筋肉少女帯、デビュー30周年突入ライブで秋にオリジナルアルバムの発売を発表

2018年6月22日 / 15:00

6月21日 @Zepp DiverCity TOKYO photo by コザイリサ (okmusic UP's)

東京・Zepp DiverCity TOKYOにて、筋肉少女帯が〈筋肉少女帯デビュー30周年記念日スーパースペシャル・突入!〉と題した絢爛豪華なライヴを披露した。彼らのデビュー日である6月21日、お台場に集った気合い十分のオーディエンスは、筋少の30年間の道のりを振り返るとともに、輝かしい未来に向けて思いを新たにする一夜を過ごした。(なお、本公演の模様はニコ生で生中継された。)

午後7時を少し回った頃、SE「元祖高木ブー伝説」が響き渡り、客電が落ちると、祝祭の日を迎えた大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)が颯爽とステージに登場する。いつ観ても、この瞬間にはときめくものがある。熱気たっぷりの会場にまず火を付けたのは、「サンフランシスコ」。いきなりの名曲で観客の心を鷲づかみにした彼らは、続く「少年、グリグリメガネを拾う」で、フロアの温度をさらに引き上げる。記念すべき日にふさわしいお祭り騒ぎだ。

「今夜は筋肉少女帯デビュー30周年記念イヤー突入だぜ! どうかお祝いしてくださーい!」と観衆を扇動する大槻。彼の独特のMCは今宵も大爆発。爆笑エピソードの数々に、オーディエンスは終始笑顔だ。もちろん、痒いところに手が届くような、バラエティに富んだ楽曲群も魅力である。そして、それらを支える熟練の技は、そんじょそこらのバンドに真似のできるものではない。演奏技術、ショウの構成……どこをとっても、筋少は最上級のエンターテイナーだ。お馴染みの必殺曲「日本印度化計画」でフロアをひとつに束ねたり、「小さな恋のメロディ」でメイン・ヴォーカルを務めた橘高がソウルフルな歌声を聴かせたりと、序盤から見どころだらけである。

本編も中盤に差し掛かると、「イワンのばか」や「戦え!何を!?人生を!」といったアグレッシヴな楽曲で畳みかけ、この上なく観客を沸かせた彼ら。「再結成を受け止めてくれたオーディエンスのおかげで、未来の筋少があります!」と大槻が感謝の言葉を述べると、場内には感動的な空気が広がった。その後、「青ヒゲの兄弟の店」「サイコキラーズ・ラブ」「Guru最終形」といったしっとり系のナンバーで、極めてエモーショナルな匠の技をみせた場面にも、グッとくるものがあった。

「これでいいのだ」が賑やかに鳴り響き、ライヴもあっという間に終盤へと突入。「パリ・恋の都」と「踊るダメ人間」でオーディエンスが狂い咲いた後、「ディオネア・フューチャー」の妖しく華やかな音色がフロアを包み、本編は幕を閉じた。

ここまでですでにお腹いっぱいのセットリストだが、筋少の名曲の数々にもっと触れたいと願うファンの熱い声援に応えて、アンコールが披露される。再結成から約10年にわたりサポートを務める長谷川浩二(Dr)と、筋少と同じくデビュー30年目を迎えた三柴理(Pf)に感謝を述べた大槻は、「めでたい席ではあるけれど、これをこの場でやってこそ筋少」と「ノゾミ・カナエ・タマエ」を歌い始める。人の心の闇を歌ったこの曲のダークな情緒に、観衆は息を呑んでいた。そんな空気を切り裂くように、内田が「モコモコボンボン」を歌唱すると、アメリカン・ハード・ロッキンなムードが場内に広がっていく。最後の最後、筋少ド定番の「釈迦」が派手にぶちかまされると、Zepp DiverCityに集まった観客は夢見心地の表情を浮かべていた。「30周年・突入! 30周年・突破! その後も未来永劫、来世でもお会いしましょう!」とオーディエンスに向けて叫んだ大槻に、万雷の拍手が注がれていた。

なお、この祝宴の夜、うれしいニュースの数々が発表された。まず、2018年秋に筋肉少女帯メジャーデビュー30周年記念オリジナルNew Album『アウトサイダー・アート(仮)』の発売が決定。これに伴う〈メジャーデビュー30周年記念 オリジナルNew Album『アウトサイダー・アート(仮)』ツアー〉が11月から12月にかけて東名阪にて開催される。また、9月24日には、〈渋谷ストリーム開業イベント〉として、東京・渋谷ストリームホールでの公演も決定している。これらのイベントもどうぞお見逃しなく。

色彩豊かにスタートを切った筋肉少女帯の30周年イヤー、今後もスペシャルな日々が扉を開けて待っていることだろう。心の隙間に入り込むような筋少の妙技を、今一度その目で確かめてほしい。

text by 志村つくね

photo by コザイリサ

【セットリスト】

1. サンフランシスコ

2. 少年、グリグリメガネを拾う

3. 日本印度化計画

4. 小さな恋のメロディ(橘高歌唱)

5. パノラマ島失敗談

6. イワンのばか

7. 機械

8. 戦え!何を!?人生を!

9. 青ヒゲの兄弟の店

10. サイコキラーズ・ラブ

11. Guru最終形

12. これでいいのだ

13. パリ・恋の都

14. 踊るダメ人間

15. ディオネア・フューチャー

<ENCORE>

1. ノゾミ・カナエ・タマエ

2. モコモコボンボン(内田歌唱)

3. 釈迦
【ライブ情報】

『メジャーデビュー30周年記念 

オリジナルNew Album「アウトサイダー・アート(仮)」ツアー』

11月10日(土) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO

11月18日(日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO

11月23日 (金・祝) 東京・渋谷ストリームホール

12月09日(日) 東京・マイナビBLITZ 赤坂

『渋谷ストリーム開業記念イベント』

9月24日(月・祝) 渋谷ストリームホール


音楽ニュースMUSIC NEWS

BLUE ENCOUNT、11/21ツアーファイナル公演の模様をLINE LIVEにて生配信

J-POP2019年11月18日

 現在全国ツアー中のBLUE ENCOUNTが、ツアー最終日となる11月21日東京公演の様子を、LINE LIVEにて生配信することが分かった。  全国18か所22公演を巡る本ツアーは、今週のZepp Tokyo編でファイナルを迎える。今回 … 続きを読む

SpecialThanks、12月より4ヶ月連続配信リリース決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

通称“スペサン”ことSpecialThanksが11月18日、下北沢SHELTERにて開催した新体制初の東名阪ツアー『SpecialThanks TOUR 2019〜これからのスペサンの話をしよう〜』初日公演のMCにて、12月より4ヶ月連続 … 続きを読む

BLUE ENCOUNT、ツアー最終公演をLINE LIVEにて生配信決定

ジャパニーズロック2019年11月18日

BLUE ENCOUNTが現在展開中の全国ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR2019「B.E. with YOU」』の最終日となる11月21日の公演をLINE LIVEにて生配信することを発表した。 これは11月20日にリリースされ … 続きを読む

<インタビュー前編>小林直己が、映画『アースクエイクバード』から得たものとは

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。1980年代の東京を舞台とした本作は、日本人写真家の禎司と恋に落ちる外国人女性、ルーシーが三角関係に心乱され、やがて殺人事件にまで巻き込まれていくサスペンス・ … 続きを読む

<インタビュー後編>小林直己、表現者として「誰かの心に残りたい」

J-POP2019年11月18日

 Netflix映画『アースクエイクバード』が11月15日に独占配信が開始された。メインキャストとして出演する、小林直己に作品について話を訊いた前編に続き、本ページでは後編を公開。ここでは “ダンサー”である小林が “役者”として本作に対し … 続きを読む

page top