tofubeatsがキュレーションした「Billboard cafe & dining」書籍+CDのリストが公開

2018年12月18日 / 20:00

 東京ミッドタウン日比谷の「Billboard cafe & dining」にて現在展開中のtofubeatsのキュレーションによる店頭ショップコーナー。その商品リストが本日公開となった。

 リストの内容は下記の通り。このショップ・コーナーでは、同店舗のコンセプトである「My Tune, My Time」をテーマにシーズン毎の入れ替え制でアーティストや評論家がセレクトした書籍・CDなどを販売。tofubeatsは、10月3日に新作4thアルバム『RUN』をリリースしたことを記念し、同月よりキュレーションを担当している。

 今回公開されたリストには、tofubeatsが主題歌として「RIVER」を提供した映画『寝ても覚めても』の監督・濱口竜介の著作(『カメラの前で演じること』)や、「RIVER」の制作のヒントになったという藤岡換太郎『川はどうしてできるのか』などが選出。また音楽作品ではtofubeats本人の作品や関連作品に加え、宇多田ヒカル『First Love』、佐藤博『Awakening』、ECD『THE BRIDGE 明日に架ける橋』、小西康陽『素晴らしいアイデア』、DJ KOZE『Knock Knock』などが選ばれている。

 同ショップの展開期間は2019年1月14日まで。年末年始のお出かけスポットの一つとして、ぜひ注目してみて欲しい。

◎【Billboard cafe & diningショップコーナー「My Tune, My Time」 by tofubeats】商品リスト

〈BOOK〉
『誰が音楽をタダにした?(巨大産業をぶっ潰した男たち)』スティーブン•ウィット(早川書房)
『MaltineBook MaltineRecords 2005-2015 10th Anniversary Issue』(スイッチ・パブリッシング)
『音楽入門』伊福部昭(KADOKAWA)
『カメラの前で演じること』濱口竜介(左右社)
『カラーセラピーと高度消費社会の信仰』加藤有希子(サンガ)
『川はどうしてできるのか』藤岡換太郎(講談社)
『神戸、書いてどうなるのか』安田兼一(ぴあ株式会社関西支社)
『コーヒーが廻り世界史が廻る: 近代市民社会の黒い血液』臼井隆一郎(中央公論社)
『ザ・エディット』EDIT CONFERENCE(ブルース・インターアクションズ)
『ニュータウンの社会史』金子淳(青弓社)
『ひとり空間の都市論』南後由和(筑摩書房)
『北極百貨店のコンシェルジュさん』西村ツチカ(小学館)
『めしにしましょう』小林銅蟲(講談社)
『生きられたニュータウン-未来空間の哲学-』篠原雅武(青土社)
『暇と退屈の倫理学』國分功一郎(太田出版)
『技術にも自治がある』大熊孝(農山漁村文化協会)

〈MUSIC〉
9nine『CUE』
cherryboy function『suggested function #3』
cherryboy function『suggested function #4』
Cornelius『Mellow Waves』
Cornelius『Mellow Waves』(LP)
DJ KOZE『Knock Knock』
ECD『THE BRIDGE 明日に架ける橋』
ECD『21世紀のECD』
ECD『TEN YEARS AFTER』
G.RINA『Lotta Love』
in the blue shirt『sensation of blueness』
Jex Opolis『Ravines』
KASHIF『Blue Songs』
KIRINJI『愛をあるだけ、すべて』
Lamp『彼女の時計』
lyrical school『SPOT』
Predawn『Absence』
Predawn『A Golden Wheel』
Predawn『”Nectarian Night #01″』
RIP SLYME『POPCORN NANCY / JUMP with chay / いつまでも』
SFP『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE』
slomos『slomos』
Solange『A Seat At The Table』
tofubeats『FANTASY CLUB』
tofubeats『First Album』
tofubeats『POSITIVE』
tofubeats『RUN』
tofubeats『STAKEHOLDER』
tofubeats『ディスコの神様』
tofubeats『ディスコの神様(初回限定盤)』
tofubeats『ユニバーシティオブリミックス』
tofubeats『Don’t Stop The Music』
tofubeats『POSITIVE REMIXES』
TOWA TEI『94-14』
TOWA TEI『94-14 COVERS』
V.A.『宇多田ヒカルのうた』
V.A.『演劇女子部 ミュージカル 恋するハローキティ オリジナル・サウンドトラック』
Various Artists『5014 COMP MOST WANTED』
YUKI『わたしの願い事』
チームしゃちほこ『ええじゃないか』
トーベヤンソン・ニューヨーク『ロシアンブルー』
ミツメ『セダン』
ものんくる『RELOADING CITY』
宇多田ヒカル『First Love』
角松敏生『AFTER 5 CLASH』
角松敏生『T’s 12 INCHES』
具島直子『Best Magic Wave』
向井太一『PURE』
佐藤博『Awakening』
坂本慎太郎『できれば愛を』
坂本慎太郎『幽霊とのつきあい方』
小西康陽『素晴らしいアイデア』
小西康陽『わたくしの20世紀』
神聖かまってちゃん『ベストかまってちゃん』
千紗子と純太『千紗子と純太』
大比良瑞希『unify』
東京女子流『Maltine Girls Wave』
藤井隆『Coffee Bar Cowboy』
藤井隆『RE:WIND』
平井堅『君の鼓動は君にしか鳴らせない』
平井堅『平井堅 Ken Hirai Singles Best Collection 歌バカ2』
北園みなみ『lumiere』
北園みなみ『Never let me go』
北園みなみ『promenade』
矢野顕子『Two Jupiters』

〈映像作品〉
『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018 Blu-ray BOX-』

◎企画概要
【Billboard cafe & diningショップコーナー「My Tune, My Time」 by tofubeats】
期間:2018年10月15日(月)~2019年1月14日(月)
Curator:tofubeats
「My Tune, My Time」をテーマにtofubeatsがセレクトした書籍/CD・LP/映像作品を販売。


音楽ニュースMUSIC NEWS

映画以上のヒットになるか?! RADWIMPSの勢いを検証【Chart insight of insight】

J-POP2019年8月18日

 この夏いちばんの話題作となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。7月19日に公開され、観客動員数もダントツの1位を獲得。まさに大ヒット中であるが、音楽を担当したRADWIMPSも負けてはいない。映画公開日にリリースされたサウンドトラック … 続きを読む

【深ヨミ】BEYOOOOONDSとSTU48 ポイント構成比から見る違いとは?

J-POP2019年8月18日

 8月19日付のBillboard JAPAN Top Single Sales(集計期間2019年8月5日~2019年8月11日)で、BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』が94,375枚を売り上 … 続きを読む

超特急、全国ツアー最終公演は逆境を逆手に取った一夜限りのスペシャルなステージに

ニュース2019年8月18日

超特急が8月17日に沖縄コンベンションセンター劇場棟にて全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の最終公演を開催した。この沖縄公演をもって、結成当初からの悲願である47都道府 … 続きを読む

GLAY、10月2日にニューアルバム『NO DEMOCRACY』をリリース

ジャパニーズロック2019年8月17日

GLAYが8月17日(土)に埼玉県・メットライフドームで開催した『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』初日公演の終演後、10月2日(水)にアルバム『NO DEMOCRACY』を発売するこ … 続きを読む

赤い公園、配信シングル「凛々爛々」MV公開

ジャパニーズロック2019年8月17日

赤い公園が8月21日(水)にリリースする配信シングル「凛々爛々」のMV(Short Ver.)を解禁した。「凛々爛々」は石野理子をボーカルに迎えた新体制初のシングルにふさわしい楽曲で、外から突き付けられる様々な解釈に流されず、凛と生きていく … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top