伊勢正三、16年振りのニューアルバム『Re-born』は全曲最新書き下ろし

2018年11月29日 / 20:00

伊勢正三 (okmusic UP's)

日本の音楽史を代表するナンバーである「なごり雪」や「22才の別れ」など数多くのヒット曲を世に送り出したシンガーソングライター・伊勢正三が、2003年発表の『garden』以来、実に16年振りとなるオリジナルアルバム『Re-born』を2019年2月20日に発売することがわかった。

伊勢正三はここ数年、LIVEを中心とした活動に加え2016年にキャリア45周年のオールタイムベスト、2017年には伊勢が70年代に活動していた「風」をフィーチャーしたライブアルバム等、自身の音楽家としての活動をアーカイブした作品を連続リリースし、ファンを喜ばせてきた。しかし当然のことながら新曲を求めるファンの要望は高まり、それに応えるべく2018年夏から遂にレコーディングをスタート。全曲最新書き下ろしのオリジナルニューアルバムが完成した。

今作は、作詞作曲はもちろん、アレンジ、演奏まで細部にわたり自身のオリジナリティに満ち溢れている。AOR、フォーク、フレンチポップ、レゲエ、歌謡曲、ラップなどを散りばめた最新書下ろし楽曲の数々を収録し、そのキャリア47年を集約した今の伊勢だからこそ創り出せるマイルストーン的な作品になるだろう。最新にして最高傑作アルバムの誕生である。

また、本作の予約特典として各レコード店別に異なるアイテムを用意。ネックストラップ、A4中綴じカレンダー、ポストカード、クリアファイル、チケットホルダーなどのオリジナルグッズが先着でプレゼントされるので、購入予定の人はお早めのご予約を!

なお、前作アルバム『LIVE BEST〜風が聴こえる』のオプション企画として、6月より伊勢のライブ会場限定で販売されていた風時代の未発表ライブ音源を収録した『風LIVE Vintage-SPECIAL EDITION』もオンラインショップで通信販売がスタートしているので、こちらもぜひゲットしてほしい。
■アルバム『Re-born』特設サイト

http://www.forlife.co.jp/iseshozo/reborn/
アルバム『Re-born』
2019年2月20日発売

FLCF-4517/¥3056+税

<収録曲>(順不動)

テレポーテーション

風の日の少年

冬の恋-parallel ver-

小さな約束

夏純情

旅する二人

雨のウインク

秋の葉の栞

コートに花束を隠して

俺たちの詩

イノセント・ノベル

冬の恋


音楽ニュースMUSIC NEWS

サンボマスター、全国ツアー【日本列島ルーツの旅~ワンマンツアー2020~】開催決定

J-POP2019年12月7日

 サンボマスターが、約2年ぶりとなる全国ワンマンツアー「サンボマスター感謝祭【日本列島ルーツの旅~ワンマンツアー2020~】」を行うことを発表した。  2020年はサンボマスター結成20周年となる記念イヤー。20年間バンド活動を支えてくれた … 続きを読む

かりゆし58、デビュー記念日にフルALリリース決定

J-POP2019年12月7日

 かりゆし58が、2年4ヶ月ぶりのフルアルバム『バンドワゴン』を2月22日にリリースすることが発表された。  “2月22日”という日は彼らのデビュー記念日。今作は休養中の中村洋貴がPer.としてアルバム制作に参加し、バンドとしての第2章の始 … 続きを読む

水樹奈々、ニューアルバムより新曲「Knock U down」MUSIC CLIP&『ナナラボ』ダイジェスト映像公開

ニュース2019年12月7日

水樹奈々が12月11日(水)リリースのニューアルバム『CANNONBALL RUNNING』に収録される新曲「Knock U down」のミュージッククリップを公開した。 水樹演じる2人の女の子が登場する同ミュージッククリップ。1人目はこれ … 続きを読む

the GazettE、未配信楽曲をストリーミング解禁

J-POP2019年12月7日

 the GazettEが、2010年~2019年にリリースされた作品から未配信楽曲のストリーミング配信を開始した。  今回配信されるのは、2011年に発売されたアニメ『黒執事II』主題歌「SHIVER」などのヒットシングルが収録されたアル … 続きを読む

ライゾマティクスが贈る忘年会にDAITO MANABE、OL KILLER、SEIHOら

J-POP2019年12月7日

 イベント【RHIZOMATIKS YEAR END PARTY 2019 “THE CODE AND MEMORY”】が12月20日にUNITとB1FLATで開催される。  真鍋大度、石橋素、齋藤精一らを中心に、メディアアート … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top