aiko、自身最大規模のメモリアルなホールツアーを完走

2018年12月14日 / 17:00

12月9日(日)@大阪・フェスティバルホール (okmusic UP's)

6月8日(金)神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター公演を皮切りに、半年間にわたって全国27箇所45公演を巡るaikoのツアー『Love Like Pop vol.20』。デビュー20周年イヤーに最新アルバム『湿った夏の始まり』を引っさげて行なったaiko自身最大規模となるメモリアルな本ホールツアーの千秋楽公演が、縁ある地元の大阪・フェスティバルホールにて12月9日(日)に開催された。

長いホールツアーの千秋楽公演を見届けようと早くから多くのファンが駆けつけ、開演を待ち望む熱気で会場は満ち溢れていた。開演時刻を迎えてオープニングムービーが流れたあと、ステージ上にaikoのシルエットが浮かび上がると、大歓声とともにこの日のオープニングナンバー「ストロー」でライヴがスタート。「ストロー」は2018年リリースのシングル曲で、最新フルアルバム『湿った夏の始まり』にも収録された他、その年の優れたMVを表彰するアワード『MTV VMAJ 2018』で“最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞”にも選出されたナンバーで、フロアーがいきなり熱を帯びる。

続けてライヴの定番ナンバー「エナジー」でさらにボルテージを上げていくと、ホーンセクションが印象的な「あたしのせい」で会場を惹き込んでいく。“『Love Like Pop Vol.20』みなさんこんばんは、最終日です! aikoです! 今日はみなさん本当に最終日に来てくれてありがとうございます!”と挨拶し、“今日は日曜日だから、明日仕事の人もいるかもしれないけど、筋肉痛とかえぐった気持ちとか、いい意味で“傷”として思い出を持って帰ってもらいたいと思いますので、最後までよろしくお願いします!”と最終日に懸ける意気込みを語った。

オープニングから打って変わって「くちびる」「二時頃」、背景に映し出される映像が印象的な「雨フラシ」とじっくりと聴かせる楽曲が続き、aikoの歌声に会場が酔いしれていた。aikoのライヴでは恒例となっているファンと和やかなMCのやり取りを経て、「陽と陰」「Loveletter」とアップテンポな楽曲で飛び跳ねながら歌声を届けると、続く「瞳」では会場中にこれまでとは全く違う雰囲気を纏わせて観客を魅了。ステージ上にはaiko一人が残り、キーボードでの弾き語りコーナーへと移る。「恋人同士」「ずっと近くに」の2曲を歌い上げ、曲間には弾き語りの静かなときに咳を我慢しているオーディエンスを気遣う場面も。

“あんまりツアーが終わる感じがしなくて、そういうふうにライヴができるのは、皆さんのおかげだと思ってます。楽しくたくさんしゃべったり、ライヴをしっかり見てくれて本当にありがとうございます”とオーディエンスに感謝を告げると、aikoを照らすライティングが印象的な「格好いいな」、跳ねるリズムが楽しい「ドライブモード」と最新アルバムからの2曲を歌い上げ、歌詞がファンにも人気の楽曲「未来を拾いに」も披露。

定番となっている“男子!女子!”のコーナーで一気にフロアにエンジンがかかり、ラストスパートに突入! 「beat」「予告」などアップテンポなナンバーが続き、「夢見る隙間」では金テープが飛び出すなど、一気に熱狂が爆発した。そして、今ツアーでライヴ定番曲にまで発展した最新アルバム収録曲「ハナガサイタ」を歌唱。最後は「あたしの向こう」で本編を締め括った。

鳴り止まないアンコールの声に応え、最新アルバム収録曲である「うん。」で美しいファルセットを響かせて再登場したaikoは、“これからもみんなで一緒に年を重ねて行きたいなと思います。こうやってフェスティバルホールで20周年を迎えることができて嬉しいです。みんなとこれからも一緒にこういう時間を過ごしていきましょう”とメモリアルなツアーの締め括りを語ると、「向かいあわせ」「milk」を伸びやかに歌い上げる。会場の興奮が収まらない中、ダブルアンコールとして「Power of Love」「キラキラ」「be master of life」を立て続けに披露。「鏡」では会場一体となった大合唱が巻き起こり、ダブルアンコールにしてこれ以上ないほどの盛り上がりを見せた。

エンディングムービーのあとも熱気冷めやらぬ会場に“あっという間の半年間でした。こんなに長いツアーを行ったのは初めてだったのでファンの皆さんのおかげでここまで来ることができました。本当にありがとうございました。またお互い向かい合って“背筋を伸ばして”見つめあえるように、歌います”と、トリプルアンコールの「えりあし」で会場中の隅々にまで思いを届け、3時間以上に及ぶライヴと半年間全国27箇所45公演にも及ぶ長い旅路を終えた。

aikoは、2019年1月から3月はアリーナツアー『Love Like Pop vol.21』を大阪・大阪城ホール、埼玉・さいたまスーパーアリーナ、福岡・マリンメッセ福岡の3都市6公演で行なう。

【セットリスト】

01.ストロー

02.エナジー

03.あたしのせい

04.くちびる

05.二時頃

06.雨フラシ

07.陽と陰

08.Loveletter

09.瞳

10.恋人同士

11.ずっと近くに

12.格好いいな

13.ドライブモード

14.未来を拾いに

15.beat

16.予告

17.夢見る隙間

18.ハナガサイタ

19.あたしの向こう

<ENCORE1>

20.うん。

21.向かいあわせ

22.milk

<ENCORE2>

23.Power of Love

24.キラキラ

25.be master of life

26.鏡

<ENCORE3>

27.えりあし
『aiko Live Tour「Love Like Pop vol.21」』
<2019年>

1月26日(土) 大阪・大阪城ホール

1月27日(日) 大阪・大阪城ホール

2月09日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

2月10日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

3月09日(土) 福岡・マリンメッセ福岡

3月10日(日) 福岡・マリンメッセ福岡


音楽ニュースMUSIC NEWS

AI、Awichをフィーチャリングに迎えた「Not So Different」のリミックスバージョンが決定

J-POP2020年11月24日

 AIが、Awichをフィーチャリングに迎えた「Not So Different」のリミックスバージョンをリリースすることを発表した。  さらにそのリリースに先駆け、Awichを迎え入れての「Not So Different」を11月30日 … 続きを読む

GRANRODEO、15周年アニバーサリーイヤーの延長を宣言!コンセプトミニアルバム発売や2年ぶりの全国ツアー開催等も発表!

ジャパニーズロック2020年11月23日

GRANRODEOが11月23日に結成15周年を迎え、15周年アニバーサリーイヤーを延長することを発表した。 それに伴い、音楽活動デビュー30周年を迎えたギタリスト”飯塚昌明”に焦点を当てたライブイベント『飯塚昌明 … 続きを読む

ClariS、TVアニメ『はたらく細胞』第2期EDテーマ決定

J-POP2020年11月23日

 ClariSが、2021年1月9日より放送開始のTVアニメ『はたらく細胞』第2期のエンディングテーマを担当することが決定した。  アニメ『はたらく細胞』×ClariSのコラボレーションは約2年ぶりとなり、「Fight!!」と名付けられた楽 … 続きを読む

reGretGirl、初のフルアルバム『カーテンコール』でメジャーデビュー

J-POP2020年11月23日

 reGretGirlが、2021年1月27日にアルバム『カーテンコール』でメジャーデビューする。  代表曲「ホワイトアウト」がYouTubeで2200万再生を突破し、SNSやTikTokで話題を集め、いま10代から絶大な支持を得ている大阪 … 続きを読む

ClariS、TVアニメ『はたらく細胞』第2期のエンディングテーマを担当

アニメ2020年11月23日

2020年10月20日にデビュー10周年を迎えたClariSが2021年1月9日(土)より放送開始のTVアニメ『はたらく細胞』第2期のエンディングテーマを担当することが決定した。 アニメ『はたらく細胞』×ClariSのコラボレーションは約2 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top