【米ビルボード・アルバム・チャート】フューチャー約3年半で6作品が1位獲得の快挙、マギー・ロジャース2位初登場

2019年1月28日 / 13:45

 フューチャーの新作『Future Hndrxx Presents: The Wizrd』がNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 週間126,000ユニットを獲得した本作は、内訳15,000枚がアルバム・セールス、109,000ユニットがストリーミングによるもので、 総ユニット数のほとんどがストリーミングによるものだった。ここ1年間で首位を獲得したラッパーのアルバムは、ほとんどがその傾向にある。週間視聴回数は1億4,360万回で、20曲という曲数の多さもストリーミング・ポイントが高かった理由として挙げられる。

 Billboard 200での首位獲得は、2015年8月にリリースした3rdアルバム『DS2』から5作連続、ドレイクとのコラボ・ミックステープ『ホワット・ア・タイム・トゥ・ビー・アライヴ』(2015年)を含めると、通算6作目となる。なお、2017年2月17日リリースの5thアルバム『フューチャー』、そして翌2月24日リリースの6thアルバム『Hndrxx』はいずれもNo.1デビューしていて、ビルボード史上異なる2枚のアルバムを2週連続で首位に送り込んだのは、フューチャーだけが達成した快挙。

 フューチャーは、2015年8月から2019年1月までのたった3年5か月で、6枚のアルバムを首位に送り込んでいるが、それをわずかに上回る記録をもつのがエルトン・ジョンで、1972年7月15日付チャートで初の1位を獲得した『ホンキー・シャトー』から、1975年11月8日付チャートでNo.1に輝いた『ロック・オブ・ザ・ウェスティーズ』までの3年3か月間で、6作品を首位に送り込んでいる。

 続いて2位にデビューしたのは、米ブルックリンの女性シンガーソングライター=マギー・ロジャースのメジャー・デビュー・アルバム『ハード・イット・イン・ア・パスト・ライフ』。週間ユニット数は49,000で、首位のフューチャーとは大差がついたが、アルバム・セールスは37,000枚と倍以上を売り上げ、セールス・チャートでは堂々の首位デビューを果たしている。本作のヒット要因としては、ライブ・チケットの販売特典(還元)が挙げられる。

 マギー・ロジャースは、インディー・レーベルから『ザ・エコー』(2012年)、『ブラッド・バレエ』(2014年)の2枚のアルバムをリリースしているが、いずれも同チャートではランクインせず、2017年2月に発表したEP盤『ナウ・ザット・ザ・ライト・イズ・フェイディング』も、トップ・ヒートシーカーズ・チャートでは4位まで上昇したが、Billboard 200にはランクインしなかった。したがって、本作が彼女にとっての初のランクインにして、TOP10入りとなる。

 上位2者の登場により、先週、2週連続の首位を飾ったア・ブギー・ウィット・ダ・フーディの『Hoodie SZN』は3位に(49,000ユニット)、先週2位まで上昇した映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のサウンドトラックは4位に(39,000ユニット)、21サヴェージの『I Am > I Was』は3位から5位に(37,000ユニット)それぞれダウンした。ミーク・ミルが6位、ポスト・マローンも7位に粘り強く居座っていて、10位のトラヴィス・スコット含め、今週も6アーティストがヒップホップ勢で占めている。

 9位には、米テキサスのカントリー・シンガー=コーディー・ジョンソンの新作『エイント・ナッシン・トゥ・イット』が初登場。週間ユニット数は35,000で、アルバムの実売が23,000枚、ストリーミングによるユニットが1万前後だった。本作は、ワーナー・ミュージック移籍後にリリースした初のアルバムで、これまでリリースした6枚のアルバムでは、2014年の5thアルバム『カウボーイ・ライク・ミー』(33位)、2016年の6thアルバム『ゴッタ・ビー・ミー』(11位)の2枚がチャートインしてるが、TOP10入りは本作が初となる。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、2月1日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『Future Hndrxx Presents: The Wizrd』フューチャー
2位『ハード・イット・イン・ア・パスト・ライフ』マギー・ロジャース
3位『Hoodie SZN』ア・ブギー・ウィット・ダ・フーディ
4位『スパイダーマン:スパイダーバース』サウンドトラック
5位『I Am > I Was』21サヴェージ
6位『チャンピオンシップス』ミーク・ミル
7位『ビアボングズ&ベントレーズ』ポスト・マローン
8位『アリー/スター誕生』サウンドトラック
9位『エイント・ナッシン・トゥ・イット』コーディー・ジョンソン
10位『アストロワールド』トラヴィス・スコット


音楽ニュースMUSIC NEWS

flumpool、新AL『Real』アートワーク解禁12年ぶりに全裸撮影に挑戦

J-POP2020年4月9日

 flumpoolが、5月20日にリリースする新アルバム『Real』のアートワークを解禁した。  12年前にリリースされてflumpoolメンバーの全裸姿のジャケット写真が話題となった『Unreal』。そこから挫折や葛藤を経験した12年を経 … 続きを読む

『4月9日はなんの日?』超多忙な“ドラムの神様”、スティーヴ・ガッドの誕生日

洋楽2020年4月9日

 4月9日は世界最高峰のセッション・ドラマー、スティーヴ・ガッドの75歳の誕生日。  スティーヴ・ガッドは1945年4月9日、アメリカ・ニューヨーク生まれ。10代の頃からジャズ・クラブのセッションでドラムの腕を磨き、70年代前半にはスタジオ … 続きを読む

SUPER BEAVER、メジャー再契約を発表&6月に両A面シングルをリリース

ジャパニーズロック2020年4月8日

2005年4月1日に結成し、2020年4月1日(水)で15周年を迎えるSUPER BEAVER。彼らが4月8日(水)にメジャーレーベルと再契約を結んだことを表明し、前作「予感」以来となる約1年7カ月ぶりのニューシングル「ハイライト / ひと … 続きを読む

THE SxPLAY(菅原紗由理)、初のベストアルバムを発売

ニュース2020年4月8日

THE SxPLAY(菅原紗由理)が4月8日に初のベストアルバム『BEST OF 3650 DAYS』をリリースした。同時に各種サービスにて配信もスタートしている。 本作は菅原紗由理としてデビューし5年間でリリースされた楽曲に加え、THE … 続きを読む

Crossfaith、新曲「Digital Parasite」4/9リリース

J-POP2020年4月8日

 Crossfaithが新曲「Digital Parasite」を4月9日にリリースする。  アートワークを手掛けたのは、IDEA Magazineの表紙も飾ったJonathan Castro。同日17時にはミュージック・ビデオもプレミア公 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top