Rush×300、初の三大都市ツアーが名古屋公演にて幕開け

2018年7月12日 / 18:00

6月23日@名古屋MID (okmusic UP's)

6月23日の名古屋MID。この日に行なわれたのはイケメンダンスヴォーカルユニット“Rush×300”のワンマンライブだ。Rush×300のメンバーはアクロバット兼リーダー担当の結城伽寿也(ゆうき かずや)、メインボーカルの長島翔平(ながしま しょうへい)、ラップ担当の小笠原慶顕(おがさわら よしあき)、ムードメーカー担当の千葉良祐(ちば りょうすけ)、ヴィジュアル兼デザイン担当の有働拓磨(うどう たくま)の5人。

本公演は『Rush×300 The Tour2018「喜・怒・哀・楽」~「喜」in NAGOYA~』と題し、Rush×300初の三大都市ツアーの1発目のライブとなった。ツアーはRush×300初のミニアルバム(ダウンロードカード)とリンクしており、アルバム収録曲をメインとしている。彼らのワンマンライブを観に、北は北海道、南は九州と全国各地からファンが集まった。大興奮のまま成功を収めたライブをレポートしたい。

SEが流れると会場はカラフルなペンライトが光り始める。“ツアー初日1発目名古屋盛り上げれますかーー!”という声と共にメンバーが登場。この公演は“喜”がテーマということで衣装も表現として桃と白がベースとなっている。はじめに「Whyell」にてキレのある揃ったダンスを披露して1曲目から会場を盛り上げた。

2曲目に「White Edge」を歌い終わると“名古屋イエーイ!”と呼びかけてメンバーの自己紹介へ。慶顕は“名古屋でワンマンライブをするのができたのはみなさんのおかげだと思うので今日は最高の1日にしましょう!”とあいさつをした。

次に披露したのはアルバム収録曲の「Rush for your mind ~soul of a tiger~」だ。ファンも一緒に踊って会場を盛り上げる。新曲「xxHolic Crazy Cat」では名の通り猫をイメージさせる振り付けがあったり、スクリーンにも猫が現れる演出が! 最後は拓磨の両足を伽寿也と良祐が持ち上げてフィニッシュ。終わると“よかった、成功した”と声を漏らす場面もあった。この曲は喜怒哀楽の“楽”をイメージした曲だそうだ。次の曲が始まる前にマイクをつけ直す伽寿也に“ウインクしながらつけて”とのフリも。

そして「Invisible Monkey」「Strike Eagle」と動物をイメージした曲が続き、「Strike Eagle」ではアクロバット担当の伽寿也がバク宙を披露。「Doggy man」ではアップテンポしバックダンサーと共にパフォーマンスし、ファンもカラフルなペンライトを振って会場を彩る。

そのあとのMCではそれぞれがライブへの思いを語った。良祐は“47都道府県制覇したい”、翔平は“ライブが始まるまで不安だったけど、みんなが応援してペンライト振ってくれて今日大丈夫だと思った”、伽寿也は“ファンのみんなに支えられて生きてる”とそれぞれファンに伝える。また、良祐はこの日の前日に発売した『JUNON』に1ページ載ったことを報告しお礼を述べた。

MC明けの曲が始まる時に違う曲が流れてしまうアクシデントがあったが“ここまでがショートコント”と臨機応変な対応をして、「サヨナラ舞い散る」と「Before the down ~YOAKEMAE~」を歌った。今までのアップテンポな曲から一転、バラード曲で大人っぽく、また違った魅力を見せた。

いよいよライブも終盤にかかり残り2曲に。“盛り上がれますか! 声出せますか! Rushのこと大好きですか!”と盛り上げてラストスパートをかけた。再びテンポップして「灼熱 ~Despacito IGUANA~」で会場のボルテージは最高潮に。ラストは「T.O.P ~As King Cobra~」で締めた。

アンコールでは衣装を黒いTシャツにチェンジして登場したRush×300のメンバー。「Red Siren」を披露し、ファンもカラフルなペンライトをふりに合わせて動かしたり、メンバーの合図でジャンプをしてステージを一緒に作り上げた。バックダンサーの紹介は呼び名や年齢の質問を交えながら行ない、会場は拍手に包まれ写真撮影タイムへ。動画も撮影し、“名古屋来たぞー!”、“せーの!”、“Rush×300!!”と盛り上げ会場を1つにした。紹介したバックダンサーと共にラスト2曲へ。「mr.BOY」ではファンのペンライトも高く掲げられ、掛け声のシーンも目立った。アンコール最後は「Rush!! for your heart! 」で会場はこの日最高のテンションに! 最後までキレのあるダンスと力強い歌声を披露した。曲が終わると“名古屋最高!”と伝え“R・U・S・H!we are Rush×300”と締めてステージを後にした。

8月26日に大阪、10月20日と1月4日に東京公演を控えているRush×300。衣装もまた今回とは違うということでファンとしては毎回見逃せない注目点でもある。今確実にファンを増やし続けている彼らに今後も注目していきたい。

TEXT:伊藤美咲
【セットリスト】

1.Opening Movie

2.Whyell

3.White Edge

<MC>

4.Rush for your mind ~soul of a tiger~

5.xxHolic Crazy Cat

< MC>

6.Invisible Monkey

7.Strike Eagle

8.Doggy man

<MC>

9.サヨナラ舞い散る

10.Before the down ~YOAKEMAE~

<MC>

11.灼熱 ~Despacito IGUANA~

12.T.O.P ~As King Cobra~

<ENCORE>

13.Red Siren

<MC>

14.mr.BOY

15.Rush!! for your heart!
【ライブ情報】
8月26日(日) 大阪・americamura FANJ twice

10月20日(土) 東京・渋谷WWW

<2019年>

1月04日(金) 東京・TOKYO DOME CITY HALL


音楽ニュースMUSIC NEWS

ORANGE RANGE主催『テレビズナイト』の最終出演者発表

ジャパニーズロック2019年2月16日

ORANGE RANGEの主催イベント『テレビズナイト019』の最終出演者が発表された。 4月13日に沖縄市コザ・ミュージックタウン音市場&音楽広場で行なわれる同イベント。今回の発表でJリーグクラブFC琉球の公式マスコットキャラクターのジン … 続きを読む

SOLEIL、2ndアルバム『SOLEIL is Alright』のアナログ化が決定

ニュース2019年2月16日

SOLEILの2ndアルバム『SOLEIL is Alright』が、3月20日にアナログ盤でリリースされることが決定した。 アルバム『SOLEIL is Alright』は、SOLEILのメンバーであるサリー久保田、中森泰弘の楽曲に加え、 … 続きを読む

忌野清志郎 Little Screaming Revueのパフォーマンスが映像化

ジャパニーズロック2019年2月16日

忌野清志郎が率いたバンド、忌野清志郎 Little Screaming Revueが1998年12月26日に赤坂BLITZで行なった伝説のパフォーマンスが、2019年4月24日にDVD、Blu-rayで初めて商品化される。 この作品は当時M … 続きを読む

『2月16日はなんの日』ストリートが生み出した天才画家キース・ヘリングの没後29年

洋楽2019年2月16日

 2月16日は80年代アメリカを代表する芸術家、キース・ヘリングの命日。ニューヨークの地下鉄駅構内に描いた“落書きアート”を起点に、ポップアートの巨匠へと飛躍を遂げた天才画家の生涯は、わずか31年というなんとも短いものだった。HIV感染者だ … 続きを読む

アイアン・メイデンの最新リマスター音源によるザ・スタジオ・コレクション・リマスタード第2弾、3月発売へ

洋楽2019年2月16日

英国が誇る重鎮ヘヴィ・メタル・バンド、アイアン・メイデンの全スタジオ・アルバム16作品を最新リマスター音源でリリースする<ザ・スタジオ・コレクション・リマスタード>の第2弾作品が、3月に海外リリースされることになった。  デジパックCDシリ … 続きを読む

page top