内田彩「新しいハッピーを探しに行きたい」 ツアー初日パシフィコ横浜公演レポート到着

2018年6月18日 / 12:05

 内田彩が、自身二度目となるライブツアー【内田彩 LIVE TOUR 2018 ~So Happy!!!!!~】の初日公演を6月16日 パシフィコ横浜にて開催した。

 今回のライブでは7月18日発売されるコンプリートアルバム『AYA UCHIDA Complete Box ~50 Songs~』に収録され、7月よりスタート予定のTVアニメ『百錬の覇王と聖約の戦乙女』のオープニングテーマとなる「Bright way」を初披露した。

 冒頭、バンドメンバーの演奏が観客の高揚感を徐々に高めていくとステージ後方の扉が開き、内田彩が登場。大きな歓声を受けての1曲目は、最新曲の「So Happy」。一瞬でハッピーになれるEDMナンバーに心も体も踊らせていると、間奏で「私とじゃんけんしません?」と、突然ファンとのやり取り。彼女らしい予測できないスタートだ。「Holiday」でコール&レスポンスも楽しむと、続く「アップルミント」ではファンの熱気も最高潮に。大きな声が会場に響き渡っていた。

 “「So Happy」は地元の群馬を題材にしたTVアニメ『お前はまだグンマを知らない』のテーマ曲なんだけど、今日、ぐんまちゃんも見に来てくれると言ってたのにいないのよ”と、ぐんまちゃんを探し始める。するとおもむろにイントロが流れ始め、まるでミュージカルのような流れで「泣きべそパンダはどこへ行った」へ繋がっていく。〈パンダ〉と歌うところを〈ぐんまちゃん〉に替え、途中、パンダではなくぐんまちゃんのパペットを登場させて歌う。でも本物のぐんまちゃんはまだいないから自転車で探しに行かなくちゃと「いざゆけ!ペガサス号」を披露。ライブの定番曲を、今回のライブのストーリーにうまく組み込み新鮮に届けてしまうのも、エンターテイナーらしい彼女の仕掛けだ。

 その後はステージ狭しと左右に駆け回り、会場をいろんな色に染め上げながら「Go! My Cruising!」「Merry Go」「ピンク・マゼンダ」と立て続けに歌い盛り上げていく。一気に5曲歌い切ったあと、“ここまで、旅をしているような楽曲をお届けしてきました。今回は幸せなツアーにしようと思ったんだけど、これだけ曲が多いとセットリストを考えるのが大変! いい曲がいっぱいあるんだけど、みんながSo Happyになれる曲があればいいなって思います。いつもライブではしゃいでも、急に替え歌しても、ついてきてくれるみんながすごく大好きです。そんなみんなに向けた曲です”と語り、心を込めて歌った「Close to you」。会場もムーディでおしゃれなサウンドに揺れながら聴き入っていた。

 赤いチェックの衣装をまとっての後半。「What you want!」「with you」「Yellow Sweet」で、みんなと声を出しクラップをしながら楽しむと、EDMサウンドからロックサウンドへと移行していく。いい曲がいっぱいあると語っていたが、それをあらためて実感する。「カレイドスコープロンド」「Like a Bird」「キリステロ」は、激しいロックサウンドだけあって、観客も全力の声で応える。そんなみんなの大合唱に圧倒されたのか、MCでは、“会場が一体となって、すごく私が負けた感じがして悔しいんですけど(笑)。ここからみんなに、いっぱい歌で返していきたいと思います! ラストスパートも盛り上がっていきましょう!”と言うと、「Blooming!」「SUMILE SMILE」ではさらに会場を煽り、笑顔でステージを駆け回る。みんなと思う存分幸せを共有したあと、“みんなと歌うことが楽しくて、ぐんまちゃんをすっかり探すのを忘れてたの! だから一緒に旅に出ようね”と「Sweet Little Journey」を歌って、旅の始まりであるツアー初日の本編を締めくくる。

 アンコールでは、7月からスタートするTVアニメで、内田彩自身も志百家美月役で出演する『百錬の覇王と聖約の戦乙女』のオープニングテーマとなる新曲「Bright way」を初披露。作品の世界観に寄り沿った激しくカッコいいロックナンバーで再び会場を熱くすると、持てる力をすべて出し切れる曲「Breezin’」、そしてラストは「Say Goodbye,Say Hello」で笑顔でお別れをする。ただ、まだツアーは初日を終えたばかり。“これから全国を廻って、その地その地の新しいハッピーを探しに行きたいと思います!”と笑顔で語っていたが、この日見つからなかったぐんまちゃんを探す旅ももちろん続く。

◎ツアー情報
【AYA UCHIDA LIVE TOUR 2018 ~So Happy!!!!!~】
6月16日(土)パシフィコ横浜国立大ホール ※終了
7月8日(日)Zepp Nagoya
7月15日(日)Zepp Osaka Bayside
7月29日(日)福岡DRUM LOGOS
8月12日(日)群馬県民会館 ベイシアホール

◎リリース情報
『AYA UCHIDA Complete Box ~50 Songs~』
2018/7/18 RELEASE
<初回限定盤(CD+BD)>
 9,074円(tax out)
<通常盤(CD)>
 5,000円(tax out)
https://aya-uchida.net/


音楽ニュースMUSIC NEWS

BTS&ホールジー、コラボ曲「Boy With Luv」が米レコード協会によりプラチナ認定

洋楽2019年6月25日

 今年4月に発表されたBTSとホールジーのコラボ曲「Boy With Luv」が、米レコード協会(RIAA)によりプラチナ認定された。  「Boy With Luv」は、アメリカで100万イクィヴァレント(相当)・ソング・ユニットを記録した … 続きを読む

『6月25日はなんの日?』“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソン 没後10年

洋楽2019年6月25日

 6月25日はマイケル・ジャクソンの10回目の命日。  2009年6月25日、50歳という若さで突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。ポップス史上最高のアーティストであり、米ビルボードチャート史にも数々の偉大な記録を打ち立てた“キング・オ … 続きを読む

Hilcrhyme、フィーチャリングに仲宗根泉(HY)迎えドラマ主題歌を担当

J-POP2019年6月25日

 Hilcrhymeが、2019年7月4日スタートの読売テレビ・日本テレビ系 プラチナイト木曜ドラマF『わたし旦那をシェアしてた』の主題歌を担当する。  このドラマは、女たちが騙し合い、励まし合い、幸せを掴みとろうとする、パワフルなシングル … 続きを読む

浅葱、単独公演『京都炎上編』のサポートメンバー解禁

ジャパニーズロック2019年6月25日

ソロアーティストとして圧倒的な世界観と表現力でシーンに衝撃を与えているDのヴォーカリスト、浅葱(ASAGI)が9月22日(日)に京都MUSEにて開催する単独公演『妖狐の嫁入り~京都炎上編~』のチケット詳細、及びサポートメンバーが発表された。 … 続きを読む

和楽器バンド、本格的な海外進出へ向けユニバーサルミュージックに移籍

J-POP2019年6月24日

 和楽器バンドが、ユニバーサルミュージックへの移籍を発表した。  2014年4月にアルバム『ボカロ三昧』でデビューし、翌年に発売した2ndアルバム『八奏絵巻』で、第57回「輝く! 日本レコード大賞 企画賞」を、2018年には5thアルバム『 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top