真っ黒い松崎しげる、ザ・ビートルズ『ホワイト・アルバム』50周年記念盤イベントで熱唱

2018年11月8日 / 17:50

 ザ・ビートルズの『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』50周年記念ニュー・エディションが、2018年11月9日に発売されることを記念して、リリース前日11月8日に原宿にあるレストラン「ペニーレーン」にて開催されたイベントのオフィシャル・レポートが到着した。

 ゲストは松崎しげる。自己紹介とともに「ポール・マッカートニーももう76歳、僕も来年70歳ですからね。でもポールの背中を見ると僕も80歳ぐらいまで歌わないとまずいかなという気がしますね」と現在来日公演中のポールに触れながら、「ビートルズに関して自慢できる部分は武道館公演に二日間いって、二日間行ったのは芸能人の中では少ないほうかな。当時高校2年生でしたが、ビートルズ見に行ったら学校を退学になると言われてましたからね。そこからずっとビートルズは生き続けていますね」と自身のビートルズ原体験を語った松崎。

 ビートルズが世界に与えた影響については「ビートルズのB、それからベートーベン、ブラームス、バッハ。この4大“B”が世界の音楽を押し上げてきたと思うんですね」と世界の音楽を変えたのは4つのBという持論を披露。

 今回50周年盤が発売される『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』について当時リアルタイムで聴いた松崎はアルバムの印象について「ビートルズは『サージェント・ペパーズ』の時代になると、自分達で演奏を再現できないようなアルバム作りになったんですよね。でもその次に出したこの『ホワイト・アルバム』は、自分達バンドがやってきたことの集大成のような感じで、ガンガン楽器をかき鳴らしていて。それまでのビートルズは“抱きしめたい”とかポップな曲をやっていたのに、『ホワイト・アルバム』になったら完全にロックになったんです、演奏が当時の自分のパワーの源のように入ってきましたね」と語った。

 オリジナルには30曲収録されたその楽曲について一番好きな曲を聴かれると「全部好きなんですが、その中でポールがギター1本で弾く「ブラックバード」という曲のギター奏法が完全コピーはちょっと無理かな。それぐらい困難な曲で、世界中のアーティストがやっている「ブラックバード」を聞いたんですけど誰も完全コピーはできてないんですよ」と、シンプルだからこそ難しい楽曲をミュージシャン視点で解説していた。

 今年はジョン・レノンの『イマジン』や『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』、さらにはウイングスの『ウイングス・ワイルド・ライフ』や『レッド・ローズ・スピードウェイ』もデラックス盤で再発されることに対しては「音楽が凄いのは当時の曲を聴くと、自分が学生の頃に戻れるんですよね。色んなことは走馬灯のようにでてきて、写真になると現実に戻してしまうじゃないですか。でも音楽っていつ聴いてもその時代に戻してくれるんですよね」と音楽の持つ時代を超える普遍性の素晴らしさを話してくれた。

 松崎はビートルズが下積み時代に出演していたキャバーン・クラブのステージでライブをしたこともあるとのことで「僕もキャバーン・クラブにいって歌ったんですよ。キャバーン・クラブ後ろの壁は煉瓦作りになっていて、そこにサインしていけって言われてど真ん中に書いてきました。今も残っているみたいで、どこかの雑誌その壁が映っていたんです。その壁を虫眼鏡で見ても見えなかったんだけど、ハズキルーペで見た時にしっかり見えましね」と会場の笑いを誘っていた。

 質疑応答では、今日の衣装のコンセプトについて質問されると。「最初はいつものようにジーパンとTシャツで来ようと思ったんですよ。そしたら、ビートルズを発売しているユニバーサル ミュージックさんが、『ホワイト・アルバム』なので白い衣装できてくてって言うからこの格好できました。『ホワイト・アルバム』に真っ黒い松崎が来るっていうシャレにもなってるだろうし」と、靴を含めた全身真っ白の衣装について説明。

 イベントの終盤に約8年ぶりとなるギターの弾き語りで「ブラックバード」を披露。右利き用のギターの弦を張り替えずに左利きとしで爪弾きながら、ソウルフルな歌声があわさった演奏に会場はしばし感動に包まれた。イベントの最後には「ポール・マッカートニーに負けないぐらいに、これからも年に関係なく歌えるだけ歌っていきたいです」と挨拶してイベントは和やかなムードで終演となった。

PHOTO:Ryota Mori

◎リリース情報
アルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』ニュー・エディション
2018/11/9 RELEASE
<スーパー・デラックス・エディション 6CD+1BD+収録豪華本付ボックス>
UICY-78856 21,060円(tax in.)
<3CDデラックス・エディション>
UICY-78857/9 3,888円(tax in.)
<4LPデラックス・エディション>
UIJY-75096/9 15,444円(tax in.)
<2LPエディション>
UIJY-75094/5 6,943円(tax in.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

声優・結城萌子がワーナーから歌手デビュー 川谷絵音/菅野よう子ら参加EP『innocent moon』8月リリース

J-POP2019年5月25日

 1月に公開された劇場アニメ『あした世界が終わるとしても』で声優デビューを果たした結城萌子が、今夏には歌手としてのデビューも控えていることが分かった。  5月25日、結城は自身がレギュラー務める文化放送『超!A&G+』内の番組『結城 … 続きを読む

The Wisely Brothers、アルバム『Captain Sad』発売決定&アートワーク解禁

ジャパニーズロック2019年5月25日

都内高校の軽音楽部で結成された3ピースバンド、The Wisely Brothersが7月17日(水)に2ndアルバム『Captain Sad』をリリースすることが決定した。 アルバムリリースは前作『YAK』から1年5カ月振り。2018 … 続きを読む

NICO Touches the Walls、ニューアルバム初回生産限定盤の特典Blu-rayよりAcoustic Teaser公開

ジャパニーズロック2019年5月25日

NICO Touches the Wallsが6月5日に発売するニューアルバム『QUIZMASTER』の-Acoustic Teaser-を公開した。 このティザー映像はアルバムの初回生産限定盤 特典Blu-rayに収録されるライヴ映像で構 … 続きを読む

松田晋二(THE BACK HORN)と箭内道彦(風とロック)による“ゆべしス”がワンマンライブを発表

ジャパニーズロック2019年5月25日

THEBACKHORN のドラム松田晋二とクリエイティブディレクターの箭内道彦によって 2008 年 5 月に結成されたユニット“ゆべしス”が、『ゆべしス ワールドツアー 2019 「何を縫ふ。無自覚の針と矛盾の絲」』と題したワンマンライブ … 続きを読む

オカモトショウ、オカモトコウキ、志磨遼平、三原勇希がザ・ローリング・ストーンズ展の会場から特別番組を生配信!

ジャパニーズロック2019年5月25日

6月5日(水)までTOC五反田メッセで開催中の『Exhibitionism−ザ・ローリング・ストーンズ展』の特別番組が生配信されることが決定! 『会場から生配信!まだ間に合う「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」』と題 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top