【米ビルボード・ソング・チャート】マルーン5&カーディ・B首位キープ、ガガ&ブラッドリー・クーパー5位に急上昇

2018年10月16日 / 11:50

 マルーン5の「ガールズ・ライク・ユーfeat.カーディ・B」が4週連続の1位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 週間1億2540万回を記録し、エアプレイ・チャート“Radio Songs”では12週目のNo.1をキープした「ガールズ・ライク・ユー」。これで、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」(2016年)の記録を抜き、グループ/デュオとしては歴代4位に浮上。2000年代以降では、最長記録を達成した。なお、ソロ・アーティストを含めると、2017年の年間チャートを制したエド・シーランの「シェイプ・オブ・ユー」と並ぶ。

 デジタル・ソング・セールス・チャートでは、先週の8位から9位にダウンしたものの、ストリーミング・チャートで19位から16位に息を吹き返したことが、4週目の首位を死守した理由のひとつ。フィーチャリング・アーティストのカーディ・Bにとっては、デビュー曲「ボダック・イエロー」の3週を超える、自己最長記録を更新。なお、女性ラッパーの歴代首位最長記録は、2014年に7週のNo.1をマークした、「ファンシーfeat.チャーリーXCX」だが、通算首位獲得記録としては、その「ボダック・イエロー」と「アイ・ライク・イットfeat.バッド・バニー&ジェイ・バルヴィン」(1週)を合わせた計8週を記録した、カーディが上回る。

 その「ガールズ・ライク・ユー」から首位の座を狙うのが、再び2位に上昇したジュース・ワールドの「ルーシッド・ドリームズ」。先週は、リル・ウェインの新作『カーターV』が登場したため、収録曲がTOP10にランクインし、一旦3位にダウンしたが、今週、ストリーミング・チャートでは6位から2位に(週間3,880万視聴)上昇し、「ガールズ・ライク・ユー」とのポイントを僅差まで縮めている。R&B/ヒップホップ・チャート、ラップ・チャートでは、2週目の首位獲得を果たした。

 また、4位から3位に再浮上した、ポスト・マローンの「ベター・ナウ」も、エアプレイ・チャートでは2位、セールス・チャートでは15位から10位、ストリーミング・チャートでは28位から17位にそれぞれ上昇。現地時間10月9日に開催された【2018 アメリカン・ミュージック・アワード】でのパフォーマンス効果もあり、次週以降、最高位を更新する可能性が高い。

 今週のアルバム・チャートで4位にデビューした、ラッパーのリル・ベイビーとガンナによるコラボ・アルバム『ドリップ・ハーダー』から、週間4,130万視聴を記録し、<Streaming Gainer>を獲得した「ドリップ・トゥー・ハード」が、先週の25位から4位にジャンプアップしている。リル・ベイビーは、ドレイクとコラボした「イエス・インディード」(最高6位)に続く2曲目、ガンナにとっては初のTOP10入りとなる。本作からは、ドレイクをフィーチャーした「ネバー・リカバー」が15位に初登場している。

 そして、今週のアルバム・チャートでNo.1デビューを果たした、映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックから、主演のレディー・ガガとブラッドリー・クーパーによるデュエット曲「シャロウ」が、先週の28位から5位に上昇した。レディー・ガガにとっては、2016年に最高4位をマークした「ミリオン・リーズンズ」以来2年ぶり、通算15曲目のTOP10入りとなる。過去10年の記録では、ドレイク(31曲)、リアーナ(22曲)、テイラー・スウィフト(20曲)、リル・ウェインとニッキー・ミナージュ(17曲)に次ぐ、ブルーノ・マーズとタイの5位。ブラッドリー・クーパーは、シングル、アルバム・チャート共に、自身初のランクインにしてTOP10入りとなった。「シャロウ」は、71,000ダウンロードを獲得して、デジタル・ソング・セールス・チャートでは1位に輝いている。

 初動231,000ユニットを獲得した本作『アリー/スター誕生』からは、TOP10以下にも「アイル・ネヴァー・ラヴ・アゲイン」(36位)、「オールウェイズ・リメンバー・アス・ディス・ウェイ」(41位)、「イズ・ザット・オールライト?」(63位)、「メイビー・イッツ・タイム」(93位)の計5曲が、100位内にランクインした。

 先週8位に上昇した、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ヤングブラッド」は、7位にランクアップし自己最高位を更新。続いて8位には、マシュメロとバスティルのコラボ・ソング「ハピヤー」がランクインし、こちらも最高位を更新した。マシュメロは、アン・マリーとコラボした「フレンズ」が今年6月に11位まで上昇したが、意外にも全米チャートでのTOP10入りはこの曲が初となる。バスティルは、2014年に最高5位をマークした大ヒット曲「ポンペイ」以来4年半ぶり、2曲目の快挙。ダンス/エレクトロニック・チャートと、ダンス・エアプレイ・チャートでは1位に輝いている。

 18位には、ホールジーの新曲「ウィズアウト・ミー」が、「FEFE」(10位)がヒット中のシックスナインの新曲「ストゥーピッドfeat.ボビー・シュマーダ」は25位にそれぞれデビューした。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、10月19日以降掲載予定となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ガールズ・ライク・ユー」マルーン5 feat.カーディ・B
2位「ルーシッド・ドリームズ」ジュース・ワールド
3位「ベター・ナウ」ポスト・マローン
4位「ドリップ・トゥー・ハード」リル・ベイビー&ガンナ
5位「シャロウ」レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー
6位「シッコ・モード」トラヴィス・スコット
7位「ヤングブラッド」ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー
8位「ハピヤー」マシュメロ&バスティル
9位「アイ・ライク・イット」カーディ・B feat.J.バルヴィン&バッド・バニー
10位「FEFE」6ix9ine(シックスナイン)feat.ニッキー・ミナージュ&マーダ・ビーツ


音楽ニュースMUSIC NEWS

忘れらんねえよ、4大新プロジェクト“がんばれ柴田”始動

J-POP2019年4月19日

 忘れらんねえよが、結成10周年に実施する4つの新プロジェクト“がんばれ柴田”を発表した。  がんばれその1は“新曲ミュージックビデオ炎の3連続公開!”。これまで“ダンスに初挑戦”や“1人17役”など、エンターテインメントに富んだミュージッ … 続きを読む

フジファブリック、ファンが選ぶベスト盤『FAB LIST』2作をリリース

ジャパニーズロック2019年4月19日

全国ツアー『フジファブリック LIVE TOUR 2019 “FEVERMAN”』を4月19日(金)Zepp Osaka Bayside公演で締め括ったフジファブリックが、BEST PLAYLIST ALBUM『FAB LIST』をリリース … 続きを読む

AI、ゴスペル聖歌隊と贈る20周年記念プレミアムライブが決定

J-POP2019年4月19日

 AIが、自身のデビュー20周年を記念して【AI 20周年記念プレミアムライブ with ゴスペル聖歌隊】を行うことを発表した。  本公演は、11月1日大阪・フェスティバルホールを皮切りに、東京、大阪、名古屋の3都市での5公演を本場アメリカ … 続きを読む

GLAY、メットライフドーム公演に向けた演奏曲選挙がスタート!

ジャパニーズロック2019年4月19日

デビュー25周年イヤーとなる2019年の8月17日(土)、18日(日)にメットライフドーム(旧:西武ドーム)でライヴを行なうGLAYが、同公演の演奏楽曲選挙をスタートさせた。 2019年のアニバーサリーイヤーを“GLAY DEMOCRACY … 続きを読む

MIYAVI、3年ぶりのソロアルバム完成! ジャケは石田スイ書き下ろし

ジャパニーズロック2019年4月19日

MIYAVIが、7月24日にソロアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』をリリースすることが決定した。 『NO SLEEP TILL TOKYO』はMIYAVIが前作ソロアルバム『Fire Bird』をリリース後、3年の月日の間に … 続きを読む

page top