MIYAVI、対戦型コラボアルバムのジャケ写&KREVA、三浦大知らによるコメントを公開

2018年11月7日 / 19:00

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』【通常盤】 (okmusic UP's)

MIYAVIが12月13日にリリースする対戦型コラボアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』のジャケ写が公開され、さらに今作に参戦する日本人アーティストのKREVA、三浦大知、AK-69、シシド・カフカ、加藤ミリヤからコメントが到着した。

また、海外アーティストの追加参戦も決定! アール・エー・シー(RAC)、ガラント(Gallant)、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ヌーズ (NVDES)、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)が発表され、それぞれのアーティストプロフィールも公開となったので、併せてチェックしてみよう。

今作の収録内容も解禁となり、全14曲が収録されるほか、初回限定盤のDVDには4月12日に開催されたZepp Tokyo公演『MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo』が収録される。また、12月には『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』 と題した東名阪ツアーも開催されるのでこちらもお楽しみに!
【コメント】

■KREVA

「渡米したMYVの侍っぷりには磨きがかかっていて燃えました。大ちゃんとひっさびさに一緒にレコーディングして、改めてその歌の上手さとさらなる成長っぷりに度肝を抜かれました。ラップ侍も頑張りました!とにかく聴いてみてください」

■三浦大知

「前作に引き続き今回も御誘いいただき本当に嬉しかったです。

しかも今回はMIYAVIさんとKREVAさんと3人でという事でその中に混ぜて頂きとても幸せでした。

皆さんの心の奥、内側を熱く燃やす最高の一曲になっていると思います」

■AK-69

「高ぶるセッションをありがとう!押忍!!」

■シシド・カフカ

「世界で唯一無二の存在として奏で続ける

MIYAVIさんのサウンドを体感出来て幸せです

カラフルで自由自在

ギターの音色を聴いて

誰か判るミュージシャンは

そういないと思っています

ご一緒出来て

とても光栄でした」

■加藤ミリヤ

「形にとらわれない、

私たちなりの正義で愛を叫んでいます。

愛し合う二人が愛を貫く強さを表現したかった。

MIYAVIくんのギターが恋を愉しむ青年が歌うように鳴っている。

胸が締め付けられるけれど、愛や恋の幸福感で満たされます」
hide:(c)HEADWAX ORGANIZATION CO ., LTD. / photo by HIDEO CANNO(CAPS)

Betty Who:photo credit_ Zak Cassar

RAC:photo credit_Claire Marie Vogel
アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide -』 
2018年12月5日(水)発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

TYCT-69137/¥5,000(税抜)

<収録曲>

■CD

01. Worlds Collide (Intro) / MIYAVI vs Samuel L. Jackson

02. Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知

03. U.G.L.Y. / MIYAVI vs DUCKWRTH

04. In Crowd (Remix) / MIYAVI vs Bok Nero

05. Runway / MIYAVI vs AK-69

06. I’m So / MIYAVI vs NVDES vs Seann Bowe

07. Easy / MIYAVI vs Betty Who vs RAC

08. Knock Me Out / MIYAVI vs Mikky Ekko

09. Gentleman (Remix) / MIYAVI vs Gallant

10. Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide

11. Get Into My Heart (Radio Edit) / MIYAVI vs SHISHIDO KAVKA

12. Our Love / MIYAVI vs 加藤ミリヤ

13. Me and the Moonlight / MIYAVI vs Yuna

14. Fragile / MIYAVI vs 雅 -MIYAVI-

■DVD

2018.4.12 Zepp Tokyoのライブ映像

『MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo』

【参戦アーティスト】※50音順

アール・エー・シー(RAC)、AK-69、加藤ミリヤ、ガラント(Gallant)、KREVA、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、シシド・カフカ、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ダックワース(DUCKWRTH)、ヌーズ (NVDES)、hide(X JAPAN/hide with Spread Beaver/zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)、ユナ(Yuna)、雅 –MIYAVI-

【通常盤】(CD)

TYCT-60126/¥3,000(税抜)
【海外参戦アーティストのプロフィール】
■サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)

本名Samuel Leroy Jackson、アメリカ・ワシントンDC出身 1948年12月21日生まれアトランタのモアハウス・カレッジ卒業後、ニューヨークで下積み時代を送る。91年、スパイク・リー監督作「ジャングル・フィーバー」でカンヌ国際映画祭助演男優賞を獲得し、クエンティン・タランティーノ監督作「パルプ・フィクション」(94)でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、人気俳優に。その後も「ダイ・ハード3」「スター・ウォーズ」新3部作、「アイアンマン」シリーズなどアクション大作から「ジャッキー・ブラウン」「交渉人」「コーチ・カーター」と幅広いジャンルの作品に出演。「Mr. インクレディブル」「アフロサムライ」「ATOM」では声優を務めている。

samuelljackson.com

■ダックワース(DUCKWRTH)

本名Jared Lee, 1988年5月13日生まれ、カルフォルニア出身のラッパー・シンガーソングライター。2016年に初のアルバム、I’m Uuglyを発表し評価を高める。アンダーソン・パークの北米ツアーの前座をその後勤め、サブリナ・クラウディオが参加した”I’M DEAD”はSpotifyを中心にヒットを記録。Republic Recordsとメジャー契約を結び、2017年後期にはAn XTRA UUGLY Mixtapeを発表。

http://www.duckwrth.com/

■ボック・ネロ(Bok Nero)

フィラデルフィア出身のラッパー。スティーブ・アオキ(Steve Aoki)が代表を務めるレーベル、Dim Makに所属し、現在はロサンゼルを拠点に活動する。ヒップ・ホップのみにとどまらず、EDM, Pop,そしてロックと多様なジャンルの音の上にラップを刻む。

https://soundcloud.com/boknero

■ヌーズ (NVDES)

本名ジョッシュ・オーシャン(Josh Ocean)のエレクトロ・ポッププロジェクト。カルフォルニアを拠点に活動し、2016年に 初EP、Life with Lobsters を発表。2017年にはシングルを三曲発表し、それらの中の”D.Y.T.(Do Your Thing)”がiPhoneのCMに起用され、注目を集める。

https://www.nvdesmusic.com/

■ショーン・ボウ(Seann Bowe)

アメリカ出身のシンガーソングライター・プロデューサー。Weezer, Wiz Khalifa, VAMPSなどの名だたるバンド・グループに楽曲を提供。 2016年よりLenard SkolnikとともにMIYAVIプロジェクトに深く関わり、メロディーや楽曲構成に参加。幅広い音域、ボーカルスタイルに定評がある。

https://fanlink.to/SeannBowe

■ベティ―・フー(Betty Who)

本名 Jessica Anne Newham オーストラリア出身 1991年10月5日生まれのシンガーソングライター。2016年発売のシングル、”I Love You Always Forever” で一躍注目を浴び、現在はSpotifyで月間300万以上の再生回数を誇る。2017年3月に セカンド・アルバム The Valleyをリリース。

http://www.bettywhomusic.com/

■アール・エー・シー(RAC)

本名André Allen Anjos。ポルトガルに生まれ、現在はアメリカのポートランドを拠点に活動するプロデューサー、RAC(アール・エー・シー)こと大学時代から、“Remix Artist Collective”を由来とするRAC名義での活動をスタートし、U2、レディー・ガガ、キングス・オブ・レオン、ラナ・デル・レイ、エリー・ゴールディング、など錚々たるアーティストのリミックスを手がけ、現在までにその総数は200曲を超える。2016年にはオデッザ「Say My Name」のリミックスでグラミー賞にノミネート、そして2017年度のグラミー賞では、ボブ・モージズ「Tearing Me Up」のリミックスで最優秀リミックス・レコーディング賞を受賞。

https://rac.fm/

■ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)

本名ジョン・スティーヴン・サダス(John Stephen Sudduth)1984年12月17日生まれ ルイジアナ州出身のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。2013年に発売され世界中でヒットしたリアーナのシングル「ステイ」で注目を集める。その後RCAレコードよりデビューアルバムTimeを2015年1月リリース。今年11月にセカンドアルバム Fameを発表。

http://www.mikkyekko.com/

■ガラント(Gallant)

本名 Christopher Gallant 。メリーランド州出身のR&Bシンガー・ソングライター。2014年に発表した「ZEBRA EP」がSpotifyのViral Chartにエントリー。2015年にMind Of A Geniusと契約を交わし、ロサンゼルスへ拠点を移す。その後共同プロデューサーのStintらとデビューアルバム『OLOGY』を制作し、2017年グラミー賞に最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムのカテゴリでデビューアルバムにノミネートされる。

https://www.gallant.space/

■ユナ(Yuna)

1986年11月14日生まれ マレーシア出身のシンガー・ソングライター。 SNSを通じて高い若者を中心に人気を集める。2011年にアメリカのFader Labelと契約後、2016年にUsherとのコラボ楽曲 “Crush”を発表、US Billboard Adult R&B Chartで3位を獲得。

http://yunamusic.com/
【ライブ情報】
■『hide Birthday Party 2018』

12月13日(木) 東京・新木場STUDIO COAST

※イベント詳細 http://www.hide-city.com/mcontents/special/bday2018/

■『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』

12月16日(日) 東京・新木場Coast

12月18日(火) 大阪・なんばHatch

12月19日(水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール


音楽ニュースMUSIC NEWS

ZAO、自身も出演した「みらい」MVをGYAO!で配信スタート

ニュース2019年7月24日

ZAOが7月9日に配信リリースした「みらい」のMVが、動画配信サービスGYAO!にて配信開始となった。 ZAOは広島在住のラッパーで、GYAO!とAmuseが実施した『NEW CINEMA PROJECT』のミュージシャン部門のグランプリ受 … 続きを読む

MIYAVI、世界各地のファンとの様子を描いた「Under The Same Sky」MV解禁

ジャパニーズロック2019年7月24日

MIYAVIが3年振りとなるオリジナルフルアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』を7月24日に世界同時リリースし、収録曲「Under The Same Sky」のMVを公開した。 「Under The Same Sky」は、“い … 続きを読む

IKUO、2ndソロアルバムより渾身のオリジナル曲「Fly」MV公開

ジャパニーズロック2019年7月24日

ロックベーシスト、IKUOの2ndソロアルバム『Easy come, easy core!!』が7月24日にリリースとなり、同作のリード曲「Fly」のMVが公開となった。 レコーディングメンバーと同じく、多方面で活躍しているビジュアル系屈指 … 続きを読む

『7月24日はなんの日?』歌手デビュー20周年、ジェニファー・ロペスの誕生日

洋楽2019年7月24日

 7月24日は女優、歌手としてマルチに活躍するジェニファー・ロペスの50歳の誕生日。  ジェニファー・ロペスは1969年7月24日、ニューヨーク・ブロンクス生まれ。『セレナ』(1997年)や『アウト・オブ・サイト』(1998年)への出演で女 … 続きを読む

清木場俊介、ライブハウスツアーが終幕。 “自分がロックをやると言った時の気持ちをずっと忘れないように”

ジャパニーズロック2019年7月23日

清木場俊介のライブハウスツアー『KIYOKIBA SHUNSUKE LIVE HOUSE TOUR 2019 “ROCK ON”』の最終公演が、7月21日(日)の東京・Zepp Tokyoにて行なわれた。 今回のツアーは6月1日(土)の青森 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top