【米ビルボード・ソング・チャート】マルーン5&カーディ・B首位キープ、ガガ&ブラッドリー・クーパー5位に急上昇

2018年10月16日 / 11:50

 マルーン5の「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」が4週連続の1位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 週間1億2540万回を記録し、エアプレイ・チャート“Radio Songs”では12週目のNo.1をキープした「ガールズ・ライク・ユー」。これで、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」(2016年)の記録を抜き、グループ/デュオとしては歴代4位に浮上。2000年代以降では、最長記録を達成した。なお、ソロ・アーティストを含めると、2017年の年間チャートを制したエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」と並ぶ。

 デジタル・ソング・セールス・チャートでは、先週の8位から9位にダウンしたものの、ストリーミング・チャートで19位から16位に息を吹き返したことが、4週目の首位を死守した理由のひとつ。フィーチャリング・アーティストのカーディ・Bにとっては、デビュー曲「ボダック・イエロー」の3週を超える、自己最長記録を更新。なお、女性ラッパーの歴代首位最長記録は、2014年に7週のNo.1をマークした、「ファンシーfeat.チャーリーXCX」だが、通算首位獲得記録としては、その「ボダック・イエロー」と「アイ・ライク・イットfeat.バッド・バニー&ジェイ・バルヴィン」(1週)を合わせた計8週を記録した、カーディが上回る。

 その「ガールズ・ライク・ユー」から首位の座を狙うのが、再び2位に上昇したジュース・ワールドの「ルーシッド・ドリームズ」。先週は、リル・ウェインの新作『カーターV』が登場したため、収録曲がTOP10にランクインし、一旦3位にダウンしたが、今週、ストリーミング・チャートでは6位から2位に(週間3,880万視聴)上昇し、「ガールズ・ライク・ユー」とのポイントを僅差まで縮めている。R&B/ヒップホップ・チャート、ラップ・チャートでは、2週目の首位獲得を果たした。

 また、4位から3位に再浮上した、ポスト・マローンの「ベター・ナウ」も、エアプレイ・チャートでは2位、セールス・チャートでは15位から10位、ストリーミング・チャートでは28位から17位にそれぞれ上昇。現地時間10月9日に開催された【2018 アメリカン・ミュージック・アワード】でのパフォーマンス効果もあり、次週以降、最高位を更新する可能性が高い。

 今週のアルバム・チャートで4位にデビューした、ラッパーのリル・ベイビーとガンナによるコラボ・アルバム『ドリップ・ハーダー』から、週間4,130万視聴を記録し、<Streaming Gainer>を獲得した「ドリップ・トゥー・ハード」が、先週の25位から4位にジャンプアップしている。リル・ベイビーは、ドレイクとコラボした「イエス・インディード」(最高6位)に続く2曲目、ガンナにとっては初のTOP10入りとなる。本作からは、ドレイクをフィーチャーした「ネバー・リカバー」が15位に初登場している。

 そして、今週のアルバム・チャートでNo.1デビューを果たした、映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックから、主演のレディー・ガガとブラッドリー・クーパーによるデュエット曲「シャロウ」が、先週の28位から5位に上昇した。レディー・ガガにとっては、2016年に最高4位をマークした「ミリオン・リーズンズ」以来2年ぶり、通算15曲目のTOP10入りとなる。過去10年の記録では、ドレイク(31曲)、リアーナ(22曲)、テイラー・スウィフト(20曲)、リル・ウェインとニッキー・ミナージュ(17曲)に次ぐ、ブルーノ・マーズとタイの5位。ブラッドリー・クーパーは、シングル、アルバム・チャート共に、自身初のランクインにしてTOP10入りとなった。「シャロウ」は、71,000ダウンロードを獲得して、デジタル・ソング・セールス・チャートでは1位に輝いている。

 初動231,000ユニットを獲得した本作『アリー/スター誕生』からは、TOP10以下にも「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」(36位)、「オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ」(41位)、「イズ・ザット・オールライト?」(63位)、「メイビー・イッツ・タイム」(93位)の計5曲が、100位内にランクインした。

 先週8位に上昇した、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ヤングブラッド」は、7位にランクアップし自己最高位を更新。続いて8位には、マシュメロとバスティルのコラボ・ソング「ハピヤー」がランクインし、こちらも最高位を更新した。マシュメロは、アン・マリーとコラボした「フレンズ」が今年6月に11位まで上昇したが、意外にも全米チャートでのTOP10入りはこの曲が初となる。バスティルは、2014年に最高5位をマークした大ヒット曲「ポンペイ」以来4年半ぶり、2曲目の快挙。ダンス/エレクトロニック・チャートと、ダンス・エアプレイ・チャートでは1位に輝いている。

 18位には、ホールジーの新曲「ウィズアウト・ミー」が、「FEFE」(10位)がヒット中のシックスナインの新曲「ストゥーピッドfeat.ボビー・シュマーダ」は25位にそれぞれデビューした。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、10月19日以降掲載予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ガールズ・ライク・ユー」マルーン5 feat.カーディ・B
2位「ルーシッド・ドリームズ」ジュース・ワールド
3位「ベター・ナウ」ポスト・マローン
4位「ドリップ・トゥー・ハード」リル・ベイビー&ガンナ
5位「シャロウ」レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー
6位「シッコ・モード」トラヴィス・スコット
7位「ヤングブラッド」ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー
8位「ハピヤー」マシュメロ&バスティル
9位「アイ・ライク・イット」カーディ・B feat.J.バルヴィン&バッド・バニー
10位「FEFE」6ix9ine(シックスナイン)feat.ニッキー・ミナージュ&マーダ・ビーツ


音楽ニュースMUSIC NEWS

【深ヨミ】新時代の男性アイドルグループとなるか? 嵐/King&Prince/SixTONES/Snow Manを比較

J-POP2020年1月25日

 ジャニーズグループとして同日デビューで大きな話題となっているSixTONESとSnowman。デビュー曲は、SixTONESが「Imitationrain」、Snow man「D.D.」だ。2アーティストが同じ日にデビューするというだけで … 続きを読む

『キャッツ』ヒロインのフランチェスカ・ヘイワード主演、英バレエ『ロミオとジュリエット』予告編公開

洋楽2020年1月25日

ケネス・マクミラン振付の不朽の名作を演劇的バレエでは他の追随を許さない英国ロイヤル・バレエを代表するスターで描く映画『ロミオとジュリエット』が2020年3月6日より全国公開する。  1965年にコヴェント・ガーデンで初演されたマクミランの『 … 続きを読む

クラムボン、『てん 、』をアナログ化!LP盤4枚組でリリース!

ジャパニーズロック2020年1月25日

昨年の5月より過去作品のアナログ盤を連続リリース中のクラムボンが2月5日、『てん 、』のLP盤4枚組をリリースする。この作品は2005年のオリジナルCDリリース当時、モノラル盤とステレオ盤の2枚組としての発表でも話題になった作品で、ライブで … 続きを読む

L'Arc~en~Ciel、ツアーより全4公演をライブビューイング

J-POP2020年1月25日

 L’Arc~en~Cielの8年ぶりとなるツアー【ARENA TOUR MMXX】より、ファンクラブ会員限定の横浜アリーナ公演と、ツアーファイナルとなる国立代々木競技場第一体育館公演、全4公演のライブビューイングが実施される。 … 続きを読む

桑田佳祐、新曲「SMILE~晴れ渡る空のように~」が1/25レギュラーラジオ番組で初オンエア

J-POP2020年1月25日

桑田佳祐が書き下ろした民放共同企画“一緒にやろう”応援ソングの「SMILE~晴れ渡る空のように~」が、1月24日23時からTOKYO FM系列で放送される桑田のレギュラーラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』にて、ラジオ初オンエアされること … 続きを読む

page top