プリンス財団の音源管理担当が語る『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』「彼の活力やエネルギーが生き生きと伝わってくる」

2018年9月14日 / 02:00

 故プリンスの新アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』より、「ホワイ・ザ・バタフライズ」の配信が本日よりスタートする。

 配信開始に併せ、今回はプリンスの音源のアーカイヴィスト、マイケル・ハウ氏が、『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』や今後のリリースに関して、語ったエクスクルーシヴ・インタビュー第2弾をお届けする。

――プリンスのピアノ弾き語りはファンにとっても珍しいものだと思います。あなたは聴いたことがありましたか?

マイケル:聞いたことはあるし、映像は見たことがあるけれど、実際に弾いているところは見ていないんだ。彼がピアノを弾くのを楽しんでいることも、演奏の素晴らしさも知っていたから見てみたかったね。

――あなたが思う聴きどころはどこでしょう?

マイケル:世界的なスーパースターになる1年ほど前の男がどれだけクリエイティヴだったか、音楽にどれほどの情熱を注いでいたかということが良くわかるアルバムだと思う。この弾き語りを聞いていると、彼の活力やエネルギーが生き生きと伝わってくる。誰に聞かせるわけでもない状況で、部屋の中で一人で演奏しているのにね。彼の体の中から湧き出てくるエモーショナルな感情はとてもインパクトがあると思うよ。同時に彼が卓越したプレイヤーだったということも良くわかるアルバムだ。テンポ、フレージング、インプロヴァイズ、どれをとっても彼のピアノの腕前はギターに勝るとも劣らないことがわかるアルバムだと思う。

――リサ・コールマンも「なんという贈り物でしょう。天才の仕事をのぞき見させてくれる」とブックレットで言っていますよね。

マイケル:私もまったく同感だよ。

――そのブックレットには、「17デイズ」と「ストレンジ・リレーションシップ」の手書きの歌詞が入っていますが、これはプリンスの直筆のものでしょうか?

マイケル:そうだよ。

――あれはどこから見つかったものでしょう?

マイケル:プリンス財団が持っていたものなんだ。それをスキャンしたのさ。彼らのところには他にもたくさん手書きの歌詞が保存されているよ。でも保存されているはずの手書きの歌詞が時々オークションに出たりするんだ。彼が誰かにあげて、その人が売り出したか、盗まれたものなのか理由はわからないけどね。

――アートワークにつかわれている写真は、プリンスと親しかったアレン・ボーリュー(Allen Beaulieu)のものだそうですが、これはどのように入手されたのでしょう?

マイケル:彼は当時プリンスの写真をたくさん撮影していて、今でもミネアポリスに住んでいるんだけど、財団にとても協力的でね。彼が提供してくれたんだ。

――彼の撮影した写真の中から選んだわけですね。

マイケル:そうだよ。アレンに連絡を取って、写真を見せてもらい、その中から選んだんだ。

――プリンス財団から、あなたにアーカイヴ発掘に関して、具体的な指示は出ているのでしょうか?

マイケル:具体的な指示というのはないけれど、この仕事は、彼らが信頼できる人間で、プリンスのことをよく理解していて、彼の財産をしっかりと守り、きちんと世の中に出してくれることが条件だから、基本的にはすべてを任せてくれている。彼らは全面的に協力してくれて、音源に関しても何の制約もなく聴かせてくれ、オープンに意見を言ってくれるよ。

――音源の素材はプリンスの財団の方の立会いの下チェックするのですか?

マイケル:そうだよ。みんなでチェックしながら自由に意見を交換し合うんだ。

――彼が残した未発表音源のうち、何割程度聴く作業は進んでいるのでしょう?

マイケル:かなり聴いたけれど、まだまだ先は長いよ。割合としたら10%か、それ以下かな。10%と聴くとまだ全然聴いていないように聞えるだろうけれど、それでもかなり聴いたんだ(笑)

――10%ですか?

マイケル:おそらくそのくらいだと思う。まだ全部でどのくらいあるのかハッキリわからないから正確ではないかもしれないけど、だいたいそのくらいだよ。

――本当に先は長いですね。

マイケル:気が遠くなるほどね(笑)

――ということは来年以降もリリースが期待できますか?

マイケル:もちろん。まだ具体的にどんなものをリリースするのかは決まっていないけれど、かなりエキサイティングなものがいくつかあるんだ。普通のファンはもちろん、マニアックなファンにも喜んでもらえるようなものがね。これから皆で話し合って、いつ、どれを発表するか決めていくよ。

――日本のプリンス・ファンにメッセージをお願いします。

マイケル:プリンスは日本が大好きだった。その日本のファンの心に届くような素材をこれから発表していきたいと思っているので楽しみにしていてください。

◎リリース情報
アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』
2018年9月21日(金)
<通常盤>
WPCR-18037 2,400円(tax out)
<デラックス・エディション>
WPZR-30796~97 5,000円(tax out)
<収録曲>
1)17 デイズ
2)パープル・レイン
3)ア・ケイス・オブ・ユー
4)メアリー・ドント・ユー・ウィープ
5)ストレンジ・リレーションシップ
6)インターナショナル・ラヴァー
7)ウェンズデイ
8)コールド・コーヒー&コケイン
9)ホワイ・ザ・バタフライズ


音楽ニュースMUSIC NEWS

大阪・本町にあるMoxy HOTELSにて【Re:flexion at THE LOBBY】を初開催 Soulflex YOSA&TAAR DE DE MOUSE (DJ)ら出演

J-POP2019年3月25日

 2016年からBillboard Live OSAKAが注目するアーティスト二組をセレクトし、対バン形式で不定期に行ってきたBillboard Liveのショーを2019年度より新たに【Re:flexion】と称して始動することが決定した … 続きを読む

クラムボン、メジャーデビュー20周年を記念し初期作品のアナログ盤発売へ

J-POP2019年3月25日

クラムボンが事務所のオフィシャルYouTubeチャンネルで行ったトーク&ライブ生配信番組にて、ワーナーミュージックからリリースした初期作品をHMV限定盤としてアナログ化&連続リリースする事を発表した。  メジャーデビューシングル「はなれ ば … 続きを読む

サイダーガール、大きなシンガロングが会場に響いたワンマンツアーの最終公演をレポート

ジャパニーズロック2019年3月25日

サイダーガール史上最大規模、かつ初となるワンマンツアー『サイダーガールTOUR2019 サイダーのゆくえ -SPACESHIP IN MY CIDER-』が、3月24日Zepp DiverCity Tokyoでファイナルを迎えた。 炭酸の泡 … 続きを読む

井上苑子、Anly、D.W.ニコルズら出演、神戸開催イベント【トアロード・アコースティック・フェスティバル 2019】タイムテーブルも発表

J-POP2019年3月25日

 異国情緒ただよう神戸を代表する街「トアロード」を舞台に、”街に出会う、人に出会う、音楽に出会う” をキーワードに、ベテランから新人までメジャー・インディーズ問わず、およそ60組のミュージシャンが集結する、ライブサー … 続きを読む

YONCE(Suchmos)、FM802開局30周年特番DJに決定

J-POP2019年3月25日

 FM802開局30周年特別番組『FM802 30PARTY 「YOUR RADIO 802」』のDJにYONCE(Suchmos)が決定した。  この番組はこれまでFM802と関係を築いてきたアーティストが2週ごとにDJを担当していく番組 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top