『アクアマン』ジェームズ・ワン監督、全米初登場No.1のカギは「ファミリー」と明かす

2019年1月12日 / 17:00

 2019年2月8日より日本公開となる『アクアマン』の監督ジェームズ・ワンが、全米の公開を競合がひしめくクリスマスシーズンに合わせた理由を明らかにした。

 『アクアマン』の全米公開日である12月21日は、クリスマスのホリデーシーズンを狙う競合がひしめく激戦区で、19日に『メリー・ポピンズ リターンズ』、同21日に『バンブルビー』など、各社の冬の一本が勢ぞろいした。超大作『ワイルド・スピード SKY MISSION』を手掛けたジェームズ・ワン監督は、「この企画が始まった初日から僕はクリスマス時期を狙っていたんだ。なぜなら、僕はファミリー映画を作っていたからだよ。これはヒーローの物語だけど、家族の絆を描いた映画なんだ。だからクリスマスの時期を狙いたかった。その頃たくさんの映画が公開されることは知っているよ。でも少なくともトライしてみたい!と思ったんだ」と、その理由を明かしている。さらに「以前ジェームズ・キャメロンが『アバター』を12 月に公開するとしていた時、僕はたぶんそれまでには完成しないだろうと踏んでいた。だから僕は『もし、彼が公開日を動かしたら、クリスマス時期にアクアマンを公開したい!』とスタジオに言ったんだ」と、自らスタジオに進言したことも話す。

 全ての海洋生物を操るアクアマンの戦いを描いた海中バトルアクションに、家族の物語があるとは少々驚きだが、監督は「ニコール・キッドマンが演じるアトランティス人のアトランナと、タマラ・モリソン演じる灯台守は恋におちる。そしてアクアマンが生まれるんだ。この2人のラブストーリーは、実はアクアマンのヒーローとしての旅路のバック・ボーンになる。母親と父親の愛の物語が、アクアマンの感情的な部分で非常に大きい影響を与えるんだよ!」と、その関係性を少しだけ明かしてくれた。監督の目論見通り、『アクアマン』は全米そして世界で大ヒットを記録。早くも全世界興行収入は9億4000万ドル、日本円にして1024億6000万円(1ドル=109円換算/1.7時点Box office MOJO調べ)に達している。

◎『アクアマン』
2019年2月8日(金)より全国公開
監督:ジェームズ・ワン
出演:ジェイソン・モモア、アンバー・ハード、ニコール・キッドマンほか
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & cDC Comics”


音楽ニュースMUSIC NEWS

ヒヨリノアメ、それでも世界が続くなら 篠塚将行プロデュースによるアルバム『記憶の片隅に』発売決定

ジャパニーズロック2019年5月20日

茨城出身平均年齢20歳の4人組リアルロックバンド、ヒヨリノアメが、それでも世界が続くならの篠塚将行をプロデューサーに迎え、7月31日にデビューアルバム『記憶の片隅に』をLow-Fi Recordsより全国一斉リリースすることを発表した。 2 … 続きを読む

THE BEATNIKS、タワレコアナログ専門店にてリリースイベントを開催

ジャパニーズロック2019年5月20日

5月22日にリリースされるTHE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)のライブアルバム『NIGHT OF THE BEAT GENERATION』のリリース記念トークイベントの詳細が発表された。 イベントは6月2日(日)に新宿にあるアナロ … 続きを読む

avengers in sci-fi、自主企画ライブがバンド初の2デイズ開催決定

J-POP2019年5月20日

 avengers in sci-fiが、2019年7月20日と21日に自主企画【Unknown Tokyo ~Summer~】を、バンドと縁ある下北沢ERAで開催することを発表した。  2014年に2ステージを使用した小規模なフェスを思わ … 続きを読む

モーモールルギャバン、インドの日常から着想得た新曲「消えて」公開

J-POP2019年5月20日

 モーモールルギャバンが新曲「消えて」のミュージック・ビデオを公開した。  今年インドへ足を運んだメンバーのゲイリー・ビッチェ(ドラムス&ボーカル)が、「インドの火葬場は焚き火のようで、気づけば一日中眺めていました。」と語る現地の日常から着 … 続きを読む

五月病を吹き飛ばせ! 気分を上げてくれる洋楽5曲

ニュース2019年5月20日

春から新たな環境に身を置いた人たちに疲れがどっと出てくるこの時期。「五月病」とは新しい環境に適応できないことから起きる精神的な症状の総称で、中でも最も多い病気は適応障害だそうです。「気が滅入るなぁ」「体がだるい」「疲れちゃったな」と思ったら … 続きを読む

page top