「尾崎豊と裕哉父子の音楽の伝承」音楽プロデューサー須藤晃が語る(インタビュー)

2018年6月18日 / 19:00

 尾崎裕哉初の単独フルオーケストラ公演が、自らの29歳の誕生日となる7月24日(東京公演)と8月12日(西宮公演)の二日間、開催される。指揮は欧州で活躍中の栁澤寿男、管弦楽は神奈川フィルハーモニー管弦楽団&日本センチュリー交響楽団がつとめる。

 音楽界注目の舞台では、裕哉のオリジナル作品に加え、父・尾崎豊の「I LOVE YOU」「OH MY LITTLE GIRL」をはじめとする名曲群も披露。尾崎豊作品の唯一の伝承者、尾崎裕哉がダイナミックな管弦楽の響きのなかで歌い上げる。尾崎豊のプロデューサーとして知られ、本公演の音楽監督を担う須藤晃が、父子の“宿命的な音楽の伝承”について語った。

「音楽の種子、蘇生する歌。」
須藤晃(プロデューサー・音楽監督)INTERVIEW

 2016年秋に催された『尾崎裕哉Premium Concert-「始まりの歌」-』と『尾崎裕哉 premium ensemble concert』のセットリストを再見していて、《27》という曲名に改めて眼が吸い込まれた。
「父親が26歳で死んだので…26を裕哉はすごく重要な齢と考えていたんだけど、今度の7月24日の公演当日(@東京芸術劇場)がちょうど誕生日ですので、尾崎裕哉は29歳になるんですね」
 須藤晃氏の言葉を聞いて合点がいった。言わずと知れた故・尾崎豊の音楽制作パートナーにして、本公演の音楽監督だ。
「つまり、最近の裕哉は“父親が生きなかった齢”を生きているんですね。花の中でも格別美しい花が枯れてしまって、25年以上が過ぎた。それでも神様って不思議なものでね…同じ種を持つ裕哉がまた花を咲かせる。尾崎さんを知らない世代も裕哉の存在に興味を惹かれて、今度は遡って父親にも興味を持つんだから不思議ですよね」
2歳で父を失くした裕哉には面影の記憶が微塵もない。が、容姿の相似よりも「共通する気品」と「仕草や口癖が似ている」と、須藤氏は語る。
「僕が熱心に話していると『あ、なるほど、なるほど』と応じるのが尾崎さんの口癖でね。彼の記憶もなく、真似しようもないのに裕哉の口癖が同じだったので驚いた…」
「裕哉が考えている以上に“尾崎豊”は日本人の心の中にいるんですね。もちろん、好きな人もいれば嫌いな人もいる。でも、“嫌い”というのは“好き”と同じことなんですよ、僕に言わせれば。要は全く関心のないという人はいない。伝統芸能のようなものなんですよ、尾崎豊というのは」
 東京芸術劇場と兵庫県立芸術文化センターで、尾崎裕哉が新たな海図を拡げる。尾崎印の帆を靡かせる、そのオリジナルな風の強度は、どんな響きで聴衆を揺らすだろうか。

interview&text:末次安里
協力:intoxicate

◎インタビュー全文掲載
http://billboard-cc.com/classics/hiroyaozaki2018/

◎須藤晃 すどうあきらプロフィール
音楽プロデューサー。富山県出身。東京大学文学部英文科卒。尾崎豊、村下孝蔵、玉置浩二、石崎ひゅーいらの制作パートナーであり、富山オーバード・ホール芸術監督を務めている。

◎公演概要
【尾崎裕哉 HIROYA OZAKI Premium Symphonic Concert 2018】

出演:尾崎裕哉
指揮:栁澤寿男
管弦楽:神奈川フィルハーモニー管弦楽団(東京)、日本センチュリー交響楽団(西宮)
音楽監督:須藤晃

チケット:6,500円 ペアチケット12,000円(税込・全席指定)
※特製プログラム付 
※未就学児童入場不可

〈演奏曲全曲決定〉
尾崎裕哉オリジナル「Glory Days」、 「始まりの街」、「君と見た通り雨」、「音楽が終わる頃」、「サムデイ・スマイル」、「想像の向こう」、「Moonlight」、「27」
尾崎豊作品「Forget-me-not」、「I LOVE YOU」、「僕が僕であるために」、「ダンスホール」、 「優しい陽射し」、「OH MY LITTLE GIRL」ほか

〈公演日程〉
【東京】2018年7月24日(火)  19:00開演
東京芸術劇場 コンサートホール(池袋駅西口より徒歩2分)
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
【西宮】2018年8月12日(日)  15:00開演
兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール(阪急神戸線 西宮北口駅直結徒歩2分)
お問い合わせ:YUMEBANCHI 06-6341-3525 (平日11:00~19:00)

〈チケット取り扱い〉
【東京公演】
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:118-156) http://t.pia.jp/
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:76128) http://l-tike.com/
イープラス http://eplus.jp/bc-oh/
楽天チケット https://ticket.rakuten.co.jp/
Yahoo!チケット https://ticket.yahoo.co.jp
キョードー東京 0570-550-799 http://www.kyodotokyo.com/
東京藝術劇場ボックスオフィス 0570-010-296 http://www.geigeki.jp/ti/

【西宮公演】
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:118-057) http://w.pia.jp/t/bc-hiroya/
ローソンチケット 0570-084-005 (Lコード:55454) http://l-tike.com/bbc-ozaki
イープラス http://eplus.jp/bc-oh/
CNプレイガイド 0570-08-9999 http://www.cnplayguide.com/ozaki/
楽天チケット http://r-t.jp/ozaki_h
Yahoo!チケット http://r.y-tickets.jp/ozakihiroya1802
芸術文化センターチケットオフィス 
0798-68-0255 (10:00~17:00 月曜休み、祝日の場合翌日休み)

◎URL
http://billboard-cc.com/classics/hiroyaozaki2018/


音楽ニュースMUSIC NEWS

椎名林檎、デビュー20周年イヤーの全国ホールツアーをWOWOWにて独占放送

ニュース2018年7月20日

今年デビュー20周年を迎えた椎名林檎。トリビュートアルバムの発売、サブスクリプション配信サービスの解禁、そして今秋の「椎名林檎 (生)林檎博’18 -不惑の余裕-」の開催決定と、アニバーサリーを彩るトピックが目白押しである。 そ … 続きを読む

NICO Touches the Walls、新作EPのBonus Discに収録されるアコースティックティザー公開

ジャパニーズロック2018年7月20日

NICO Touches the Wallsが7月25日にリリースするEP『TWISTER -EP-』のボーナスディスクに収録されるアコースティックティザーが公開となった。 今作は2017年12月にリリースされた前作『OYSTER -EP- … 続きを読む

絶頂期のジョニー・ウィンターの凄さが味わえるジョニー・ウィンター・アンドの『ライヴ』

ニュース2018年7月20日

7月16日、ジョニー・ウィンターの4回忌を迎えた。長期間にわたってブルースとロックを行き来して活動していた彼のようなアーティストは数多くのアルバムをリリースしているので、「名前は知っているけど何から聴けばよいのか…」と、若い人にはなかなか難 … 続きを読む

男女3ピースバンドank、渾身のミニアルバム『たまんない人生だった』完成

ジャパニーズロック2018年7月20日

神奈川・関東を中心に活動する男女3ピースバンドのankが、前作『そこには思いっきり愛があるからな』から約1年3か月ぶりとなる新作ミニアルバムのリリースを発表した。今作『たまんない人生だった』には、歌ものからメロディックまでジャンルの殻を破っ … 続きを読む

EXILE、ドキュメンタリー映画も収録したアルバム『STAR OF WISH』のティザー映像を解禁

ニュース2018年7月20日

EXILEが7月25日にリリースする3年ぶりのオリジナルアルバム『STAR OF WISH』のティザー映像が公開された。 公開となったティザー映像は、3年ぶりというだけあって非常に豪華な収録内容となったアルバムを完全網羅した仕上がりに。日清 … 続きを読む

page top