西城秀樹の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』、東名阪Zeppで大音量上映!

2018年6月13日 / 15:45

『二十歳のヤングマン!西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのライヴハウス上映@Zepp東名阪』 (okmusic UP's)

時代を超えた名曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」をはじめ、「傷だらけのローラ」「ギャランドゥ」「情熱の嵐」「ブルースカイ ブルー」「激しい恋」「ブーメランストリート」「愛の十字架」など、人々の記憶に残る名曲の数々を歌ってきた永遠のスーパースター・西城秀樹。しかし5月16日深夜、惜しまれながらも63年の生涯に幕を閉じた。

それから遡ること43年前、20歳になったばかりの西城秀樹の情熱あふれるステージを3カ月余りにわたって追い続けた、西城秀樹初の映画『ブロウアップ ヒデキ』(1975年10月公開作品)を、7月17日(火)にZepp DiverCity(東京)、Zepp Nagoya(愛知)、Zepp Namba(大阪)の3カ所にて再上映されることが決定! ライヴハウスZeppのPA音響システムを駆使し、ライヴ級の音圧と巨大画面で魅せる『110107eiga』にて、昭和が生んだ伝説のスーパーノヴァ“西城秀樹”の情熱1000%ライヴを疑似体験することができる。

映画には1975年7月20日から8月24日まで、全国15か所31回の公演を行なった『西城秀樹・全国縦断サマー・フェスティバル』の模様を収録。前年にリリースした「傷だらけのローラ」のビックバンで一躍大スターとなった“ヒデキ”の、熱気あふれるステージを記録した貴重な映像だ。1975年7月20日、富士山麓の特設野外ステージを皮切りに、西城秀樹初の全国縦断ツアーはスタート。札幌、秋田、盛岡、仙台、広島など、日本各地を回ったその踏破距離はおよそ5,000キロにも及ぶという。そして最終日の8月24日、大阪球場のマンモススタンドを大観衆で埋め尽くしたエンディングフェスティバルまでを完全収録している。

趣向を凝らした大胆なショー構成、巨大なスピーカーボックスから響きわたるサウンドと、キレのあるパフォーマンスで観客を魅了するヒデキの姿を10台の劇場用カメラでフィルムに捉えた。製作スタッフ約400名、製作日数95日、フィルム使用料10万フィート(18時間30分)という当時では特大規模のプロジェクト。ステージパフォーマンスだけでなく、旅の合間に1日設けられたオフに沖縄の砂浜で夏を楽しむ姿も観ることができる。

さらに、ステージを降りて1人の青年に戻ったヒデキが、ためらいながらも自分の言葉で青春や愛を語るインタビューも記録。元のフィルムより最新の技術を駆使し、画と音を“レストア&リマスタリング”した綺麗な映像と驚愕の音質で蘇る。

本作を通してヒデキのドラマを知ることで、あの時の情熱や輝きを感じてほしい。映画館ではない場所で特別に上映許諾されたライヴハウスZeppでの上映なので、これが見納め上映となる。数々の伝説のライヴを行ない、ライヴと共に生きてきた20歳の秀樹を描いた作品なだけに、45年前に発売されたシングル「情熱の嵐」で心の底から“ヒデキ!”と叫ぶには、ライヴハウスZeppは打ってつけの場所ではないだろうか。チケット先行受付は6月13日(水)13:00よりスタートしているので、この機会をお見逃しなく!

(c)1975松竹株式会社
『二十歳のヤングマン!西城秀樹43年前のドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』この日限りのライヴハウス上映@Zepp東名阪』
7月17日(火)開場14:30 開映15:00

会場:Zepp DiverCity(東京)、Zepp Nagoya(愛知)、Zepp Namba(大阪)

<チケット>

1.プレミアム・エリア・シート(全席指定)

2.一般自由席

※1975年/日本/87分/16×9 LBシネスコサイズ/カラー

※税込/ドリンク代別

■6月13日(水)13:00~チケットぴあにて先行受付開始!

・前売券

1.プレミアム・エリア・シート(全席指定)¥4,000(税込)

2.一般自由席¥3,000(税込)

・当日券

1.プレミアム・エリア・シート(全席指定)¥4,500(税込)

2.一般自由席¥3,500(税込)

※ご入場時に、別途ワンドリンク+¥500をいただきます。

※プレミアム・エリア・シート:会場中・後方の座席で、より快適に作品をご鑑賞いただけるエリアになります。

■プレリザーブ(抽選)

6月13日(水)13:00~6月25日(月)23:59

・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/hideki-to/

・Pコード:558-535(東京・大阪共通)

・電話受付(自動音声)0570-02-9999

・Pコード:599-746(東京)/599-747(大阪)/599-852(名古屋)

■一般販売(先着)

6月29日(金)15:00~7月16日(月)23:59

・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/hideki-to/

・Pコード:558-535(東京・大阪共通)

・電話受付(自動音声) 調整中

・イープラス ※一般自由席のみ http://eplus.jp/zepphideki/

・ローソンチケット ※一般自由席 http://l-tike.com/zepphideki/

※各社プレイガイドによって終了時間が異なります。

※いずれも一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。

■当日券(先着)

7月17日(火)~時間未定

※一般発売終了後残席のある場合のみの販売となります。

※各会場のチケットカウンターでも販売いたします。

※チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットでも販売いたします。


音楽ニュースMUSIC NEWS

サイダーガール、大きなシンガロングが会場に響いたワンマンツアーの最終公演をレポート

ジャパニーズロック2019年3月25日

サイダーガール史上最大規模、かつ初となるワンマンツアー『サイダーガールTOUR2019 サイダーのゆくえ -SPACESHIP IN MY CIDER-』が、3月24日Zepp DiverCity Tokyoでファイナルを迎えた。 炭酸の泡 … 続きを読む

sumika、アルバム『Chime』から“家族”をテーマに歌った「Familia」のMV公開

ジャパニーズロック2019年3月25日

sumikaが3月13日にリリースしたニューアルバム『Chime』より、「Familia」のMVを公開した。 「Familia」はアルバムの最後に収録されている“家族”をテーマに歌った楽曲。自分の意思で家庭や家族を作っていく、“住処R … 続きを読む

DESURABBITS、ファンとの絆の深さを提示した1年振りのワンマンライブをレポート

ニュース2019年3月25日

DESURABBITSが、2019年に入って掲げた“兎革命”。その第一弾として行なわれたのが、対照的な両A面シングル「卒業少女‐未来絵‐/でも、逃げんな」を引っ提げた、3月23日(土)渋谷CYCLONEでの1年振りとなるワンマン公演『DES … 続きを読む

THE YELLOW MONKEY、アリーナツアー追加公演&映画『オトトキ』復活上映を発表

ジャパニーズロック2019年3月25日

THE YELLOW MONKEYが、4月から開催する全国アリーナツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 –GRATEFUL SPOONFUL-』の追加公演を発表した。 今回発表されたのは、8 … 続きを読む

桜の開花を祝って、春うた名曲カバー5選

ジャパニーズロック2019年3月25日

いよいよ桜の開花宣言が各地で出始めた今日この頃。気温も上がってきて、暖房を使わないで大丈夫になってくると、“あ〜、春が来たなぁ”とか思いながら、調子がパシッと戻ってきたりするものです。花粉症もあと少しの辛抱。どうにか乗り切りましょう。という … 続きを読む

page top