DOBERMAN INFINITY、300人のファンと作った「SUPER BALL」MV公開

2018年7月19日 / 16:00

DOBERMAN INFINITY (okmusic UP's)

DOBERMAN INFINITYが8月15日にリリースする「SUPER BALL」のMVが完成した。グループとして初めての試みとなる、応募してもらったファンと共に撮影を行なったMVとなっており、さらにその撮影日がグループの結成日だったため、お祝いをする雰囲気も相まって撮影現場は最高の盛り上がりだったという。これまでのMVとはまた違う、ノリノリで楽しげな映像となっている。

300人の当選者が参加した撮影はちょうど梅雨に入り当日で朝から雨が降っていたが、撮影の開始時間が近づいていくと雨も止んでいき、奇跡のような撮影日に。メンバーもファンと和気あいあいにお話をするなど終始現場のみんなが楽しんで撮影に臨み、MVだけのバージョンとしてその場にいたファンにイントロを合唱してもらい、MVの音源に反映させる試みが行なわれた。

さらにMVのナレーションにスペシャルゲストとして登場するのは、『ルパン三世』の峰不二子の声を長年担当していた声優の増山江威子(ますやまえいこ)。妖艶でSEXYな味付けしているのでこちらも注目だ。

1stシングル「SAY YEAH!!」以来の約3年ぶりとなる真夏のアッパーチューン「SUPER BALL」は、夏の開放感によってどうしても弾けてしまう、まさに“スーパーボール”のように飛び跳ねまわる様子と、ちょっとだけ不器用な夏の男女の出会いを描いたアッパーすぎる神熱サマーチューン。 今作はVocalを担当するメンバーKAZUKIが初めてグループの楽曲に向け制作を行ない、トータルプロデュースも担当した記念すべき作品にもなっている。
シングル「SUPER BALL」
2018年8月15日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

XNLD-10016/B/¥1,700 (税込)

<収録曲>

■CD

1.「SUPER BALL」 ナガシマスパーランド 「ナガシマジャンボ海水プール」2018年CMソング

2.「HELLO」

3.「GET UP AND DANCE」 全3曲 収録

■DVD

「SUPER BALL」MV収録

【通常盤】(CDのみ)

XNLD-10017/¥1,200 (税込)

<収録曲>

1.「SUPER BALL」 ナガシマスパーランド 「ナガシマジャンボ海水プール」2018年CMソング

2.「HELLO」

3.「GET UP AND DANCE」 全3曲 収録


音楽ニュースMUSIC NEWS

サンボマスター、全国ツアー【日本列島ルーツの旅~ワンマンツアー2020~】開催決定

J-POP2019年12月7日

 サンボマスターが、約2年ぶりとなる全国ワンマンツアー「サンボマスター感謝祭【日本列島ルーツの旅~ワンマンツアー2020~】」を行うことを発表した。  2020年はサンボマスター結成20周年となる記念イヤー。20年間バンド活動を支えてくれた … 続きを読む

かりゆし58、デビュー記念日にフルALリリース決定

J-POP2019年12月7日

 かりゆし58が、2年4ヶ月ぶりのフルアルバム『バンドワゴン』を2月22日にリリースすることが発表された。  “2月22日”という日は彼らのデビュー記念日。今作は休養中の中村洋貴がPer.としてアルバム制作に参加し、バンドとしての第2章の始 … 続きを読む

水樹奈々、ニューアルバムより新曲「Knock U down」MUSIC CLIP&『ナナラボ』ダイジェスト映像公開

ニュース2019年12月7日

水樹奈々が12月11日(水)リリースのニューアルバム『CANNONBALL RUNNING』に収録される新曲「Knock U down」のミュージッククリップを公開した。 水樹演じる2人の女の子が登場する同ミュージッククリップ。1人目はこれ … 続きを読む

the GazettE、未配信楽曲をストリーミング解禁

J-POP2019年12月7日

 the GazettEが、2010年~2019年にリリースされた作品から未配信楽曲のストリーミング配信を開始した。  今回配信されるのは、2011年に発売されたアニメ『黒執事II』主題歌「SHIVER」などのヒットシングルが収録されたアル … 続きを読む

ライゾマティクスが贈る忘年会にDAITO MANABE、OL KILLER、SEIHOら

J-POP2019年12月7日

 イベント【RHIZOMATIKS YEAR END PARTY 2019 “THE CODE AND MEMORY”】が12月20日にUNITとB1FLATで開催される。  真鍋大度、石橋素、齋藤精一らを中心に、メディアアート … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top