【INTERVIEW:オメでたい頭でなにより】ネガティブを嚙み砕いた上でポジティブなアウトプット

2018年12月20日 / 12:00

写真上より時計回り、324(Gu)、ミト充(Dr)、赤飯(Vo)、ぽにきんぐだむ(Gu&Vo)、mao(Ba) (okmusic UP's)

コラボ企画『G-NEXT』の第10回目は、ラウドロックを軸に独特な歌詞と音楽性で注目を集める“オメでた”こと、オメでたい頭でなにより。年明けにリリースするアルバム『オメでたい頭でなにより1』の収録曲に込めた想いや、彼らにとっての音楽とは何かを訊いた。
日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents

【G-NEXT POWER PUSH ! #10_INTERVIEW:オメでたい頭でなにより】
――バンド史上初となる1stアルバム『オメでたい頭でなにより1』なのですが、まずはタイトルの意味をお教えください。

赤飯:“イチ”とか“ワン”とかに関連したひねりを考えていたんですけど、何だかしっくりこない感じが続いて。1回頭の中を真っ白にして、セルフタイトルにしてナンバリングしていこうってなって、それで“オメでたい頭でなにより1”となりました。

――思い入れのある楽曲はありますか?

mao:僕は「ピ」です。完成したものを聴いた時、作ってる時とイメージが一番変わったのが、この曲で。今までのオメでたにはなかったラブソングですね。

ぽにきんぐだむ:僕も「ピ」です。“これまで避けてきたラブソングをこのタイミングで絶対作らないとな”と思っていて。でも、歌詞が難航した時には“もうアルバムに収録するのをやめよう”って。結果、この中に「ピ」があることによって、僕たちはステップアップできたんじゃないかと思います。

ミト充:俺も「ピ」なんだよね…。

全員:あははは!!

ミト充:あとは、「HELL“O”」かな。今回のアルバムの中でもドラムが一番難しい曲で、発狂しながら録ってたんですけど、おかげで気合の入ったものが録れました。

324:僕は「ザ・レジスタンス」かなぁ。この曲はPENGUIN RESEARCHの堀江晶太くんと作曲しました。昔一緒にバンドをやっていて10年来の付き合いの中で、“また一緒にやってみようぜ”っていうところからスタートしたのがこの曲なんです。あと、「言葉のあやや」では作詞も担当しました。

――赤飯さんはいかがですか?

赤飯:「ピ」やな。

全員:(爆笑)。

赤飯:このバンドは“ネガティブを嚙み砕いた上で、ポジティブなアウトプットをする”ということをコンセプトとしてやっていて。音楽で寄り添うためには、ネガティブなところを見せることは別に悪いことじゃないって思っています。だから、今作はその第一歩で。そういう意味でも成長していると思います。

――みなさんにとって音楽とはどういう存在なのでしょうか?

mao:人と人のつながりかなって。音楽って音を楽しむだけじゃなくて、人とのつながりが大事なんじゃないかと思ってます。

ぽにきんぐだむ:音楽は人生最大のギャンブルだと思っていて。関わる人も作品もCDも、ひとつひとつがギャンブル。それが当たるか当たらないかっていう人生の中で生きているのかなって。

ミト充:音楽っていろいろな人が部品を作って、それで組み立てられたおもちゃだなと思っていて。そのおもちゃをみんなでどう遊ぶか…聴き方だってそうですし。

324:自分にできることは何だろうと考えた時に、僕は音楽しかないんですよね。なので、ただ単にこれしかないからこれをやっているだけ。音楽は自分自身のことだと思いますね。

赤飯:生きる術ですね。普通に社会に出ても生活できないし、音楽しかないと思ってます。ライヴが終わったあとに“生きている”という実感が得られる。きっと、これが一番人の役に立てるんだろうなって。

――2019年1月26日の日本工学院ミュージックカレッジ主催のライヴ、よろしくお願いします!

324:制作から音響、照明、舞台まで、全部学生のみなさんがやられるんですよね? 僕はみなさんの力をお借りして赤飯を吊したいです。一曲ずつだんだん上がってくの。

全員:ははは。

ぽにきんぐだむ:“あの時、オメでたを観たから今ここで仕事してるんです!”って言ってもらえたら嬉しいので、夢に協力できればいいなと思ってます。

赤飯:任せろ!
撮影:村上大地/取材:林 なな、木村圭汰

(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)
アルバム『オメでたい頭でなにより1』
2018年1月9日発売

PONY CANYON

【初回限定盤(DVD付)】

PCCA-04733 ¥4,800(税込)

【通常盤】

PCCA-04734 ¥2,800(税込)

『オメでたい頭でなにより”1″マンツアー 〜今 いくね くるね〜』
2/09(土) 千葉・LOOK

2/17(日) 茨城・水戸LIGHT HOUSE

2/22(金) 愛知・名古屋ボトムライン

3/09(土) 宮城・仙台MACANA

3/21(木) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

3/31(日) 石川・金沢vanvanV4

4/04(木) 東京・マイナビBLITZ 赤坂

4/07(日) 北海道・札幌Sound lab mole

4/11(木) 広島・SECOND CRUTCH

4/13(土) 香川・高松MONSTER

4/14(日) 福岡・LIVEHOUSE CB

4/21(日) 三重・松阪M’AXA


音楽ニュースMUSIC NEWS

田中圭が主演『mellow』一般試写会に15組30名様ご招待

J-POP2019年12月15日

 2019年4月公開の映画『愛がなんだ』を大ヒットに導いた恋愛映画の旗手・今泉力哉監督と今最も勢いのある田中圭が初タッグを組んだ映画『mellow』が、2020年1月17日に全国公開する。  本作は街で一番オシャレな花屋と廃業寸前のラーメン … 続きを読む

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』試写会に10組20名様ご招待

洋楽2019年12月15日

 『アメリカン・スナイパー』(14)、『ハドソン川の奇跡』(16)、『15時17分、パリ行き』(18)、『運び屋』(18)と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が、2020年1月1 … 続きを読む

fhána、ニューシングルは劇場版『SHIROBAKO』主題歌

ジャパニーズロック2019年12月14日

fhánaが12月14日(土)に開催した『fhána“where you are Tour 2019″』の東京公演にて、ニューシングル「星をあつめて」を2020年2月26日(水)にリリースすること、さらに同シングルの表題曲が20 … 続きを読む

ORESAMA、爆発的なキラメキ&トキメキでリミッター解除! 来春アニメ主題歌&4月16日ワンマンライブ開催発表も

J-POP2019年12月14日

 80s’Discoをエレクトロやファンクミュージックでリメイクした音楽で話題沸騰中。ボーカルのぽん&サウンドクリエイターの小島英也からなる2人組ユニット・ORESAMAが、12月6日 Shibuya WWW Xにてワンマンライ … 続きを読む

ポルカドットスティングレイ、ミニAL『新世紀』ジャケット&全曲トレーラー公開

J-POP2019年12月14日

 ポルカドットスティングレイが2020年1月8日にリリースするミニアルバムのタイトルが『新世紀』に決定、併せてジャケットとトレーラ映像が公開となった(https://youtu.be/QApsTuQEDTA)。  トレーラーは楽曲ごとにその … 続きを読む

page top