G-FREAK FACTORY主宰の『山人音楽祭2018』、タイムテーブル発表

2018年8月31日 / 17:00

『山人音楽祭2018』 (okmusic UP's)

9月22日(土)23日(日)に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて開催される『山人音楽祭2018』のタイムテーブルが解禁となった。

同イベントには主宰のG-FREAK FACTORYが両日出演するほか、9月22日(土)公演にTHE BACK HORN、BRAHMAN、ヤバイTシャツ屋さんらが出演。9月23日(日)公演にはUVERworld、SA、10-FEET、かりゆし58などの出演がアナウンスされており、両日のオープニングアクトは高崎頼政太鼓が決定した。

また、9月23日(日)公演に行なわれる『山人MCバトル』の開催も発表! K.I.Gが司会、R da MastaがDJを担当し、Mc.Kj、我次郎MIC、小池潔宗、TK da 黒ぶち、GOLBY、晋平太、NAIKA MC、N∀OKI(ROTTENGRAFFTY)、FRANKEN、BUSS、歩歩、輪入道がMCバトルを繰り広げる。

そして、当日はチケットをお持ちでない方も入場できる屋外フリーエリア『MAEBASHI PARK PARTY』(愛称:マエパ)が用意され、ダイノジほか群馬出身のお笑い芸人が多数出演するので、こちらもぜひ立ち寄ってみてほしい。チケットはプレイガイドにて発売中なので、お早めにチェックを!
■『山人音楽祭2018』タイムテーブル

http://yamabito-ongakusai.com/2018/timetable/
『山人音楽祭2018』

開催日:9月22日(土)9月23日(日)

会場:群馬・ヤマダグリーンドーム前橋

<出演>

■9月22日公演

Yellow Studs/打首獄門同好会/OVER ARM THROW/キュウソネコカミ/SIX LOUNGE/G-FREAK FACTORY/SHADOWS/清水ミチコ/四星球/DJダイノジ/teto/NakamuraEmi/NUBO/THE BACK HORN/BRAHMAN/HEY-SMITH/My Hair is Bad/MONOEYES/ヤバイTシャツ屋さん(※五十音順)

オープニングアクト:高崎頼政太鼓

■9月23日公演

アルカラ/韻シスト/UVERworld/SA/音の旅crew/かりゆし58/Caravan/サンボマスター/G-FREAK FACTORY/SHANK/Dizzy Sunfist/10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ/HAWAIIAN6/FIRE BALL with HOME GROWN/FOMARE/mabanua/ROTTENGRAFFTY/ローホー(※五十音順)

オープニングアクト:高崎頼政太鼓

■山人 MCバトル ※9月23日公演

Mc.Kj / 我次郎MIC / 小池潔宗 / TK da 黒ぶち/ GOLBY / 晋平太 / NAIKA MC / N∀OKI(ROTTENGRAFFTY) / FRANKEN / BUSS / 歩歩 / 輪入道(※五十音順)

司会:KIG / DJ:R da masta

■お笑いライブ ※屋外フリーエリア『MAEBASHI PARK PARTY』にて開催

ダイノジ / 5GAP / えっちゅう / ウラヌス / アンカンミンカン / せきあっし / じぐろ京介 / マジシャンShuN

<チケット>

1日券¥8,000(税込)

2日券¥15,000(税込)

※以下プレイガイドにて発売中!

・e+:http://eplus.jp/yamabitoongakusai/

・ローソンチケット:0570-084-003/Lコード:72278

・チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード:109-382

(駐車場付入場券は先行販売にてSOLD OUT)
【MCバトルとは?】
ラップの手法に、フリースタイルラップと言うものがある。ラッパーが即興で韻を踏みながらラップをするという表現手法のひとつ。

その中でも、DJが流すビートに決められた時間内でラッパーが、ラッパーに対して即興でディスをかまし合い、自己顕示すると共にライブ会場や現場でプロップスを得る(ラッパーとして知名度を上げる・支持を得る)ことを目的にした戦いがMCバトルである。

MCバトルの面白さは、個性と個性がぶつかり合うことで生まれるドラマと、その熱量の圧倒的な高さ即興だから生まれる瞬間の芸術、見る側にも行う側にも予測出来ないジェットコースターのようなスリルがある。最近ではTV番組フリースタイルダンジョンや高校生RAP選手権、日本一を決める大会UMBやKING OF KINGS、YOUTUBEで総再生回数1000万回を超える戦極MCBATTLEなど確実にその面白さが拡大してきている。

今回の山人MCバトルには最近話題の若手から、MCバトルでの実績あるラッパーまでが参加し、変則的な戦い方や、ここでしか見れないスペシャルなバトルとなっている。また勝敗を決めるのは会場に集まったオーディエンスの声で決定する。

FESと言う様々な音楽がある中で、言葉の格闘技と称されるMCバトルを是非生で体感してもらえたらと思います。

NAIKA MC


音楽ニュースMUSIC NEWS

Sexy Zone、約2年6か月ぶり5人でステージに 初配信ライブのオフィシャルレポートが到着

J-POP2020年10月30日

 Sexy Zoneが、初の配信ライブ【Sexy Zone POP×STEP!? TOUR 2020】を10月29日よりスタートした。本公演は31日までの3日間、全5公演を開催する。  当初、2020年3月からスタートの予定だったコンサート … 続きを読む

藤井 風、初の武道館ライブが終了&新曲「へでもねーよ」「青春病」を2曲同時リリース

J-POP2020年10月29日

 2020年10月29日に自身初の日本武道館ワンマンライブ【Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020” HELP EVER HURT NEVER】を開催した藤井 風が、新曲「へでもねーよ」と「青春病」の2曲を同日24時にデ … 続きを読む

モモコグミカンパニー(BiSH)、漫画家・うすた京介による表紙&題字のエッセイ集『きみが夢にでてきたよ』刊行

J-POP2020年10月29日

 BiSHのモモコグミカンパニーによるエッセイ集『きみが夢にでてきたよ』が、2020年12月4日に刊行される。  同書は、CAMPFIRE内で行われていたクラウドファンディング・プロジェクトを通して制作されたもの。モモコによる書き下ろしエッ … 続きを読む

リュックと添い寝ごはん、1stアルバムの収録曲&アートワークを公開

ジャパニーズロック2020年10月29日

リュックと添い寝ごはんが、12月9日(水)にリリースするメジャーデビューアルバム『neo neo』の収録曲とジャケット写真を公開した。 アルバムにはすでに配信リリースされている新曲「あたらしい朝」「生活」に加え、ファンからも人気の「グッバイ … 続きを読む

神はサイコロを振らない、歌声×ピアノ×バイオリンによる「泡沫花火 – From THE FIRST TAKE」配信リリース

J-POP2020年10月29日

 神はサイコロを振らないが、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で披露した「泡沫花火 – From THE FIRST TAKE」を配信リリースした。  神サイのデビュー曲「泡沫花火」は、ひと夏の儚く切ない泡 … 続きを読む

page top