MIYAVI、アルバム発売記念ライブにて豪華ゲストたちと熱いバトルを展開

2018年12月17日 / 17:00

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP's)

MIYAVIがアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』の発売を記念し、新木場STUDIO COASTにて『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』を開催。新旧『SAMURAI SESSIONS』から国内外の豪華ゲストが参戦し、熱きバトルを繰り広げた。

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』に収録されたサミュエル・エル・ジャクソンとの「Worlds Collide」でMIYAVIが登場すると、観客の大歓声が場内に響き渡る。続いて、KREVA、三浦大知との「Rain Dance」をこの日はソロで披露し、冒頭から会場を大いに沸かせた。

その後、過去の『SAMURAI SESSIONS』で対戦したEXILE SHOKICHIと「Fight Club」を披露し、さらに、シェネル、シシド・カフカがサプライズで登場。「Forget You」と、今回のアルバムに収録された「Get Into My Heart」とそれぞれのコラボ曲を披露した。さらに上妻宏光が登場し、「Strong」を三味線とギターによるセッションで観客を魅了。国外からはショーン・ボウも登場し、「I’m So」を披露している。各アーティストによる本能と本能のぶつかりあいは観客を魅了し、生での壮絶なバトルは場内を大いに盛り上げた。

また、MIYAVIが“彼からは楽曲を作る姿勢、応援してくれるファンの姿勢、そして世界と対峙するという姿勢を学ばせて頂きました。自分自身のデビュー当時、制作チームが近くて、彼の描こうとしていた夢を、勝手に描かなければならないと背負い込んでしまい、しんどくなって、そこから距離を置いて時間が経って、改めて真っ直ぐ向き合うことができることを本当に嬉しく思います。先輩達が築いてきたものを、受け継いで、僕たちの世代がまた次の世代に引き継いでいく必要があると思います”とhideに対する思いを語り、彼の代表曲でもある「Pink Spider(Remix)」を披露する場面も。

最後に“この先、道が険しくても、自分が信じた音楽をやっていくつもりだし、洋楽、邦楽の壁もぶっ壊して、新しいギター・ミュージックを作っていきたいと思っています。もっともっとパーソナルに、みんなの応援歌になるような歌を書き、もっともっと自分の言葉で伝えていきたいと感じています”と語ったMIYAVI。場内の反応をみると、彼の多方面での活躍、生き方に共感する観客も多いようだ。最後に観客を含むたくさんの方々への感謝の意を伝えている。

世界レベルの本能と本能による熱きぶつかりあい。MIYAVIの解き放つ熱き音魂は全国に、そして世界中に響き渡るに違いない。続く18日(火)大阪、19日(水)名古屋のサムライ・ギタリストの動向からも目が離せなさそうだ。
【セットリスト】

1.Worlds Collide(Intro)

2.Rain Dance

3.Flashback

4.In Crowd

5.I’m So

6.Bumps In The Night

7.Our Love

8. Fight Club w. EXILE SHOKICHI

9. Forget You w. Che’Nelle

10.Get Into My Heart w. SHISHIDO KAVKA

11.Strong w. 上妻宏光

12.Pink Spider(Remix)

13.Long Nights

14.Fire Bird

15.Raise Me Up

16.Day 1

17.Horizon

18.Dancing With My Fingers

<ENCORE>

1.Fragile

2.Me and the Moonlight

3.The Others

4.What’s My Name? 2017
アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』
2018年12月5日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

TYCT-69137/¥5,000+税

<収録曲>

■CD

01.Worlds Collide (Intro) / MIYAVI vs Samuel L. Jackson

02.Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知

03.U.G.L.Y. / MIYAVI vs DUCKWRTH

04.In Crowd (Remix) / MIYAVI vs Bok Nero

05.Runway / MIYAVI vs AK-69

06.I’m So / MIYAVI vs NVDES vs Seann Bowe

07.Easy / MIYAVI vs Betty Who vs RAC

08.Knock Me Out / MIYAVI vs Mikky Ekko

09.Gentleman (Remix) / MIYAVI vs Gallant

10.Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide

11.Get Into My Heart (Radio Edit) / MIYAVI vs SHISHIDO KAVKA

12.Our Love / MIYAVI vs 加藤ミリヤ

13.Me and the Moonlight / MIYAVI vs Yuna

14.Fragile / MIYAVI vs 雅 -MIYAVI-

■DVD

2018.4.12 Zepp Tokyoのライブ映像

『MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo』

【参戦アーティスト】※50音順

アール・エー・シー(RAC)、AK-69、加藤ミリヤ、ガラント(Gallant)、KREVA、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、シシド・カフカ、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ダックワース(DUCKWRTH)、ヌーズ (NVDES)、hide(X JAPAN、hide with Spread Beaver、zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)、ユナ(Yuna)、雅 -MIYAVI-

【通常盤】(CDのみ)

TYCT-60126/¥3,000+税
『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』
12月18日 (火) 大阪・なんばHatch

Guest:ちゃんみな 

12月19日 (水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール

Guest:SKY-HI


音楽ニュースMUSIC NEWS

宮崎出身スリーピースバンド・MINAMI NiNE、初のワンマンツアーを「投げ銭」制で開催

J-POP2019年9月20日

 宮崎出身スリーピースバンド・MINAMI NiNEが、初のワンマンツアーを「投げ銭」制で開催する。  今回のツアーの入場料は無料で、帰る際に任意の金額を支払う制度が導入されることになり、彼らのサイトにも「終演後、満足度の分だけお支払いくだ … 続きを読む

JP THE WAVY、新曲「GOOD PEOPLE GOOD COFFEE」本日リリース&MV公開

J-POP2019年9月20日

 JP THE WAVYが、約半年ぶりとなる最新作シングル「GOOD PEOPLE GOOD COFFEE feat. OZworld a.k.a. R’kuma」を本日リリースしMVも公開となった。  前作「Just A Lil Bit」 … 続きを読む

【MTV VMAJ2019 -THE LIVE-】King Gnu「白日」が最優秀ビデオ賞を獲得 BiSH/GLAY/日向坂46/三浦大知らパフォーマンスも

J-POP2019年9月20日

 2019年9月18日、MTVが年間の優れたミュージック・ビデオを発表する【MTV VMAJ2019 -THE LIVE-】が東京・新木場STUDIO COASTでにて開催された。全米最大規模の音楽授賞式【MTV Video Music A … 続きを読む

<ライブレポート>Spotifyが注目する若手アーティストが大阪に集結 【Spotify Early Noise Night #12 Osaka】を振り返る

J-POP2019年9月20日

 世界最大の音楽ストリーミングサービス・Spotifyが、9月13日に大阪・心斎橋 Music Club JANUSにて【Spotify Early Noise Night #12 Osaka】を開催した。  Spotifyが次にブレイクす … 続きを読む

Nulbarich、新ミニアルバムの収録曲&ジャケット公開

J-POP2019年9月20日

 Nulbarichが11月6日にリリースするミニアルバム『2ND GALAXY』収録曲とジャケットデザインを発表した。  ミニアルバムには、映画『HELLO WORLD』の主題歌「Lost Game」のサントラ収録曲とは異なるフルバージョ … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top