岡本真夜、故郷の高知県観光特使に任命

2018年12月14日 / 21:00

12月13日(木)@高知・ザ クラウンパレス新阪急高知 (okmusic UP's)

シンガーソングライターでピアニスト“mayo”としても活動している岡本真夜が、デビュー23年目にして故郷である高知県観光特使に任命。12月13日(木)に地元での初のディナーショーを行なう、ザ・クラウンパレス新阪急高知の「薔薇の間」で尾崎知事より、“高知県の暖かい家族のような真心を全国に伝えてください”と高知県観光特使委嘱状を交付された。

高知県では、県に愛着を持っている方やゆかりある方に自身の活躍の場を通して観光情報の発信やPRを行なっていくことで高知県の認知度とイメージの向上、観光客の増加につなげていくことを目的に制度を設け、今年度は岡本に白羽の矢が立ったとのこと。岡本は“精一杯、故郷高知の良さを広めたいと思います”と答えた。岡本自身が大使を務めるのは、11月12日に就任した福島県須賀川市観光牡丹大使に続いて2カ所目となる。

また、岡本がこれまでに高知を思って書いた曲は「TOMORROW」「そのままの君でいて」「想い出にできなくて」「制服の夏」「ハピハピバースデー」「世界で一つしかない手袋」「また会おうねまた会えるよね」「同窓会」「Moter~あなたに花束を~」などがある。特に、デビュー曲の「TOMORROW」は友達を励ますために作った曲だが、《涙の数だけ強くなれるよ》というフレーズは、岡本と育ての親(祖父)からの応援の手紙の一番最後に書いてあった“涙が多いのが人生だよ”から生まれたという。

そして、最新アルバム『Happy Days』に収録の「Moter~あなたに花束を~」は、2018年10月15日に96歳になり、高知の実家の近くの施設で暮らす育ての母(祖母)に向けて書いた曲。高齢のため、いろんなことを忘れっぽくなり、岡本のことも覚えている日もあれば、わからない日もあるという。ある日、母(祖母)の側にいる叔母から“いろいろ忘れて大変だけど、花だけは大好きでねぇ~、花を見ると「綺麗やねぇ~」ってニコニコしているんよ”と聞いて、毎月15日に花を贈り続けている。最初に届いた日は岡本からのプレゼントだとは理解できなかったが、嬉しくてその花をずっと抱えて嬉しそうに施設内を歩いてたそうだ。

また、ディナーショーではファンに“本日高知県観光特使になりました。これからも高知の人に暖かさと美味しい食べ物と素晴らしい景色を伝えていきます”と報告した。
ミニアルバム『Happy Days』
発売中

MUCD-1418 /¥2,315+税

<収録曲>

01.Happy Days

02.空の向こう〜君の手をとって〜

03.song for you

04.百年の恋

05.Mother〜あなたに花束を〜

06.未来へ

07.Winter Kiss


音楽ニュースMUSIC NEWS

トム・ヨーク、イタリア人女優ダヤーナ・ロンチョーネと結婚

洋楽2020年9月25日

 レディオヘッドのトム・ヨークが、イタリア人女優ダヤーナ・ロンチョーネ(Dajana Roncione)と結婚したことが明らかになった。二人が彼女の出身地である伊シチリア州で2020年9月19日に挙式したとVanity Fair Italy … 続きを読む

元ワン・ダイレクションのゼイン、約1年半ぶりの新Sg「ベター」MV公開&配信開始

洋楽2020年9月25日

 ゼインが約1年半ぶりとなるニュー・シングル「ベター」の配信を開始、同ミュージックビデオもあわせて公開した。  2015年にワン・ダイレクションを突如脱退し、翌年に発表したシングル「ピロウトーク」/アルバム『マインド・オブ・マイン』がいずれ … 続きを読む

森口博子/矢井田瞳/藤巻亮太/中川晃教/サラ・オレイン出演、ポップス×オーケストラの祭典、開催決定

J-POP2020年9月25日

 2020年クリスマスシーズンに、森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、中川晃教、サラ・オレインらが出演する、ポップス×オーケストラ競演のフェスティバル【Daiwa House presents billboard classics festiva … 続きを読む

離婚申請したカーディ・B、しばらくシングルでいる理由とは?

洋楽2020年9月25日

 先日、夫オフセットとの離婚を申請してシングルになったばかりのカーディ・Bが、現地時間2020年9月23日に会員制サイトOnlyFansのアカウントへ投稿したライブ・ビデオの中で、離婚に関する胸の内を明かした。  米ピープル誌によると、カー … 続きを読む

リゾ、自身が思い描くボディ・ポジティビティについて語る

洋楽2020年9月25日

 その音楽性だけでなく、“自分の体形をありのままに受け入れよう”というボディ・ポジティビティのメッセージを発信し続けていることも愛される理由の一つであるリゾが、プラスサイズの黒人女性として初めて米誌Vogueの表紙を飾り、自身が思い描くボデ … 続きを読む

page top