DVD/Blu-ray収録の【ohashiTrio & THE PRETAPORTERS YE … 続きを読む

ビリー・アイリッシュ、長年の夢だった007テーマ曲の制作を語る「本当にすごくいいプロセスだった」

洋楽2020年2月18日

 ビリー・アイリッシュと兄のフィニアスが、【第92回アカデミー賞】授賞式でザ・ビートルズの「イエスタデイ」を披露したが、彼女によると風邪を引いていたため最高のパフォーマンスではなかったようだ。  まだ完全には回復していないような鼻声でApp … 続きを読む

iri、ニュー・アルバム『Sparkle』リードトラックMVをプレミア公開

J-POP2020年2月18日

 iriが2020年3月25日にリリースするニュー・アルバム『Sparkle』より、同名リードトラックのMVを、2020年2月18日24時にプレミア公開する。  昨年の「Wonderland」に続き、ソニーヘッドホンとコラボレーションで制作 … 続きを読む

cero髙城晶平によるソロプロジェクト Shohei Takagi Parallela Botanica、1stアルバム『Triptych』を4/8にリリース決定

J-POP2020年2月18日

 ceroのフロントマン髙城晶平によるソロプロジェクト“Shohei Takagi Parallela Botanica”(読み:ショウヘイタカギ パラレラボタニカ)がファーストアルバム『Triptych』(読み:トリプティック)を4月8日 … 続きを読む

BTS、4thアルバム受注数で自己記録更新&リード曲「ON」MV公開をアナウンス

洋楽2020年2月18日

 BTSが2月21日にリリースするニュー・アルバム『MAP OF THE SOUL : 7』の国内外受注数が、17日付で402万枚を突破したことが分かった。流通会社のDreamUs Companyによると、この数字はBTSのアルバム歴代最多 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top