星野 源、RADWIMPS、SUGIZOなど12月リリースの作品17作を紹介

2018年12月27日 / 14:30

(okmusic UP's)

フリーマガジンokmusic UP’s vol.171(11/20発行)、 vol.172(12/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、12月リリースの作品17作を紹介!

1.「あなたの知らない私たち」/chay feat. Crystal Kay

2.「レイメイ」/さユり×MY FIRST STORY

3.「スノウドロップ」/FOMARE

4.『マシン・ザ・ヤング』/ニトロデイ

5.『ANTI ANTI GENERATION』/RADWIMPS

6.『私的旅行』/DAOKO

7.『没落』/ぼくのりりっくのぼうよみ

8.『JAPRISON』/SKY-HI

9.『ALL TIME BEST TOUR 〜20th STORY + LOVE + SONG 〜』/GOING UNDER GROUND

10.『夢をみた少年』/HARUMA

11.『POP VIRUS』/星野 源

12.『COSMOSCAPE II』/SUGIZO

13.『Baby Bump』/Chara

14.『Tank-top Festival in JAPAN』/ヤバイTシャツ屋さん

15.『この部屋が世界のすべてである僕、あるいは君の物語』/THE 夏の魔物

16.『IRON SPIRIT』/般若

17.『Life is going on and on』/MISIA
「あなたの知らない私たち」/chay feat. Crystal Kay
Single 12/5 Release

WARNER MUSIC JAPAN

【初回限定盤(DVD付)】

WPZL-31550〜1 ¥2,700(税込)

【通常盤】

WPCL-12969 ¥1,296(税込)
ドラマ『あなたには渡さない』の主題歌としてオンエア中の新曲はCrystal Kayをフィーチャリングしたラテン歌謡テイストなナンバー。ドロドロした女同士の戦いや恋の駆け引きをテーマにしたドラマに沿った、スリリングで大人な世界観がサックスなどの生楽器によって引き立てられている。chayとCrystalKayのヴォーカルが絡み合っていくデュエットは最大の聴きどころだ。ジャケットのイメージともリンクしている。

TEXT:山本弘子
「レイメイ」/さユり×MY FIRST STORY
Single 12/5 Release

Ariola Japan

【初回生産限定盤(DVD付)】

BVCL-923〜4 ¥1,667(税抜)

【期間生産限定盤(DVD付)】

BVCL-926〜7 ¥1,481(税抜)

【通常盤】

BVCL-925 ¥926(税抜)
“心配ない”と言い聞かせ歩む先で出会った共鳴者と夜明けを信じて一緒に進みゆく…そんなストーリーが浮かぶさユり×MFSの共闘作はTVアニメ『ゴールデンカムイ』第二期OPテーマ。MFSが放つエレガントなピアノとエレクトロを交えた疾走感あふれるエモーショナルなサウンドの中、さユりとHiro(Vo)の二者が並走しつつも時に絡み合い、それが昇華を魅せる。全ての黎明を信じてそれでも進む者たちの謳歌として捧げたい。

TEXT:池田スカオ和宏
「スノウドロップ」/FOMARE
Single 12/5 Release

Small indies table

SIT-1015

¥1,296(税込)
TSUTAYA O-EAST でツアーファイナルを迎えたばかりだが、早くもシングルをリリース。ジョン・レノンの「HAPPY X-MAS(WAR IS OVER)」のカバーをボーナストラックに加え、クリスマスを意識しながら、バラードの「libido」他、自作の3 曲は別れをふっ切れない男心を歌っているところにバンドのリアルがある。温もりが恋しい季節だからこそ、より染みるという意味ではまさにタイムリー。

TEXT:山口智男
『マシン・ザ・ヤング』/ニトロデイ
Album 12/5 Release

Beacon Label/SPACE SHOWER MUSIC

PECF-3220

¥2,500(税込)
新生代オルタナロック4 人組の1stアルバムは、さらなる注目を浴びるに相応しい出来映え。3 分前後にまとめられた楽曲を主軸に、歪んだ重々しい演奏とは対極を描く抜けの良いヴォーカルやコーラスワークは実にキャッチーに響く。とりわけ「ジェット」はエモーショナルかつ粘着的な歌メロがとても癖になる。懐かしくも新しく、ヒリヒリしているのに甘酸っぱい。何度も聴き返したくなる好盤だ。

TEXT:荒金良介
『ANTI ANTI GENERATION』/RADWIMPS
Album 12/12 Release

EMI Records

【初回限定盤(DVD付)】

UPCH-29313 ¥3,800(税抜)

【通常盤】

UPCH-20503 ¥3,000(税抜)
前作『人間開花』以来、約2年振りになるニューアルバムは全17曲入りの大ボリュームだが、片時も緊張感は途切れないままに聴き終えてしまった。一曲一曲が連関し、作品トータルでRADWIMPSの豊潤な音楽性を開陳している。パパラッチに対してストーリー仕立ての構造を取りながらも、丸裸の感情でラップする「PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜」は衝撃的なMVも相まって胸にズシリと響く。問題提起という意味でも深く考えさせられる楽曲だ。そんなシリアスなメッセージを掲げる一方、彼らの冒険心に満ちあふれたサウンドにも驚かされる。打ち込みを用いて祝祭感を運んでくる「カタルシスト」、童謡調の歌詞を引用して既存のロックの枠組みからはみ出した「洗脳(Anti Anti Mix)」は繰り返し聴きたくなる中毒性の高い曲調。また、ONE OK ROCKのTaka、あいみょん、ラッパーのMiyachiとSOIL&”PIMP”SESSIONSのTabu Zombie(Tp)をゲストに招いた豪華コラボも3曲収録。特に「泣き出しそうだよ feat.あいみょん」で聴ける男女掛け合いヴォーカルは見事なはまりようでグッときた。

TEXT:荒金良介
『私的旅行』/DAOKO
Album 12/12 Release

TOY’S FACTORY

【初回限定盤(DVD付)】

TFCC-86654 ¥3,300(税抜)

【通常盤】

TFCC-86655 ¥2,800(税抜)
前作アルバム『THANK YOU BLUE』でアイコンカラーである青の時代を終え、小林武史や水野良樹(いきものがかり)などの錚々たるアーティストを迎えた本アルバムでより一層リスナーの懐に入り込む。慎ましく上品なスタンスの彼女が、憂いや孤独感を込めた歌詞を次々に投下することで、これまでの謎めいた印象が少しずつ払拭されていく。CMソングにも起用された「終わらない世界で」など、日常に馴染むポップスが目白押し!

TEXT:千々和香苗
『没落』/ぼくのりりっくのぼうよみ
Album 12/12 Release

CONNECTONE

【初回限定盤】

VIZL-1478 ¥8,000(税抜)

※DVD+アルバム未収録曲集CD付

【通常盤】

VICL-65078 ¥2,500(税抜)
アーティスト活動終了前に届いた最後のオリジナルアルバム。ジャジーなサウンドに乗せて《人間なんてオワコンなんだよ》と悩ましく叫ぶぼくりりなりのブルース「人間辞職」をはじめ、この遺作がただの苦し紛れの戯言なのか、はたまた未来へつながる希望に成り得るのかは、聴き手が声を受け止めながら確かめてほしい。表題曲では《没落後の爆発 乞うご期待》と歌ってもいて、それはわりとすぐな気がしないでもない。

TEXT:田山雄士
『JAPRISON』/SKY-HI
Album 12/12 Release

avex trax

【CD+スマプラミュージック】

AVCD-96047 ¥3,240(税込)

【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】

AVCD-96045/B ¥5,400(税込)

【CD+Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー】

AVCD-96046/B ¥5,400(税込)

【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】

AVCD-96043/B〜C ¥7,020(税込)

【CD+Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー】
54 okmusic UP’s 不寛容な現代へ睨みを利かせてジャズ&ファンク調でシニカルに斬り込む「What a Wonderful World!!」、starRoプロデュースのトラックが激クールな「Role Playing Soldier」をはじめ、サウンドの先鋭性を踏まえた上で言いたいことをぶちかますスタイルがなおキレを増した4thアルバム。憂鬱を滲ませる一方、どんな状況だろうが起死回生を狙う気概にハッとさせられる。UNISON SQUAREGARDENの斎藤宏介らゲストも豪華。

TEXT:田山雄士
『ALL TIME BEST TOUR 〜20th STORY + LOVE + SONG 〜』/GOING UNDER GROUND
Album 12/12 Release

Youth Records

YRNF-0013 ~ 4

¥3,500(税抜)
未CD 化だった「parade」「Winding Road」も含む、メンバー自身の選曲による全30 曲収録のCD デビュー20 周年記念オールタイムベスト。「グラフティー」などのセンチメンタルな青春ソング、「LISTEN TO THE STEREO!!」などのルーツに立ち返ったバンドサウンド、「the band」などの現在だからこそ歌えるナンバー…紆余曲折を繰り返した、彼らの歴史が詰まっている。あと、やっぱり「トワイライト」は超名曲です!

TEXT:土内 昇
『夢をみた少年』/HARUMA
Mini Album 12/12 Release

NEVER ENOUGH

NE-1001 

¥1,500(税抜)
名古屋の3 ピースバンドが結成からわずか1 年3 カ月で全国デビュー。バンドの原点を歌った1 曲目の「魔法にかけられて」をはじめ、大人と少年の狭間で揺れ動くナイーブさを、詩情を湛えた言葉とともに歌った全7 曲を収録。日本語パンクからの脱却を予感させる荒削りな演奏も含め、バンドのありのままの姿を飾らずにパッケージしているところがとても清々しい。耳に残る個性的な歌声も彼らの大きな武器だ。

TEXT:山口智男
『POP VIRUS』/星野 源
Album 12/19 Release

SPEEDSTAR RECORDS

【初回限定盤A (Blu-ray+特製ブックレット付) 】

VIZL-1490 ¥5,000(税抜)

【初回限定盤B (DVD+特製ブックレット付) 】

VIZL-1491 ¥4,800(税抜)

【通常盤 初回限定仕様 (特製ブックレット付) 】

VIZL-1492 ¥3,100(税抜)

【通常盤】

VICL-65085 ¥3,000(税抜)
社会現象的メガヒット「恋」、家族の温かみを伝える「Family Song」、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌「アイデア」といったシングル曲の他、音の抜き差しに言葉のリズムが癖になるエキゾチックファンク「Pop Virus」、ひんやりとしたトラックの上に温もりを乗せたラブソング「PairDancer」、運命に抗って生きる人に捧ぐストリングス&ホーンが勇壮に鳴るブルース「Present」、なんと山下達郎がドゥワップコーラスを入れたネオソウル「Dead Leaf」、リズム隊の加速ぶりが歌にマッチしていて痺れる「サピエンス」…など、聴きどころ満載の5thアルバム。言葉にできない想い、目に見えない感覚を、攻めのアレンジを貫きつつ、なんとか自分のものにして描かんとするポップスターの姿に惚れ惚れしないわけがない。「Hello Song」でも《超える未来》という歌詞がやっぱりあるし、喜んで“感染”したい音楽。初回限定盤がまた豪華で、レコーディングスタジオでの撮り下ろしライヴ、映像では雅マモル(宮野真守)とウソノ晴臣(ハマ・オカモト)出演の“創作”密着ドキュメンタリーが楽しめる。

TEXT:田山雄士
『COSMOSCAPE II』/SUGIZO
Album 12/19 Release

USM JAPAN

【初回限定盤】 

UICZ-9108〜9 ¥5,500(税抜)

※特殊LPジャケット仕様

※SHM-CD仕様

【通常盤】

UICZ-4437〜8 ¥3,500(税抜)

※SHM-CD仕様
10年振りのソロベスト。石川さゆり、KenKenらとユニットを組み怪物舞踏団としてCMで話題を呼んだ「百鬼夜行」のサイケデリックバージョンから始まる意表を突かれる構成で、ライヴでもお馴染みの代表曲、アルバムでのコラボ楽曲、舞台音楽など集大成でありつつ新たな息吹を感じさせてくれる。宇宙と大地に抱かれるような至福のダンスグルーブ、美しいバラードは究極のデトックスであり、無限のエナジーに満ちている。

TEXT:山本弘子
『Baby Bump』/Chara
Album 12/19 Release

UNIVERSAL SIGMA

【初回限定盤(2CD)】

UMCK-9983〜4 ¥4,320(税込)

【通常盤(CD)】

UMCK-1614 ¥3,240(税込)
前アルバム『Sympathy』で音楽と結婚することを宣言したCharaが、“妊婦のお腹が膨らんだ状態”を表すニューアルバムを発表した。温もりのあるサウンドをベースに、自身のルーツであるダンスミュージックとソウルを意識した楽曲たちが柔らかくも生き生きと展開。“愛を身ごもる”をテーマにしたリリックは開放感を求めるような歯がゆい心情と、無敵だと歌う強さも持ち合わせ、そこはかとない生命力を感じさせる。

TEXT:千々和香苗
『Tank-top Festival in JAPAN』/ヤバイTシャツ屋さん
Album 12/19 Release

UNIVERSAL SIGMA

【初回限定盤(DVD付)】

UMCK-9980 ¥3,580(税抜) 

※スリーブケース付

【通常盤】

UMCK-1613 ¥3,580(税抜)

※スリーブケース付
いつからだろう? 新曲を聴いた時の“面白い”と“カッコ良い”の感想が逆転したのは。1曲目「Tank-top Festival 2019」を聴いた時、歌ってることは相変わらず馬鹿だけど、疾走感あるビートにエッジーなギター、気持ち良く抜けるヴォーカル、小技が効いたアレンジとサウンドがとにかくカッコ良くて、まず“カッコ良い!”の感想が出たことに驚いた。ネタとしては「大人の事情」が最高! いつまでもこのスタンスでいてほしい。

TEXT:フジジュン
『この部屋が世界のすべてである僕、あるいは君の物語』/THE 夏の魔物
Album 12/19 Release

ビクターエンタテインメント

【初回限定盤(DVD付)】

VIZL-1504 ¥3,500(税抜)

【通常盤】

VICL-65089 ¥2,800(税抜)
1年2カ月振りのアルバムとなる今作。メンバーの脱退と加入があったと思えば、バンド編成での活動は異常に充実してたりと、相変わらず慌ただしい活動だが、そういったことの全てが、この作品ができるための必然だったのでは?と思うほど、濃厚で聴き応えある。提供曲が減って自身の作詞作曲が増えたことや、すでにライヴでお馴染みの曲が多いこともあり、“これがTHE 夏の魔物です”という自信も満ちあふれてる。

TEXT:フジジュン
『IRON SPIRIT』/般若
Album 12/19 Release

PONY CANYON

PCCA-04737

¥2,500(税抜)

※DVD付 
『フリースタイルダンジョン』のラスボスとして知られる肉体派MCの般若が筋トレの伝道師・Testosteroneと作った筋トレソング集。2019年1月11日に日本武道館公演を控える超多忙の中、筋トレにはヒップホップというメッセージを世間に広めるために取り組んだ、ふたつのスキットを含む全13曲。鬼トレーナーの立場から投げ掛ける言葉は人生訓としても胸に響くから、多彩なトラックを含め、般若の新作としても純粋に楽しめる。

TEXT:山口智男
『Life is going on and on』/MISIA
Album 12/26 Release

Ariola Japan

【初回生産限定盤(豪華PHOTO BOOK付)】

BVCL-945 ~ 6 ¥4,200(税抜)

※特殊スリーブ仕様

【通常盤】

BVCL-947 ¥3,000(税抜)
3年振りのオリジナルアルバムは、その表現力豊かで生命力あふれるヴォーカルが強力。「アイノカタチ(feat. HIDEGReeeN)」のような普遍的な愛の歌やイルミネーションに彩られた街の喧騒の中にいる気持ちにさせられるファンキーでジャジーな曲、ゴージャスなオーケストレーションとアフリカンビート、ゴスペル風の「AMAZING LIFE」など全12曲。すぐそこで歌っている感覚にさせられる臨場感あるテイクがすごい。

TEXT:山本弘子


音楽ニュースMUSIC NEWS

映画以上のヒットになるか?! RADWIMPSの勢いを検証【Chart insight of insight】

J-POP2019年8月18日

 この夏いちばんの話題作となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。7月19日に公開され、観客動員数もダントツの1位を獲得。まさに大ヒット中であるが、音楽を担当したRADWIMPSも負けてはいない。映画公開日にリリースされたサウンドトラック … 続きを読む

【深ヨミ】BEYOOOOONDSとSTU48 ポイント構成比から見る違いとは?

J-POP2019年8月18日

 8月19日付のBillboard JAPAN Top Single Sales(集計期間2019年8月5日~2019年8月11日)で、BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』が94,375枚を売り上 … 続きを読む

超特急、全国ツアー最終公演は逆境を逆手に取った一夜限りのスペシャルなステージに

ニュース2019年8月18日

超特急が8月17日に沖縄コンベンションセンター劇場棟にて全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の最終公演を開催した。この沖縄公演をもって、結成当初からの悲願である47都道府 … 続きを読む

GLAY、10月2日にニューアルバム『NO DEMOCRACY』をリリース

ジャパニーズロック2019年8月17日

GLAYが8月17日(土)に埼玉県・メットライフドームで開催した『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』初日公演の終演後、10月2日(水)にアルバム『NO DEMOCRACY』を発売するこ … 続きを読む

赤い公園、配信シングル「凛々爛々」MV公開

ジャパニーズロック2019年8月17日

赤い公園が8月21日(水)にリリースする配信シングル「凛々爛々」のMV(Short Ver.)を解禁した。「凛々爛々」は石野理子をボーカルに迎えた新体制初のシングルにふさわしい楽曲で、外から突き付けられる様々な解釈に流されず、凛と生きていく … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top