D.A.カーペンター、前澤友作氏コレクションのストラディヴァリウスで生演奏

2018年10月12日 / 19:00

 ヴァイオリニストのデイヴィッド・アーロン・カーペンターが、六本木の森アーツギャラリーで開催されている【TOKYO STRADIVARIUS FESTIVAL 2018 EXHIBITION】の会場で、10月11日に演奏を披露、会場を魅了した。

 演奏では、先日発表された前澤友作氏コレクションのストラディヴァリウス 1717年製作“ハンマ”も使用。その他、本イベントで展示されている名器ストラディヴァリウスの数々から、ヴィオラのD.A.カーペンター自身は、Gibson(ヴィオラ、1734)、兄のショーンは、Hamma(ヴァイオリン、1717)、姉のローレンは今回自ら持参のLubbock(ヴァイオリン、1725)を使用し、気心の知れた兄弟姉妹が使用する3台の名器のハーモニーが会場に響き渡った。

 曲目はドヴォルザークのカヴァティーナ、日本でもお馴染のリベルタンゴ、ヤンキー・ドゥ―ドル、フィギュア・スケート使用で一躍有名曲となったハチャトゥリアンのワルツ(仮面舞踏会)、カリンカ、ラヴ・ミー・テンダー、月の光などからセレクトして演奏。目で見る展示だけでなく、まさに音色そのものを展示して多くの来場者を満足させていた。

 世界的にも名手が少ないとされるヴィオラ界で、実力を高く評価される稀有な若手の一人、デイヴィッド・アーロン・カーペンター。最新録音アルバムでは世界初公式録音となるドヴォルザーク「チェロ協奏曲」のヴィオラ版が収録されている。また、ドヴォルザークの協奏曲の指揮を務めるのは、日本を代表する指揮者の大野和士。大野の見事なサポートの元、カーペンターは余すことなく彼の実力を発揮している。

 また、デヴィッドほか上記3名は、10月13日の15時にタワーレコード渋谷店、クラシック・フロアでも生演奏イベントを開催予定。こちらでは本人たちが持参したストラディヴァリウス他の名器を演奏する。

◎イベント情報【魔性のヴィオリスト デイヴィッド・アーロン・カーペンター ミニコンサート&サイン会】
2018年10月13日(土)15:00START
タワーレコード渋谷店 7F

 


音楽ニュースMUSIC NEWS

サイダーガール、大きなシンガロングが会場に響いたワンマンツアーの最終公演をレポート

ジャパニーズロック2019年3月25日

サイダーガール史上最大規模、かつ初となるワンマンツアー『サイダーガールTOUR2019 サイダーのゆくえ -SPACESHIP IN MY CIDER-』が、3月24日Zepp DiverCity Tokyoでファイナルを迎えた。 炭酸の泡 … 続きを読む

sumika、アルバム『Chime』から“家族”をテーマに歌った「Familia」のMV公開

ジャパニーズロック2019年3月25日

sumikaが3月13日にリリースしたニューアルバム『Chime』より、「Familia」のMVを公開した。 「Familia」はアルバムの最後に収録されている“家族”をテーマに歌った楽曲。自分の意思で家庭や家族を作っていく、“住処R … 続きを読む

DESURABBITS、ファンとの絆の深さを提示した1年振りのワンマンライブをレポート

ニュース2019年3月25日

DESURABBITSが、2019年に入って掲げた“兎革命”。その第一弾として行なわれたのが、対照的な両A面シングル「卒業少女‐未来絵‐/でも、逃げんな」を引っ提げた、3月23日(土)渋谷CYCLONEでの1年振りとなるワンマン公演『DES … 続きを読む

THE YELLOW MONKEY、アリーナツアー追加公演&映画『オトトキ』復活上映を発表

ジャパニーズロック2019年3月25日

THE YELLOW MONKEYが、4月から開催する全国アリーナツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 –GRATEFUL SPOONFUL-』の追加公演を発表した。 今回発表されたのは、8 … 続きを読む

桜の開花を祝って、春うた名曲カバー5選

ジャパニーズロック2019年3月25日

いよいよ桜の開花宣言が各地で出始めた今日この頃。気温も上がってきて、暖房を使わないで大丈夫になってくると、“あ〜、春が来たなぁ”とか思いながら、調子がパシッと戻ってきたりするものです。花粉症もあと少しの辛抱。どうにか乗り切りましょう。という … 続きを読む

page top