クリエイターオーディション番組『活かす!作家てんごく』放送開始

2018年6月13日 / 20:00

つるの剛士、脚本家・放送作家 坪田塁、専属作家 太田 晴之 (okmusic UP's)

スターダストレコーズがSHOWROOMとタッグを組んだクリエイターオーディション番組『活かす!作家てんごく』を6月12日(火)に初回配信した。本番組は、作詞家、作曲家、アレンジャーを目指す未来の卵たちを発掘・育成していくプロジェクトで、これまでに専属作家が2名誕生。専属作家は早速デビューを果たし、スティーブン・スピルバーグ監督『レディ・プレイヤー1』で注目を浴びた森崎ウィン擁するPrizmaXをはじめ、様々なアーティストへの楽曲プロデュースを行なっている。

番組MCは自身も作詞家としてデビューし、今や各局バラエティー番組で引っぱりだこの脚本家/放送作家の坪田塁。そして、初回ゲストはCDリリースなどアーティストとしても活躍中のつるの剛士だった。MC坪田とは旧知の仲であるつるの剛士が、番組では決め台詞を連発! “企画のキカク”コーナーではどんな作家がいたら面白いかをみんなで真剣に考え、“穴埋め川柳”ゲームでは珍回答も!? 『活かす!作家てんごく』HPにも映像が再度アップされる予定なので、そちらも要チェックだ。隔週火曜日22:00〜22:45放送で、次回放送は6月26日(火)となる。

今回のオーディションは、自信のある自作曲を応募すればOK! 歌詞だけの応募ももちろん受け付けているので、気になった方はオーディションHPをチェックしてほしい。募集は8月31日(金)までとなっているので、このチャンスにぜひトライしてみてはいかがだろうか。
■『活かす!作家てんごく』クリエイターオーディション ※応募はこちらから

http://stardustrecords.jp/ikasu/
【コメント】

■ピエール中野(凛として時雨) コメント

「クリエイターは宝のような存在なので、その才能とスキルは

どんどん世に出していくべきだと考えています。この番組が

そのひとつのきっかけになれば良いですね。バイブス高めに応援してます!」

■坪田塁(MC) コメント

「新たな才能を発掘する番組ということで、なかなかに責任重大です。

それでも人と人とのつながりを大切にしながら、刺激を受けつつ

楽しんでやっていきたいと思っています。ぜひ一緒に盛り上げてんごく!」
SHOWROOM番組『活かす!作家てんごく』
隔週火曜日 22:00〜22:45放送

※次回放送:6月26日(火)

https://www.showroom-live.com/ikasu


音楽ニュースMUSIC NEWS

SWANKY DANK新曲、スマホゲーム『シンエンレジスト』主題歌に決定

J-POP2018年6月19日

 SWANKY DANKの新曲「REVERSAL」が、スマートフォンゲーム『シンエンレジスト』の主題歌に決定、オープニング映像が公開された(https://youtu.be/8cN-Nj6DszQ)。  『シンエンレジスト』はディストピアで … 続きを読む

パニック!アット・ザ・ディスコ、新曲「King of the Clouds」を公開

洋楽2018年6月19日

 6枚目のスタジオ・アルバム『Pray for the Wicked』のリリースが迫る中、パニック!アット・ザ・ディスコが新曲「King of the Clouds」をApple Musicの『Zane Lowe on Beats 1』で公 … 続きを読む

ディプロ、故XXXTentacionを追悼

洋楽2018年6月19日

 2018年6月18日に20歳で急逝した故XXXTentacionの早すぎる死を悼む声が相次いでいるが、ディプロもその一人で、インスタグラムに長い追悼文を投稿している。  彼は、「(XXXTentacionは)天才だった。真のアーティストだ … 続きを読む

それでも世界が続くなら、活動中止前ラストAL発表&全曲ティザー映像公開

J-POP2018年6月19日

 それでも世界が続くならが、活動中止前ラストアルバムとなる3rdミニアルバムのリリースを発表、同時にアルバム先行全曲ティザー映像を公開した(https://youtu.be/9M1OL3qH0iE)。  発表されたアルバムのタイトルは、バン … 続きを読む

大塚 愛、本人も登壇のライブ映像上映会シアターツアー開幕

J-POP2018年6月19日

 大塚 愛のライブ映像上映会シアターツアー【LOVE HONEY THEATER TOUR ~映画館でえーがな!~】が、2018年6月16日に開幕した。  全国5都市で開催されるシアターツアーでは、最新ライブツアー【LOVE HONEY T … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top