シド、アジアツアー開幕! 5年ぶりの台湾公演のレポートが到着

2019年2月19日 / 14:00

2月15日@台湾・Legacy Taipei (okmusic UP's)

結成15周年のアニバーサリーイヤーを邁進中のシドが、アジアツアー『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019”』をスタートさせた。アジア4都市を巡る今回のツアー、その初日となる2月15日(金)、台湾・Legacy Taipeiでのライブレポートをお届けする。

熱狂的な現地ファンが、会場を埋め尽くす中ライブはスタート。SEに合わせて1人ずつステージに登場したメンバー。会場には割れるような大歓声が巻き起こる。1曲目に放ったのは、彼らのアニバーサリーイヤーを彩るにふさわしいナンバー、「ANNIVERSARY」。“待ってました!”と言わんばかりのファンの盛り上がりに、会場のボルテージは一気に最高潮へ。そして、Shinjiのギターリフと、躍動感のあるゆうやのドラムが印象的な「VOICE」へと続く。日本だけでなく、台湾のファンにも向けた“一人残さず 連れていこう”というメッセージは、フロアを大合唱に導いた。

ヴォーカル・マオの“Dear…! Dear…! Dear…台湾!”のコールとともに「Dear Tokyo」を繰り出すと、フロアは拳を振り上げ、ジャンプや手拍子、熱いコーラスで応戦した。MCでマオは、“アイ! タイワン!(台湾、愛してます!)”と、中国語で挨拶。日本のアーティストが冒頭のMCで中国語の挨拶をすることはよく見る光景だが、シドが凄いのはここから。その後も、マオは“ダージャーハオ! ウォーメン、シド! ウォーシー、マオ! シャンウォーメンラマ? ウォーメンイエシャンダージャーラ!(みなさんこんにちは!僕たちがシドです。僕がマオです。みんな会いたかった?僕たちもみんなに会いたかったよ!)”と、留まることない中国語でのMCを続けた。

続いて「アリバイ」では、マオの大きく振り撒いた投げキッスに会場からは悲鳴にも近い歓声が沸く。間髪入れずに、楽器陣のアンサンブルが印象的な「KILL TIME」、TVアニメ『将国のアルタイル』オープニングテーマ「螺旋のユメ」で楽しませた。結成15周年のアニバーサリーイヤーに入り、数多くのツアーを回ってきたシド。さらなる結束力が生まれている彼らだが、その結束力はここ台湾でもパフォーマンスや演奏力にしっかりと表れている。

続くMCでは、“ホォンパァォヂァンラァィ(お年玉ちょうだい!)”とマオがちゃめっけたっぷりにねだってみせると、会場からは笑いが巻き起こった。その後マオはなんと、メンバー紹介も全て中国語で話しただけでなく、Shinji、明希、ゆうやの3人も自己紹介を中国語で伝えた。しっかりと聞きとれる彼らの中国語でのMCは、台湾のファンを大いに沸かせるとともに、容易に想像がつくその練習量に、シドの台湾への愛情の深さを感じることができる。

「hug」では会場全体を温かく包み、15周年だけでなくその先もファンと共に一緒に歩んでいこうという、大きなメッセージの込められた「その未来へ」では、なんとマオは、サビを中国語に変えて歌い上げ、台湾への愛をダイレクトに伝えた。

そして、台湾にもシドの名を知らしめるキッカケになったであろう、代表曲の1つ「嘘」を披露。LiSAへの楽曲提供で話題となった「ASH」、TVアニメ『マギ The labyrinth of magic』のオープニングテーマ「V.I.P」と続き、台湾ファンにも耳馴染みのある楽曲たちで盛り上げる。“ダージャーシーファンシアティアンマ?!(みんな夏は好き?!)”というマオの中国語から始まったのは「夏恋」。開放感のある「ラバーソール」では“オーイェー!”の大合唱が一体感を生み、“結婚しよう!”の掛け声から「プロポーズ」、そして「one way」を繰り出し、最高潮に熱いステージで本編が終了。

台湾ファンの大きなシドコールに応えて、再び登場したメンバーがアンコール1発目に披露したのは、「モノクロのキス」。そして骨太なロックチューン「reverb」「エール」を熱演した。MCでマオは、“台湾のみんなが、いつも頑張って日本語で手紙やメッセージをくれるから、今日は俺たちが頑張って中国語を覚えてきました”と、温かい言葉で伝え、“シドは15周年です。単独ライブだと台湾は3回目。15年もあったのに3回しか来ていないのは寂しいなって…。これからは、もっともっと近くで活動したいと思っています!”と宣言。台湾ファンを“もっと身近に感じたい”という想いが伝わってくる。

“ダージャーシーフーマ?(幸せだった?)”とひとりひとりに向けて呼びかけるマオ。それに応えるフロアは多幸感に溢れた。“また会いましょう、聴いてください”と、ラストナンバー「いちばん好きな場所」へ。“距離も時も超えて会いに行こう”というメッセージを体現するかのような、5年ぶりの台湾公演。その会えなかった5年間を埋めるように、鳴り止まない拍手と歓声の中ステージを締め括った。

シドは、3月10日(日)に横浜アリーナ公演、『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~』を行い、15周年の集大成を見せる。当日、横浜アリーナの会場では、「その未来へ」の会場限定盤パッケージも販売されるとのこと。「その未来へ」は、2018年にリリースされた自身初のミニアルバム『いちばん好きな場所』の収録曲でありながら、今回の横浜アリーナ公演のタイトルにも冠されている、シドの15周年を象徴する大切な楽曲の1つ。こちらも詳細を楽しみに待とう!結成15周年、アニバーサリーイヤーの集大成を駆け抜けるシドから今後も目が離せない。
【ライブ情報】
■『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019”』

2月20日(水) Hong Kong・MacPherson Stadium, Mongkok, Kowloon

2月22日(金) Shanghai・BANDAI NAMCO SHANGHAI BASE DREAM HALL

2月24日(日) Beijing・Tango livehouse

■『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ ~その未来へ~』

3月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ

<チケット>

全席指定 ¥7,500(税込)

※未就学児童入場不可

※チケット一般発売中!
『その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-』
2019年3月10日(日)

2018年にリリースされた自身初のミニアルバム『いちばん好きな場所』から、収録曲「その未来へ」のシングルカットが決定!

2019年3月10日に行われる横浜アリーナ公演での会場限定15周年豪華記念盤パッケージでリリース!

※横浜アリーナ会場限定

※詳細は近日発表!


音楽ニュースMUSIC NEWS

エリック・クラプトン、11/25発売の『クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2019』より「バッジ」のライブ映像公開

洋楽2020年10月22日

 エリック・クラプトンが、カリブ海のアンティグア島に設立したクロスロード・センター(アルコールや薬物依存症患者の救済施設)のために、豪華ギタリスト達とともに行ったチャリティー・コンサートが、『クロスロード・ギター・フェスティヴァル 2019 … 続きを読む

アリアナ・グランデ、ニュー・シングル「Positions」のアートワーク&音源を一部公開

洋楽2020年10月22日

 現地時間2020年10月21日、アリアナ・グランデがニュー・シングル「Positions」のアートワークを自身のインスタグラムに投稿した。  白黒の写真で、アリアナはロングスリーブのクロップトップとお揃いのスカートを纏い、そのスレンダーな … 続きを読む

Girls²、ニューEP『大事なモノ / #キズナプラス』より「大事なモノ」のMVを公開

ニュース2020年10月22日

ガールズ・パフォーマンスグループのGirls²が、11月18日(水)にリリースする 2nd EP『大事なモノ / #キズナプラス』より「大事なモノ」のMVをYouTubeにて公開した。 同作は原宿竹下通りの公式イメージソング「#キズナプラス … 続きを読む

須田景凪、新曲「ゆるる」が映画『名も無き世界のエンドロール』の主題歌に決定

J-POP2020年10月22日

 須田景凪の新曲「ゆるる」が、映画『名も無き世界のエンドロール』の主題歌に決定した。  映画は、主演・岩田剛典、共演に新田真剣佑を迎え表裏一体のバディを演じるサスペンス・エンターテイメントだ。「第25回小説すばる新人賞」を受賞した行成薫によ … 続きを読む

RADWIMPS 野田洋次郎、『キネマの神様』で菅田将暉と2度目の共演

J-POP2020年10月22日

 松竹映画100周年を記念した山田洋次監督作品『キネマの神様』に、菅田将暉の友人役としてRADWIMPSの野田洋次郎が出演することが分かった。  沢田研二や菅田将暉、永野芽郁、宮本信子が出演する本作で、野田は菅田演じる若き日の主人公ゴウとと … 続きを読む

page top