<ライブレポート>日食なつこ、クラブツアー【クラブ・イクリプス2】大阪公演のライブレポートが到着 

2018年6月13日 / 18:00

 6月9日、大阪・ビルボードライブ大阪にて日食なつこによる【クラブ・イクリプス2】が開催された。これまでにライブハウスやホール、カフェや寺など様々なステージを経験してきた彼女。今年は例年よりも数多くのステージ本数を重ねるなか、会場限定シングル「空中裁判」をリリースするなど、いつも以上に気合の入ったツアーとなった今回。ツアー千秋楽、“ロックの日”にふさわしい大阪公演の中から1stステージの模様をお伝えしたい。

 黒のゆったりとしたワンピースを身に纏い、SEもなく颯爽とステージに姿を現した彼女は軽くお辞儀をすると、会場の空気を整えるでもなく、すぐさま1曲目「foreseer」へ。初めての会場でもいつものスタイルを崩すことなく、瞬時に自らの世界へ入りこんでいく。自身の世界観へオーディエンスを引き込むのではなく、“この世界を感じたいなら入ってこい”とでも言っているかのような、入り口が広いのか狭いのか一瞬戸惑ってしまう独特の空気感は彼女ならではのもの。曲終わり、力強く「ありがとう」とひと言だけ伝えると、次曲「タイヨウモルフォ」へ。実在する蝶の名前を借りたという新曲だが、色鮮やかな生物に瞬間的な鮮やかや強さを見出した楽曲は時間が進むにつれ開放感が増し、楽曲が持つ色彩はより明るさを増していく。

 「ロックの日に集まってくれてありがとう。(ビルボードライブ大阪に)初めて足を踏み入れることができました。いつもとは違うステージは色んな緊張感があると思う。ドキドキを抱えているのは我々も一緒。全力で楽しんでいくつもり、臆することなく全力で向かってきてください。今日一日を楽しんで」と、特別な一夜を共に楽しもうと言葉を投げかけ「ヒューマン」へ。グランドピアノで悠々と歌いあげる、普段のステージでは観ることのできない凛とした横顔や後ろ姿は印象的で、ぐっと深みを増した歌声にじっと聴き惚れてしまう。音響設備の整ったステージでは彼女が漏らす息やマイクから少し顔をそらして歌うその瞬間の声さえもしっかりと聴き取ることができ、聴き慣れた曲もいつもとは違った表情で感じとることができる。

 「もう楽しいです。私の夢に付きあってくれてありがとう。カフェツアーとは違うコンセプトで規模も違うことをやっていきたい! 今日は一人じゃない、Wロンゲ体制で送りたい」とドラマー・komakiをステージに呼び込み、バンド体制で「雨雲と太陽」へ。ドラムが入ることで楽曲はより骨太になり、心臓を強く叩きだすリズムにオーディエンスの体も大きく揺れ動く。ロックシーンだけでなくジャズ畑でも経験のあるkomakiだからこそか、日食なつこの歌とピアノの音を“支える”のではなく“高める”プレイで曲が持つ強度をより確かなものにしていく。街の喧騒をSEに流したあとに続く「大停電」、2人が描きだす世界観は楽曲が進むにつれより濃厚に密度を高め、ラグジュアリーなクラブの空気がいつの間にか全く違う異空間にいるような錯覚さえ覚えてしまう。華奢な彼女の体の内から、どうしてこうも野性的かつ肉感的な歌声が生み出されるのか…。ライブハウスとは違いより直感的に音を感じることのできる空間のなか、感情がぐっと惹きこまれてしまう瞬間に幾度となく出会い、その度に彼女の歌声、世界観、詞世界に改めて惚れ込んでいる自分がいることに気付く。

 そしてライブ終盤、この日会場限定で販売された新作「空中裁判」について、「『空中裁判』にはストーリ-がある。ある罪を犯した男が逃げようとしている、それがどんな罪か考えてほしい。ストーリーとは相反する明るく元気な曲。曲の真相をボカしながらツアーを続けているし、komakiもそのストーリーを知らない。ツアーが終わればその真相がわかるはず」と、なんとも意味深な思いを語る。疾走感あるメロとタイトなリズム、突き抜けるように爽やかな楽曲に会場の熱がぐっと高まる。そして、「ここまで来たら行くしかないでしょ!」と、「水流のロック」からラストスパートへ! より芯を太く、肉感的に攻め込んでいく音に歓喜も歓喜の声を上げる。

 「去年から今年にかけて色んな種類のライブをしている。自分の居場所はどこ?と思うこともあるけれど、自分の居場所を作ることなく流れていくんだろう。そして、途方もない旅の途中でみんなと出会っていくんだろう」と、これからも音を奏でる旅を続けていくことを誓い、アンコール「Fly-by」で全11曲のステージが幕を閉じた。

 今回のクラブツアーの終了直後、早くも次のツアーが発表された。ドラマーkomakiをサポートに招き、ピアノドラムのスタイルでゲストを迎え打つツーマンツアー「炎上交際2」を10月に開催。さらに、本日からiTunesほか主要音楽配信サイトにて「空中裁判」収録曲の配信がスタートしている。休むことなく次々に新しい挑戦を続ける彼女、次のステージで一体どんな音を奏でるのか。また次も、彼女が歩み続ける旅の片りんを覗いてみたい。

Photo by Kenju Uyama
Text by 黒田奈保子

◎公演情報
【日食なつこ クラブ・イクリプス2】
ビルボードライブ大阪
2018年6月9日(土)※終了
詳細:http://www.billboard-live.com/

◎ツアー情報
【日食なつこツーマンツアー「炎上交際2」】
10月05日(金)東京・キネマ倶楽部
10月12日(金)名古屋・SPADE BOX
10月19日(金)大阪・心斎橋JANUS
※対バン相手は後日発表


音楽ニュースMUSIC NEWS

乃木坂46、西野七瀬の幸せな人生を「帰り道は遠回りしたくなる」MVで描く

J-POP2018年10月18日

 乃木坂46が、2018年11月14日に発売となるニュー・シングル「帰り道は遠回りしたくなる」のミュージックビデオを公開した(https://youtu.be/s1cgEj5JowM)。  2018年9月中旬に栃木県・群馬県、及び都内のスタ … 続きを読む

北欧メタルの重鎮、プリティ・メイズの初期名作4枚が世界初のリマスター盤で復刻

洋楽2018年10月18日

1992年の4thアルバム『シン・ディケイド』に収録された、ジョン・サイクス&フィル・ライノットのカヴァー「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」が日本のFMラジオで大ヒット。HR/HMの枠を超え人気を博したデンマーク発メロディック・メタルの草分 … 続きを読む

斉藤和義、11/28にニューSGとツアーのライブ作品を同時リリース

J-POP2018年10月18日

 斉藤和義が、通算47枚目のシングル『カラー』と【Toys Blood Music】ツアーのライブ作品を11月28日に同時リリースすることが明らかとなり、最新ジャケットアートワークが公開となった。  『カラー』の表題曲は、ライブでのみパフォ … 続きを読む

ビルボード・アルゼンチン“Hot 100”の提供開始 初No.1はベッキー・G&パウロ・ロンドラ

洋楽2018年10月18日

 ビルボード・アルゼンチン(ビルボードAR)が新たに国内ソング・チャートの提供を開始し、同国初の“Hot 100”ランキングが発表された。  ビルボードARのHot 100では、国内のストリーミング(YouTube/Spotify/Appl … 続きを読む

今最注目のK-POPボーイズグループ、SF9がSBY渋谷109店でカフェコラボ

J-POP2018年10月18日

10月31日にJapan第4弾シングル「Now or Never」をリリースする注目の9人組韓国ダンスボーイズグループ、SF9(エスエフナイン)が、10月22日からSBY渋谷109店でカフェコラボを実施することが明らかになった。  『情報発 … 続きを読む

page top