KEYTALK、Nulbarich、木村カエラが出演した『ROCK AX』DAY1のレポートが到着

2019年1月23日 / 17:00

1月22日@東京・TOKYO DOME CITY HALL(KEYTALK) (okmusic UP's)

2019年からスタートした新しい音楽イベント『ROCK AX』の初日公演が、1月22日(火)東京・TOKYO DOME CITY HALLにて開催。KEYTALK、Nulbarich、木村カエラが出演した。『ROCK AX』は“今、目撃するべき本物のライブを、体験”をコンセプトに日本テレビが立ち上げたライブイベントで、第1回は同公演と1月23日(水)の2日間にわたって実施される。

記念すべき第1回初日のトップバッターを務めたのはKEYTALK。オープニングSEの中、勢い良くステージにあらわれた4人は“一緒にお祭り騒ぎしようぜ!”のかけ声と共に、ド派手なパーティーチューン「MATSURI BAYASHI」でスタート。1曲目からパワー全開で会場をグイグイと盛り上げる。ドラムの八木優樹のインフルエンザ発症で直近のライブを急遽キャンセルした彼らにとって、この日が本年初のライブ。中盤、八木から“元気になりました! ありがとう”と全快の報告もあり、会場からは『おかえり~!』と温かい声援が飛ぶ。ギターの小野武正からKEYTALK恒例『ペーい!』のコール&レスポンスの後、『最後の最後まで楽しんでいって!』と後半のアップチューンの連打に突入。KEYTALKの魅力は首藤義勝と寺中友将の絶妙なツインボーカルの掛け合いに、歌を聴かせるような小野武正のメロディアスなギターが重なるところ。そこへ重量級のリズム隊が加わり、4ピースながら驚くほど多彩なサウンドを弾き出す。45分の短いステージの中で、4人の迸る熱量を発信し続けた圧巻のパフォーマンスであった。

続いてステージに登場したのはNulbarich。真っ赤な照明の中、バンドがグルーヴ感溢れる演奏を始め、ゆっくりとボーカルのJQがステージ中央に歩み寄る。この日のバンドは6人編成。挨拶代わりの1曲目は「It’s Who We Are」。ソウル、ファンク、アシッド・ジャズのエッセンスを盛り込んだ演奏とJQの美しいファルセット・ヴォイスで、先ずはNulbarichの世界観をオーディエンスに見せると、会場は一転して夜のオトナ・モードになる。クールで無機質にもみえたパフォーマンスは曲を重ねるごとに徐々に熱を帯びていき、JQの“Put your hands up!”を機に、オーディエンスは両手を左右に掲げ応え、一挙にヒートアップ。気がつけば、会場を沸かせ自分たちのペースに巻き込んでいく力量は見事のひとこと。最後のMCでは2016年にバンドを結成するも、まだまだ夢の続きであると謙虚に話しつつ“2016年に買った片道切符は、大事に手放さないように進んで行こうと思います!”とバンドの将来に向けての決意を表明。“焦らず、好きなようにマイペースで行こうと作った曲です”とラストナンバー「Almost There」を歌いステージを降りた。

第1夜ROCK AXのトリは木村カエラ。豪快にギターがかき鳴らされ、“ラッタッタ!”のシャウトで始まった「HOLIDAYS」、サビでは“みんな歌える?”と客席にマイクを向けて盛り上げていき、そのまま間髪入れずに「リルラ リルハ」に。さらに“みんなタオル持ってる?”と歌い出した「Circle」では、サビの“回せ!”のかけ声に合わせ会場も思い思いにタオルを回す。冒頭から豪華な選曲で圧倒し続けた木村カエラにとって、この日は本年最初のライブ。それゆえか、本人のテンションも高く“あけおめ!ことよろ!”と新年の挨拶に続き、“今日はベスト盤みたいな感じでやります!”と客席を沸かせる。

“しばらく歌ってなかった曲ですが…”と「Butterfly」のイントロが流れるや観客も大喜び。ドラムのビートをフィーチャーされたアグレッシブなアレンジをバックにカエラも力強く歌う。サビでは再び客席にマイクが向けられ2500人のお客さんとラララの大合唱。この感動的な盛り上がりに“こんな古着のTシャツで歌う曲じゃなかった(笑)”と本人も少し後悔。気を取り直して“振り幅の広い木村カエラだけど、次は激しい曲やるよ!”と激ロックナンバー「TREE CLIMBERS」に。「BEAT」ではギターを抱え、マイク・スタンドに向かう凛とした立ち姿に“カッコいい!”と声援が飛ぶ。

“私がいちばん好きな曲で、みんなが元気で、笑顔でいて欲しい思いが入ってる曲です!”と歌ったラストナンバー「Magic Music」では歌詞の《あなたの笑顔が見たい》を“みんなの笑顔がみ・た・い!”と歌ってオーディエンスみんなに自身の想いを届け、45分のステージを疾走。“また会いましょう!”と客席に投げキッスを送り、舞台を降りた。

このライブの模様は、3月8日(金)25:59から日本テレビで、CS日テレプラスで3月30日(土)21:00より放送される。また『ROCK AX Vol.2』の開催も決定! 4月18日(木)と19日(金)の2日間、同じTOKYO DOME CITY HALLで開かれ、出演者やチケット詳細は公式HP、公式Twitterで随時更新されていくのでお楽しみに。

【セットリスト】

■KEYTALK

01. MATSURI BAYASHI

02. ロトカ・ヴォルテラ

03. sympathy

04. MURASAKI

05. Love me

06. YURAMEKI SUMMER

07. パラレル

08. MONSTER DANCE

09. Summer Venus

■Nulbarich

01.Opening

02. It’s Who We Are

03. Follow Me

04. Ordinary

05. NEW ERA

06. On and On

07. VOICE

08. Zero Gravity

09. ain’t on the map yet

10. Almost There

■木村カエラ

01. HOLIDAYS

02. リルラ リルハ

03. COLOR

04. Circle

05.Butterfly

06. TREE CLIMBERS

07. マスタッシュ

08. BEAT

09. Magic Music
Live photo by 山内洋枝
【『ROCK AX』放送日程】
■日本テレビ

3月8日(金)25:59~26:59

■CS日テレプラス

3月30日(土)21:00~(1/22公演)

3月31日(日)21:00~(1/23公演)

※放送時間は変更になる場合もございます。


音楽ニュースMUSIC NEWS

LUCKY TAPESなどを支えるトロンボーン奏者・NAPPI、共同制作に君島大空を迎えたソロデビューAL発売へ

J-POP2019年6月26日

 トロンボーン奏者・NAPPIのシンガーソングライターとしてのソロプロジェクト、Hainuwell(ハイヌウェル)のデビューアルバム『放浪者の目覚め』が、2019年7月17日にリリースとなることが決定し、オフィシャル・トレーラーも公開された … 続きを読む

蓮沼執太、中村佳穂をフィーチャーした新曲「CHANCE feat. 中村佳穂」公開

J-POP2019年6月26日

 蓮沼執太の新曲「CHANCE feat. 中村佳穂」が、本日6月26日より配信スタートとなった。  本楽曲は、「LUMINEJAKARTA(ルミネジャカルタ)開店」&「日本 インドネシア 国交樹立60周年」の記念イベントの為に制作されたも … 続きを読む

ジョン・レジェンド/サラ・バレリスら出演『ジーザス・クライスト・スーパースター』が8/17に放送

洋楽2019年6月26日

 イエス・キリストが十字架にかけられるまでの最後の7日間を、現代的な解釈で描いたロック・オペラを、グラミー賞アーティストたちの共演で蘇る『ジーザス・クライスト・スーパースター Live in Concert』が2019年8月17日にWOWO … 続きを読む

ショーン・メンデス&カミラ・カベロ、コラボ曲「セニョリータ」MVメイキング映像公開

洋楽2019年6月26日

 ショーン・メンデスとカミラ・カベロによるコラボ曲「セニョリータ」のミュージック・ビデオのメイキング映像が2本公開された。  ショーンがダンスすることを「最悪の悪夢」と話すところから始まる約6分間のパート1では、2人がビデオの中で披露したダ … 続きを読む

雨のパレード、大沢伸一による「Ahead Ahead」リミックス音源、新曲「Summer Time Magic」を2週連続配信リリース決定

J-POP2019年6月26日

 雨のパレードが、7月3日に「Ahead Ahead [Remixed by SHINICHI OSAWA(MONDO GROSSO)]」を、7月10日には新曲「Summer Time Magic」を配信リリースすることが決定した。  雨の … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top