2018年年間音楽ソフト売上動向発表 音楽ビデオ アーティスト別首位は安室奈美恵、作品別では嵐 『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』が首位獲得

2019年2月1日 / 16:00

 SoundScan Japanが『2018年の年間売上動向』を発表し、音楽ビデオ(DVD、ブルーレイ他)の総売上金額は約885億円、売上枚数は約1,241万枚であることが明らかになった。

 音楽ビデオの総売上金額約885億円は前年比138%。(2017年の音楽ビデオ売上金額は約641億円)DVDとブルーレイ他の比率は51:49で、56:44だった2017年よりもブルーレイ他の比率が上がり、映画等に比べDVDの比率が高い音楽ビデオも高画質化が進んでいる。

 アーティスト別で見ると、安室奈美恵が約139.4億円を売上げ、2位以下に大差をつけて1位となった。続く2位は約47.4億円を売り上げた嵐、3位は約41.7億円を売り上げた乃木坂46となった。

 作品別では、嵐『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』が約74.7万枚を売り上げて1位となった。続いて安室奈美恵『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+5月東京ドーム公演)』が44.7万枚を売り上げて2位、Hey! Say! JUMP『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018』が約37.9万枚を売り上げて3位となった。また、安室奈美恵さんのファイナルツアー作品が4、5、6位も獲得し、TOP10中4作品を安室奈美恵さんの作品が占める結果となった。

 また、アルバム、シングルを含む、音楽ソフト総売上金額は前年比104.4%の約2,793億円で(2017年は約2,676億円)、総売上枚数は約10,143万枚。音楽ビデオの圧倒的なセールスが奏功し、アーティスト別の総合首位も、約163億円を売り上げた安室奈美恵さんが獲得した。

 『2018年の年間売上動向』はSoundScan Japanによる全国のCD・ビデオソフト店および広域チェーン店、書店、家電量販店等、コンビニエンスストア、Eコマース各社で販売された音楽・映像ソフト商品のPOSデータを基に算出したもの。計測期間は、2018年1月1日~2018年12月30日である。

ビデオの売上枚数別トップ10は以下の通り。

◎2018年年間ビデオ・チャート
1位:『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』 嵐 74.7万枚
2位:『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+5月東京ドーム公演)』 安室奈美恵 44.7万枚
3位:『Hey! Say! JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018』Hey! Say! JUMP 37.9万枚
4位:『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+福岡ヤフオク!ドーム公演)』 安室奈美恵 32.7万枚
5位:『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+ナゴヤドーム公演)』安室奈美恵  32.3万枚
6位:『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~ (東京ドーム最終公演+25周年沖縄ライブ+京セラドーム大阪公演)』安室奈美恵  28.4万枚
7位:『King & Prince First Concert Tour 2018』 King & Prince 26.5万枚
8位:『関ジャニ’sエイターテインメント ジャム』 関ジャニ∞ 26.2万枚
9位:『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』 24.6万枚
10位:『LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM』 Kis-My-Ft2 21.0万枚

  

※計測期間:2018年1月1日~2018年12月30日
※表示枚数、金額は概数となります
※金額は全て税抜


音楽ニュースMUSIC NEWS

スフィアン・スティーヴンス、12分半に及ぶ新曲「America」をリリース

洋楽2020年7月6日

 スフィアン・スティーヴンスが、2020年9月25日にリリースされるニュー・アルバム『ジ・アセンション』より、12分半に及ぶ大作「America」を公開した。  シングル「America」、そしてアルバム『ジ・アセンション』は私たちの周りで … 続きを読む

デヴィッド・ギルモア、5年ぶりの新曲「イエス・アイ・ハブ・ゴースツ」に“これ以上ないくらい満足”

洋楽2020年7月6日

 デヴィッド・ギルモアが、5年ぶりとなる新曲「イエス・アイ・ハブ・ゴースツ」を発表した。2015年『飛翔(Rattle That Lock)』以来となる新曲は、アコースティック・ギターで奏でられる哀愁のメロディが印象的で、彼の娘ロマニーの声 … 続きを読む

山下智久『anan』に登場、肉体美&大人の色気&かっこよさ全開

J-POP2020年7月6日

 山下智久が、2020年7月15日発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙を飾る。  グラビアは、ナチュラル、シック、モードの3つのスタイルで撮影。ナチュラルで柔らかい光の中での撮影では、鍛えられた肉体美もちらりと披露。落ち着いたネイビー … 続きを読む

高槻かなこ、ソロアーティストデビュー&オフィシャルFC本オープン決定

アニメ2020年7月5日

『ラブライブ!サンシャイン!!』の国木田花丸役を務め、同作品のスクールアイドルグループAqoursとしても活動する高槻かなこが、ランティスより10月14日に発売するシングル「Anti world」で待望のソロアーティストデビューすることを発 … 続きを読む

原因は自分にある。、新曲配信リリース&特別配信プログラム放送決定

ニュース2020年7月5日

原因は自分にある。が新曲「シェイクスピアに学ぶ恋愛定理」を7月12日(日)に配信リリースすることを発表した。さらに、そのリリースを記念して同日の18:00より、特別配信プログラム『仮想げんじぶ空間』の放送も決定! 今回の新曲は永遠に解けない … 続きを読む

page top