ヒットを体感するのは、セールスではなくストリーミング?! あいみょんが上位を席巻【Chart insight of insight】

2018年10月27日 / 12:00

 チャートがCDの売り上げだけで推しはかれなくなっている昨今、何を基準にヒット曲といえるのかも相当変化している。ツイッターのつぶやき数やラジオのオンエアなど様々な指標があり、それぞれ特徴的ではあるが、もっとも一般的なヒットの感覚は、もしかしたらストリーミングかもしれない。

 例えば、今週のHot100のストリーミングのチャートでいえば、トップ3は、DA PUMP、MISIA、Nissyとなっている。おそらく、音楽ファンでなくても耳にしている楽曲ばかりではないだろうか。これらの楽曲は、Hot100の総合順位は、それぞれ5位、7位、21位となっているが、体感的にはもっと上位に感じるのは確かだろう。

 そんな中、ストリーミングで躍進しているのが、あいみょんだ。Hot100の総合で22位の「マリーゴールド」は、ストリーミングでは堂々の4位を記録している(【表1】)。この曲は8月にリリースされてからはロングセールスとなっているが、CDセールスやラジオのオンエアなどは大幅に下降しているにもかかわらず、ストリーミングに関してはベスト10圏内をずっと横ばい状態で、落ちる気配が一向にない。長く聴き続けられている楽曲としては、MISIAなどと並べてもまったく遜色がない、この様子だとさらに上位に進む可能性もある。

 あいみょんの強さは別格で、ストリーミングでの100位以内に6曲もチャートインしている。Hot100の総合では49位、ストリーミングでは9位にランクインした「君はロックを聴かない」に至っては、グラフを見ればほぼストリーミングのみのポイントで上位に残っていることがよくわかる(【表2】)。

 音楽の聴き方が大きく変化している時代だけに、ヒットの生まれ方も変わってきている。あいみょんは、そんな過渡期ならではの成功例を持つストリーミング時代のスターなのかもしれない。Text:風奏陽


音楽ニュースMUSIC NEWS

映画以上のヒットになるか?! RADWIMPSの勢いを検証【Chart insight of insight】

J-POP2019年8月18日

 この夏いちばんの話題作となった新海誠監督のアニメ映画『天気の子』。7月19日に公開され、観客動員数もダントツの1位を獲得。まさに大ヒット中であるが、音楽を担当したRADWIMPSも負けてはいない。映画公開日にリリースされたサウンドトラック … 続きを読む

【深ヨミ】BEYOOOOONDSとSTU48 ポイント構成比から見る違いとは?

J-POP2019年8月18日

 8月19日付のBillboard JAPAN Top Single Sales(集計期間2019年8月5日~2019年8月11日)で、BEYOOOOONDS『眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist』が94,375枚を売り上 … 続きを読む

超特急、全国ツアー最終公演は逆境を逆手に取った一夜限りのスペシャルなステージに

ニュース2019年8月18日

超特急が8月17日に沖縄コンベンションセンター劇場棟にて全国ホールツアー『EUPHORIA~Breakthrough, The Six Brave Stars~』の最終公演を開催した。この沖縄公演をもって、結成当初からの悲願である47都道府 … 続きを読む

GLAY、10月2日にニューアルバム『NO DEMOCRACY』をリリース

ジャパニーズロック2019年8月17日

GLAYが8月17日(土)に埼玉県・メットライフドームで開催した『GLAY 25th Anniversary “LIVE DEMOCRACY”』初日公演の終演後、10月2日(水)にアルバム『NO DEMOCRACY』を発売するこ … 続きを読む

赤い公園、配信シングル「凛々爛々」MV公開

ジャパニーズロック2019年8月17日

赤い公園が8月21日(水)にリリースする配信シングル「凛々爛々」のMV(Short Ver.)を解禁した。「凛々爛々」は石野理子をボーカルに迎えた新体制初のシングルにふさわしい楽曲で、外から突き付けられる様々な解釈に流されず、凛と生きていく … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top