サザンオールスターズ、アルバム『海のOh, Yeah!!』大ヒットを記念して桑田佳祐のインタビューを公開

2018年8月9日 / 20:00

サザンオールスターズ (okmusic UP's)

デビュー40周年、そして今夏最大の話題作『海のOh, Yeah!!』のリリースなど、サザンオールスターズにとって大きな節目の年である2018年。桑田佳祐が何を語るのかが注目される中、公式ホームページにてオフィシャルインタビューが公開された。

公開されたインタビューでは、桑田佳祐がデビュー40周年を迎えて思うこと、NHKホールにてデビュー日である6月25日とその翌日に開催されたキックオフライブについて、そして「TSUNAMI」「LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜」「HOTEL PACIFIC」「涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜」「東京VICTORY」などの大ヒット曲に新曲3曲を加えた全32曲入りのプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』について語っている。現在のサザンオールスターズとその先を垣間見ることができるインタビューは必見だ。

音楽シーンにおいて40年間、常にトップを走り続けて来たサザンオールスターズ。彼らの歴史こそ、J-POPの歴史と言っても過言ではないほどに日本の大衆音楽に大きな影響を与えてきた。この事実が作品として形をなしたものこそが、今作『海のOh, Yeah!!』だ。1998年以降に発表された作品の中から厳選された数多の名曲たちが32曲(初回限定盤は33曲)が収録された本作を、インタビューとともにじっくりと楽しんでほしい。
【オフィシャルインタビュー】 ※一部抜粋

——桑田さんが「これはまさしくサザンだよなぁ」って実感する瞬間て、どういう時なんでしょうか? メンバ−は演奏するだけじゃなく、コ−ラスしたりしますよね? そうしたことも、大切な要素なんじゃないかなぁって思うんですが…。

桑田:コ−ラスでいえば、特に(松田)弘ですよね。彼は手足を動かすドラムという楽器を叩きつつ、一生懸命、自分の(コ−ラスの)ラインを歌ってくれるんだけど、それを耳で覚えてて、凄いんです。昔より凄くなってきてる。こないだのNHKホ−ルで言うなら、TIGERとか、あとギタ−の斎藤誠くんなどもコ−ラスを重ねて厚みを出してくれたりしているけど、サザンの枠ということでは、原坊、そして弘なんです。「いとしのエリ−」のイントロの“Ah〜,you should go back”のところがいい例で、原坊と弘の相性はすごくいいしね。もう40年前の曲なのに、そのコ−ラスを、今も彼は空で覚えてくれてたりします。だからソロとサザンの違いで言うなら、後ろを振り返ると弘の存在があるということ自体が、“すごくサザンらしい”要素のひとつです。もちろん関口(和之)や毛ガニにも、また別のものがあるんですが。

▼桑田佳祐オフィシャルインタビュー 続き

https://special.southernallstars.jp/sas2018/interview/
アルバム『海のOh, Yeah!!』
2018年8月1日発売

【完全生産限定盤】(2CD)

VICL-66000~1/¥3,704+税

※完全生産限定盤のみデジパック仕様/ボーナストラック1曲

【通常盤】(2CD)

VICL-67000~1/¥3,704+税

<収録曲>

■DISC1「Daddy side」

01.TSUNAMI

02.LOVE AFFAIR~秘密のデート~

03.BLUE HEAVEN

04.イエローマン~星の王子様~ ※

05.SEA SIDE WOMAN BLUES

06.彩~Aja~

07.HOTEL PACIFIC ※

08.唐人物語(ラシャメンのうた)

09.SAUDADE~真冬の蜃気楼~

10.涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~

11.私の世紀末カルテ

12.OH!! SUMMER QUEEN~夏の女王様~ ※

13.LONELY WOMAN

14.01MESSENGER~電子狂の詩(うた)~

15.限りなき永遠(とわ)の愛

16.素敵な夢を叶えましょう

■DISC2「Mommy side」

01.東京VICTORY

02.ロックンロール・スーパーマン~Rock’n Roll Superman~

03.愛と欲望の日々

04.DIRTY OLD MAN~さらば夏よ~ ※

05.I AM YOUR SINGER ※

06.はっぴいえんど

07.北鎌倉の思い出

08.FRIENDS

09.ピースとハイライト

10.アロエ

11.神の島遥か国

12.栄光の男

13.BOHBO No.5

14.蛍

15.闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて

16.壮年JUMP

完全生産限定盤 Bonus Track. 弥蜜塌菜のしらべ(初音源化)

※はアルバム初収録曲


音楽ニュースMUSIC NEWS

ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」シュールでパンチの効いたMV公開

J-POP2018年11月13日

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、2018年12月5日にリリースするニュー・アルバム『ホームタウン』より、タイトル・トラックのMVを公開した(https://youtu.be/7z-7klgUSyU)。  新曲「ホームタ … 続きを読む

ク・ハラ(ex.KARA)、クリスマスイブの夜にファンミーティング開催

J-POP2018年11月13日

 ク・ハラが、ソロファンミーティング【Koo HaRa Japan Fanmeeting 2018~約束~】を、2018年12月24日に神奈川県民ホールにて開催する。  ク・ハラは、 KARAのメンバーとして、 2010年8月「ミスター」で … 続きを読む

高木正勝、初のプライベート・ピアノ曲集&エッセイ集『こといづ』発売

J-POP2018年11月13日

 高木正勝が、初のプライベート・ピアノ曲集『Marginalia(マージナリア)』を、2018年11月21日にリリースする。  細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の映画音楽をはじめ、CM音楽、執筆など幅広 … 続きを読む

篠原涼子ら東京ミッドタウン点灯式に登壇、特等席から見るイルミネーションに「贅沢です」 

J-POP2018年11月13日

 2018年11月13日から12月25日の間に開催される【MIDTOWN CHRISTMAS 2018】の点灯式が、東京ミッドタウンで行われた。  今年で12回目を迎える本イルミネーションでは、約100個の光るバルーン球体に加え、1日約45 … 続きを読む

【氣志團万博】初日、森山直太朗/TRF/BiSH/打首獄門同好会らが作り上げた最高の集会

J-POP2018年11月13日

 2018年9月15日に開催された、氣志團主催の野外フェス【氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~】初日のライブレポートが到着した。  ウェルカムアクトであるオメでたい頭でなによりが「We will luck you」などで会場を暖めた後 … 続きを読む

page top