【氣志團万博】初日、森山直太朗/TRF/BiSH/打首獄門同好会らが作り上げた最高の集会

2018年11月13日 / 19:00

 2018年9月15日に開催された、氣志團主催の野外フェス【氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~】初日のライブレポートが到着した。

 ウェルカムアクトであるオメでたい頭でなによりが「We will luck you」などで会場を暖めた後、オープニングセレモニーアクトには、氣志團・綾小路 翔と親交も深いことで知られる、森山直太朗が登場。「さくら(独唱)」を披露したのち、彼が氣志團へ提供した楽曲「バームクーヘン」を綾小路と共に熱唱。そして森山、綾小路の2人によってフェスの開幕が宣言された。

 YASSAI STAGEのトップバッターはTRF。1曲目は「Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~」から、大ヒット曲の連発にオーディエンスは大盛り上がり、「CRAZY GONNA CRAZY」から「EZ DO DANCE」へ繋いだ豪華メドレーで会場は一気にホットな空気に包まれる。

 MOSSAI STAGEの先陣を切るのはKEYTALKだ。「Summer Venus」で袖ヶ浦に夏を呼び戻し、ダンスロックチューン「MONSTER DANCE」で、オーディエンスを熱狂させた。

 4年連続出場のSiMは、キラーチューン「MAKE ME DEAD!」「Blah Blah Blah」を投下し、YASSAI STAGEをカオスに落とし込み、悪天候をものともしないタフネスを見せつける。2年連続でMOSSAI STAGEのトリをつとめた岡崎体育は、「今年はYASSAI STAGEに出演することを目標に1年頑張ってきたのに…」と嘆きつつも“MOSSAI STAGEの神・MOSSAI 様”になることを宣言し、ギミック満載のパフォーマンスで今年も万博に爪痕を残した。

 氣志團がリスペクトしてやまないJUN SKY WALKER(S)が「すてきな夜空」や「全部このままで」を披露し、ピュアなロックの衝動を感じさせてくれたかと思えば、氣志團をリスペクトする04 Limited Sazabysが、堂々としたライブバンドぶりを発揮。レジェンドと俊英ロックバンドを同時に楽しめるのも万博の魅力の一つだといえる。

 レキシはトレードマークのアフロではなく、この日ならではのリーゼント姿で登場し、「きらきら武士」を披露。卓越したグルーヴ感とユーモアを武器にして独自の一体感を醸し出す。coldrainは攻撃的な「THE REVELATION」でオーディエンスと共に熱狂を作り出していく。

 続いてのDragon Ashは「AMBITIOUS」でさらに熱気を加速させ、hideのカバーである「ROCKET DIVE」も披露し、大いに盛り上げた。

 BiSHも万博初登場。「GiANT KiLLERS」など激しいサウンドの楽曲を繰り出し、「BiSH-星が瞬く夜に-」まで駆け抜け、続いてのYASSAI STAGEには和田アキ子がやってきた。こんなタイムテーブルはこのフェスでしかありえないのでは。「古い日記」といったヒット曲から、自身のルーツであるブラックミュージックの名曲「Rock Steady」などカバーを披露。ラストは「あの鐘を鳴らすのはあなた」で締めくくられた。

 竹原ピストルはアコースティックギター1本で万博に殴り込み。ヒット曲「よー、そこの若いの」などを披露したのち、木更津市にある高校を卒業したものの、これまで地元でライブをしたことがなかったとのことで、氣志團に感謝を語っていた。

 初日のMOSSAI STAGEのトリは、打首獄門同好会。「島国DNA」では、マグロの形をした浮き輪がオーディエンスという名の海に放たれ、「日本の米は世界一」ではレキシのグッズである稲穂を降る者が続出するなど、アットホームかつ鮮烈な光景を作り出して行き、トリの氣志團に繋いでいった。

 満を持して氣志團の登場だ。「スパトニック・シティ・ブビブビ」からスタートし、「スポットライト」、ダンサーも参加しステージを彩った「The アイシテル」などを聴かせ、代表曲である「One Night Carnival」は無音の中オーディエンスが歌い、綾小路の熱い語りで最高潮の盛り上がりに。この1日を通して【氣志團万博】は、氣志團のユーモアかつエンターテイメント性とそれに賛同する仲間たちが作り上げる最高の集会だと実感した。

 なお、この日の模様は11月23日にWOWOWで独占放送される。

PHOTO:青木カズロー/釘野孝宏/上山陽介/中野修也

◎放送情報
『氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~』
11月23日(金・祝)WOWOWライブ
▼【初日 前編】午後0:00~
coldrain、レキシ、フォーリミ、J(S)W、岡崎体育、SiM、KEYTALK、TRF 他
▼【初日 後編】午後3:00~
氣志團、打首獄門同好会、竹原ピストル、和田アキ子、BiSH、Dragon Ash 他
▼【二日目 前編】よる6:00~
ももクロ、ORANGE RANGE、スカパラ、LiSA、グループ魂、金爆 他
▼【二日目 後編】よる9:00~ 
氣志團、MIYAVI、ヤバT、HYDE、森山直太朗、10-FEET、the GazettE 他


音楽ニュースMUSIC NEWS

ヒヨリノアメ、それでも世界が続くなら 篠塚将行プロデュースによるアルバム『記憶の片隅に』発売決定

ジャパニーズロック2019年5月20日

茨城出身平均年齢20歳の4人組リアルロックバンド、ヒヨリノアメが、それでも世界が続くならの篠塚将行をプロデューサーに迎え、7月31日にデビューアルバム『記憶の片隅に』をLow-Fi Recordsより全国一斉リリースすることを発表した。 2 … 続きを読む

avengers in sci-fi、自主企画ライブがバンド初の2デイズ開催決定

J-POP2019年5月20日

 avengers in sci-fiが、2019年7月20日と21日に自主企画【Unknown Tokyo ~Summer~】を、バンドと縁ある下北沢ERAで開催することを発表した。  2014年に2ステージを使用した小規模なフェスを思わ … 続きを読む

THE BEATNIKS、タワレコアナログ専門店にてリリースイベントを開催

ジャパニーズロック2019年5月20日

5月22日にリリースされるTHE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)のライブアルバム『NIGHT OF THE BEAT GENERATION』のリリース記念トークイベントの詳細が発表された。 イベントは6月2日(日)に新宿にあるアナロ … 続きを読む

モーモールルギャバン、インドの日常から着想得た新曲「消えて」公開

J-POP2019年5月20日

 モーモールルギャバンが新曲「消えて」のミュージック・ビデオを公開した。  今年インドへ足を運んだメンバーのゲイリー・ビッチェ(ドラムス&ボーカル)が、「インドの火葬場は焚き火のようで、気づけば一日中眺めていました。」と語る現地の日常から着 … 続きを読む

高橋幸宏&鈴木慶一によるTHE BEATNIKS、ライブアルバム発売記念トークイベント開催へ

J-POP2019年5月20日

当時YMOのメンバーで現在はMETAFIVEで活動する高橋幸宏と、ムーンライダーズのボーカルであり北野作品『アウトレイジ』シリーズなどの映画音楽家としても活躍する鈴木慶一が、1981年に結成したTHE BEATNIKS(ザ・ビートニクス)。 … 続きを読む

page top