西川貴教、三度目の正直!『イナズマロックフェス』2018年は快晴で大盛況!

2018年9月25日 / 14:30

9月22日@『イナズマロック フェス 2018』(西川貴教) (okmusic UP's)

西川貴教が主催する大型野外フェス『イナズマロック フェス 2018』が9月22日(土)、23日(日)、24日(月・休)の3日間、地元滋賀県の草津市・烏丸半島芝生広場で開催された。有料エリアの「雷神ステージ」、無料エリアの「風神ステージ」「龍神ステージ」3ステージあわせて3日間で100組以上のアーティストや芸人が出演、合計15万人の観客を動員した。

西川は2008年、滋賀ふるさと観光大使に就任。「音楽を通じて地元にお返しがしたい」と、滋賀県の全面バックアップのもと2009年にスタートしたのがこの『イナズマロック フェス』である。2018年で10回目の節目ということもあり、これまでの2日間から開催日を1日増やし、3日間で行われた。

『イナズマロック フェス』は、この10年で西日本最大級のイベントに成長。有料エリアのメインステージ「雷神ステージ」では、ロックバンドだけでなく、アイドルやダンスグループ、ベテランから若手まで多彩なアーティストがパフォーマンスを行った。

また、ステージ転換の間にはヒロシ、トレンディエンジェル 、ひょっこりはん、U字工事 、じゅんいちダビットソン 、アインシュタイン 、アキラ100%など、話題のお笑い芸人が出演して客席を盛り上げた。誰でも無料で入場できるフリーエリアには、アーティストやアイドルのライブが行われる「風神ステージ」、ご当地キャラクターや芸人が出演する「龍神ステージ」、飲食ブースや滋賀県観光PRコーナー、キッズエリアなどが設けられ、地元の家族連れなども多く訪れて賑わった。

大盛況の『イナズマロック フェス』だが、この10年の道のりは順風満帆だったわけではない。2016年は悪天候で2日目の途中で中断、翌2017年の2日目は台風18号の影響で中止となった。2年連続で悪天候に悩まされ、オーガナイザーである西川もこの2年「悔しい思いをしてきた」という。10周年である2018年の成功は、西川を始めイベントに関わる全ての人の願いであった。今回はそんな『イナズマロック フェス』のレポートをお届けする。
【9月22日(土)】
会場付近では朝から断続的に雨が降り続いていたが、10時すぎには晴れ間が出て、イベントが始まる頃には暑いくらいの陽気となった。

■Lenny code fiction

オープニングアクトは、2016年にメジャーデビューした滋賀県出身のバンドLenny code fiction。2017年のイナズマ2日目のオープニングアクトを予定していたが、イベントの中止により出演ならず、この日1年越しのオンステージとなった。「ずっとライブハウスでプレイしてきて、今イナズマのステージに立っています」と地元での晴れ舞台を喜び、新曲「Make my story」など4曲を披露した。

■西川貴教

ステージ両脇のスクリーンに10年の歴史を振り返るVTRが流れたあと、黒を基調としたレザーの衣装に身を包んだ西川貴教がステージに登場。深く一礼し、“ようこそ滋賀へ!ようこそイナズマロック フェスへ!来てくれたみなさんのおかげでこの天気になりました。去年一昨年、この場所で悔しい思いをしました。だからこそ、10周年があります。関わってくれたみなさん、集まってくれたみなさんに感謝して…行くぞ!イナズマロック フェス、スタート!”と開会宣言、そのまま西川貴教として初のライブへ突入した。2018年3月7日にリリースした西川貴教名義での1stシングル「Bright Burning Shout」を始め、hideのカバー曲「ever free」、11月14日リリースのセカンドシングルから「His/Story」など6曲をプレイ、MCでは“今回のイナズマロック フェスで一番キャリアが浅く、一番フレッシュです”と笑わせた。10月5日に配信リリースされる、Fear, and Loathing in Las Vegas(以下、FaLiLV)とのコラボ楽曲「Be Affected」では、FaLiLVのSoとMinamiもステージに登場。イナズマにも2015年、2017年、2018年とたびたび参加しているFaLiLVとの共演に、客席が湧いた。

■ROTTENGRAFFTY

続くROTTENGRAFFTYの出演は、西川の直接のオファーがきっかけ。西川が、2017年末に京都で行われたROTTENGRAFFTY主催のライブイベント『ポルノ超特急2017』に出演した際、“イナズマ10周年にロットンを呼ぼうかなと思ってます”と話したことで実現したものだ。“イナズマロック フェス!はじめましての人も、そうじゃない人も、ぶっとべ~!”と、安定したパフォーマンスで全6曲をプレイ、ライブの大定番「金色グラフティー」で締めくくった。

■和楽器バンド

詩吟や和楽器とロックバンドを融合させたグループ・和楽器バンドは、海外でも人気の新感覚ロックエンタテインメントバンド。2017年のイナズマ2日目に出演予定だったが叶わず、2018年に再び西川がオファーし、ようやくの参加となった。のっけからカバー曲「千本桜」で独特の世界観を繰り広げ、Drums 和太鼓バトルという彼らならではのパフォーマンスも披露。11月14日リリースのニューシングル「細雪」など全6曲をプレイして客席を魅了した。

■欅坂46

イナズマ初登場となる欅坂46は、名曲「サイレントマジョリティー」でライブをスタート。センター平手友梨奈のパフォーマンスにも、客席の視線が集まる。長濱ねるが“イナズマ10周年おめでとうございます”と挨拶し、バレエやモダンダンスの要素を取り入れた振りが美しい「二人セゾン」や、「風に吹かれても」など全5曲を、息のあったクールな歌とダンスで魅せた。

■ゴールデンボンバー

2012年以来、2度目のイナズマ出演となるゴールデンボンバー。鬼龍院翔(Vo.)は、以前、西川が生放送で鬼龍院の住所をばらしたことが原因と噂される「共演NG説」を完全否定。2017年にリリースした47都道府県別限定シングルから、滋賀バージョン「やんややんやNight~踊ろよ滋賀~」を披露。「抱きしめてシュヴァルツ」では、樽美酒研二(Doramu)が、T.M.Revolution「HOT LIMIT」のスーツを細い赤紐にアレンジした衣装で登場、客席の笑いを誘った。他にも、樽美酒の作詞作曲歌唱によるニューシングル「タツオ⋯嫁を俺にくれ」など全部で6曲、観客を驚かせるパフォーマンスで盛り上げた。

■UVERworld

滋賀県出身のバンドUVERworldは、この10年の中で西川をのぞいて最多出演アーティストで、彼らにとっても思い入れの深いイベントである。TAKUYA∞(Vo.)は“イナズマロック フェス、マジで最高だな!”と叫び、「WE ARE GO」「ODD FUTURE」「Q.E.D」「IMPACT」そして未発表曲「EDENへ」など9曲をプレイ。“自分たちも昔は観客側にいて、いいライブを見ると悔しくて、あんな風になりたいと走ってきたからこそ今ステージに立てている。このライブを見た人が何かを感じたら、始めてみてほしい”--UVERworldがイナズマで伝え続けているメッセージで、2018年もたくさんのオーディエンスにエールを送った。

■LUNA SEA

1日目のトリは、西川とインディーズ時代から交流のあるバンドLUNA SEA。RYUICHI(Vo.)は“出演できて光栄です。10回を迎えたイベント、すごいと思います”と西川を賛辞。“イベントですが、LUNA SEAらしくいきたいと思います”と、2017年リリースの最新アルバム『LUV』から「Hold You Down」をプレイ。他にも「Dejavu」「ROSIER」「WISH」など、新旧織り交ぜたセットリストで客席を沸かせた。そして最後にRYUICHIが“主催者に登場していただきましょう”と西川をステージに呼び込み、LUNA SEA初期の代表的なナンバーである「PRECIOUS …」を共に熱唱した。長年の盟友が同じステージに立つという、記念すべき瞬間となった。
【9月23日(日)】
イベント2日目は朝から快晴、絶好のフェス日和にとなった。

■Thinking Dogs

オープニングアクトはThinking Dogs。2014年のイナズマ連動型のオーディション『イナズマゲート 2014』で準グランプリを獲得、翌2015年にメジャーデビューを果たしたバンドだ。オーディションから4年、2015年の風神ステージを経て、メインステージのオープニングアクトをつとめるまでに成長した。“イナズマ、楽しんでますか。初めましての方も多いので、名前を覚えていただきたい”と、9月26日リリースの最新シングル「言えなかったこと」など4曲をプレイした。

■NICO Touches the Walls

レインボーカラーのアフロヘアのウィッグをかぶった三日月大造 滋賀県知事が、毎年おなじみ“We love イナズマ! We love 琵琶湖!”と挨拶したあとは、トップバッターNICO Touches the Wallsのライブ。“本当は去年もここにいるはずだったんですが、嵐で今年にキャリーオーバーされてしまいました。今年は思い切りリベンジしましょう!”と会場を盛り上げる。2018年7月リリースの『TWISTER -EP-』に収録されている「VIBRIO VULNIFICUS」など、全5曲で観客を惹きつけた。

■BiSH

続いては“楽器を持たないパンクバンド”女性6人組・BiSH。フェスにも引っ張りだこ、自身でも2018年5月に横浜アリーナでのワンマンライブを行ったばかりのグループだ。「DA DANCE!!」「beautifulさ」「BiSH-星が瞬く夜に-」など6曲を披露。ただの「かわいい女の子」とは一線を画す豊かな表情、全てのパワーをさらけ出したパフォーマンスで会場を盛り上げた。

■超特急

3年ぶりのイナズマ出演となった超特急は、T.M.Revolution「HOT LIMIT」の衣装をアレンジしたそれぞれのカラーのボディスーツを着て、同曲のイントロに乗って登場。のっけから客席を沸かせた。そして、イナズマ10周年という特別な瞬間に出演する喜びと共に、メンバーのタカシ(7号車)が誕生日であることを明かし、“西川さんからは(誕生日プレゼントに)全力のビンタをいただきました!”と嬉しそうに報告。さらに“イナズマのために作りました”とユーモアたっぷりに曲紹介して、「Believe×Believe(ビリビリ) 」を披露。ユニークな表情、キレのいいパフォーマンスで、全6曲をプレイした。

■04 Limited Sazabys

続いて登場した04 Limited Sazabysは、2014年の風神ステージ、2016年は雷神ステージのオープニングアクト、そして2017年は雷神ステージとステップアップしてきたバンド。“今年もイナズマのステージに立てること、光栄に思います”と挨拶したボーカルのGENは、音楽に興味を持ったきっかけが西川で、小学校一年生の時には「西川貴教になりたい」と思っていたエピソードを披露した。「swim」「My HERO」「Squall」などライブでおなじみのナンバーを中心に全8曲、熱いパワーでステージを駆け抜けた。

■Fear, and Loathing in Las Vegas

Fear, and Loathing in Las Vegasは、2015年、2017年とこれまで2度、雷神ステージに出演している。2018年は「Return to Zero」でスタート、「Let Me Hear」「Party Boys」など、ライブでの鉄板曲を盛り込んだ全6曲、全力のステージを見せた。またSo(Clean Vo/Prog)は“昨日の(コラボの)リハをしている時、西川さんがすごく優しくて大きさを感じた”と話した。また、彼ら自身も「MEGA VEGAS」と名付けたフェスを行っているだけにその大変さがわかるのだろう、これだけ大きなフェスを10年も続けている西川のことを改めて「すごい先輩」だと讃えた。

■abingdon boys school

続いて登場したのは、西川がボーカルをつとめるバンドabingdon boys school。2006年にデビュー、イナズマには初回から4年連続で出演したが、2012年以降は活動休止状態だった。そのa.b.s.の6年ぶりのライブとあって、客席からの大きな歓声に迎えられてのスタート。西川は“6年ぶりにイナズマに帰ってきたぞ!もし帰ってくるならこの場所しかないと思ってた”と叫び、バンドとしてのブランクを感じさせない圧巻のステージを見せた。ラストナンバーの「キミノウタ」では、西川が感極まると、それに気づいた客席から大きな手拍子が沸き起こる一幕もあった。イナズマ皆勤賞のMICRO(HOME MADE 家族)も加わった「LOST REASON」など全6曲をプレイ、客席からは惜しみない拍手がおくられた。

■THE ORAL CIGARETTES

2日目のトリをつとめたTHE ORAL CIGARETTESは、2013年フリーエリアのステージ(当時はまだ「風神ステージ」という名前がついていなかった)に出演、2016年に雷神ステージに初登場して以来、3年連続の出演となる。“イナズマはみんなで作っていくフェス。去年一昨年も悔しい思いをみんなと共有しました”“俺らみたいな若造をトリにしてくれた西川さんの懐の広さに感謝”と話し、「カンタンナコト」「DIP-BAP」「狂乱 Hey Kids!!」「Everything」など8曲をエネルギッシュにプレイした。アンコールでは“天気とか災害は逃れられないもの。辛い思いをした人がいるけれど、ずっと向き合っていかなくてはいけない。だからこそ“晴れたね、俺ら(雨に)勝ったね”って、最後に大好きなアニキと1曲やりたい”と、西川を呼び込んでの「Rel」で締めくくった。西川も「うちの大切な仲間に盛大な拍手を」と、次世代を担うTHE ORAL CIGARETTESにエールを送った。
【9月24日(月・祝)】
イベント3日目も快晴。

■ベリーグッドマン

オープニングアクトは大阪出身の3人組ボーカルユニット・ベリーグッドマン。2014年、2016年の風神ステージに出演、今年はステップアップして雷神ステージへの登場となった。初っ端から「Sixth Sense」のリズムに乗せて歌詞に「イナズマ」というワードを盛り込み、会場全体を盛り上げる。最新シングル「ライオン(2018New Ver.) 」を含め全6曲を披露、白いTシャツに「イナズマロック フェス」と書いたものを仕込んでいたりと、イベントへのリスペクトを体現する姿に客席からも大きな拍手がおくられた。

■THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

橋川渉 草津市長の挨拶に続いて登場したTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEは、2017年のイマズマ2日目に出演予定だったアーティストで、オファーから1年越しのステージとなった。“西川さん、イナズマロック フェス、10周年おめでとうございます”“音楽好きな方、一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです”と丁寧にMC。「Lightning」「LA FIESTA」などのダンスパフォーマンスナンバーから、「Only One」といったボーカルを聞かせるバラードまで全9曲を披露、幅広い魅力を見せた。

■Sonar Pocket

続いては、2年ぶり4回目のイナズマ出演となった名古屋出身の3人組・Sonar Pocket。ライブは「好きだよ。~100回の後悔~」でしっとりとスタートした。“イナズマを楽しみにしてきた気持ちはみんなと変わらない”と、他にも「ファンファーレ」「365日のラブストーリー。」など全部で5曲をプレイ、客席を賑やかに盛り上げた。メンバー紹介の際、高身長のko-daiは“西川さんにおいしいごはんをたくさんご馳走になって、こんなに大きくなりました”と、西川との交流も明かした。

■BLUE ENCOUNT

BLUE ENCOUNTは、イナズマ初登場。田邊駿一(Vo./Gt.)は、“初出演でメインステージのアクトをさせてもらえるなんて”と喜びを口にしつつ、7歳年上の姉が高校生の時に初めて行ったライブがT.M.Revolutionで、帰宅後ライブの興奮冷めやらぬまま幼い田邊をつかまえて「お前、歌手になれ!」と言ったエピソードも披露。“普段は最後にやる曲だけど、今日はのっけからクライマックスを作りたい”とライブの定番曲「もっと光を」を前半戦でプレイするなど、バンドの勢いを客席にダイレクトに伝える。他にも「DAY×DAY」「VS」など全6曲をプレイして、会場の一体感を高めた。

■KEYTALK

4人組ロックバンドのKEYTALKは、2017年に続き2度目の出演となる。勢いよく「桜花爛漫」「Summer Venus」の2曲を繰り出したあと、寺中友将(Vo./Gt.)はビールを一気飲み。口元が滑らかになったところで“去年初めて出させていただいたんですが、西川さん、今年も呼んでいただいてありがとうございます!”と西川に感謝の意を伝え後半戦へ。「MURASAKI 」「MATSURI BAYASHI」「MONSTER DANCE」とレア曲から定番曲まで、ファンも驚くセットリストで、イナズマでのパフォーマンスへの気合いが感じられた。

■HY

沖縄在住のHYも、2017年のイナズマ2日目に出演が予定されていたバンド。代表曲「AM 11:00」からスタート、すぐに観客をバンドのペースにのせてしまうのは、結成18年の貫禄といえよう。仲宗根泉(Key./Vo.)は歓声を煽ってから“こんなんじゃ、後ろ(バックヤード)で聞いてる西川さんがショックをうけるよ”と厳しいひとこと!それに負けじと、会場にはさらなる歓声が響いた。「エール」や「ホワイトビーチ」などライブでの定番曲を含めて5曲をプレイ、イナズマに心地よい風を吹かせてくれた。

■ENDRECHERI

続いて登場したのは、2018年に再始動した堂本剛のプロジェクト・ENDRECHERI。2017年のイナズマに堂本剛としての出演を予定していたが体調不良の影響で残念ながらキャンセル。だが2018年はENDRECHERIとしての出演が実現したのだ。「HYBRID FUNK(short ver.)」でプレイはスタート。バンドにホーン、女性コーラスも入って奏でるファンクなサウンドは、一瞬にしてフェス会場をグルヴィーで大人の雰囲気にしてくれる。すっかり日の落ちた客席は、さながらクラブのよう。堂本の歌声や自らつま弾くギターの音色に、観客は各々自由に体を揺らして楽しんでいる。最後の「FUNK SESSION」では女性コーラスがハイトーンで「イナズマロッーーーーーーク」と歌い上げ、客席から大きな歓声があがった。10年のイナズマの歴史の中に、新たなページが加わった瞬間だった。

■T.M.Revolution

そして3日間の大トリは、T.M.Revolution。黒いジャケットにメタルの甲冑風の装飾がついた衣装に身を包み、観客の大歓声に迎えられて登場した。8人の女性ダンサーを引き連れ「WHITE BREATH」「HIGH PRESSURE」「HOT LIMIT」と、おなじみのナンバーを繰り出す。“2年ぶり、いや3年ぶりにこのステージでイナズマロック フェスのファイナルを飾ることができて、本当に嬉しいです。全員の願いです、ありがとうございます”とMC。後半「FLAGS」「SWORD SUMMIT」「DOUBLE DEAL」とハードなナンバーを畳み掛けると、客席は興奮の渦に包まれた。歓声をゆっくり聞く間もなく、観客の帰りの足を心配した西川が“全員でラストの曲、やっちゃっていいすか。忙しなくて申し訳ないけど、これもイナズマらしくていいでしょ”と苦笑い。琵琶湖をテーマにしたナンバー「Lakers」を、出演アーティストと共に歌った。

最後に西川は“これまでこのイベントに少しでも関わってくれた人、フリーエリアでもいい、ここに来てくれたことがある人、全ての人に、ありがとうございました”と感謝を述べ、そして“また会おうぜ!”と2019年の開催を約束。会場の空には大きな花火が上がり、10周年の『イナズマロック フェス』は幕を閉じた。


イベント情報 EVENT

J-POP・ROCK

ニッポン放送開局60周年記念イベント LIVE EXPO TOKYO 2014 ALL LIVE NIPPON Vol.2

ゴールデンボンバー、T.M.Revolution、DJダイノジ、back number、BABYMETAL、MAN WITH A MISSION

東京2014/1/18

page top