安室奈美恵、最後の全国ツアーが終演 80万人を動員した本ツアーの映像作品もリリース決定

2018年6月4日 / 09:51

 安室奈美恵が、引退前最後となる全国ツアーを終えた。

 開演前、集まったファンからは絶えない奈美恵コール。会場が暗転すると、場内は悲鳴ともとれる大歓声が巻き起こった。炎を持った演者がステージに登場し、聖火台に火を灯す壮大な演出から、近年最大のヒット曲「Hero」が披露される。

 大ヒットしたアルバムのリードナンバーでもある「Hide & Seek」「Do Me More」やドラマ主題歌「Mint」等、ダンスナンバーが続く。キュートなピンクのワンショルダーミニワンピで披露したのは、これも安室奈美恵を語る上で欠かせない「Baby Don’t Cry」や「NEW LOOK」だ。

 昨年TBS系ドラマ『監獄のお姫さま』主題歌として話題となった「Showtime」で更に会場のボルテージが上がると、続けざまに数々の代表曲を魅せる。「SWEET 19 BLUES」「Love Story」は、年代は異なるものの彼女のバラードの中では誰もが納得する大ヒット曲となり、会場に集まった5万2千人による大合唱となった。

 ライブ中盤、95年に発売した「TRY ME ~私を信じて~」のイントロが流れると、待ち望んだかのような歓声が上がる。続く「太陽のSEASON」や、サービスモニターに映る1997年と2012年のライブ映像とシンクロするというパフォーマンスを披露した「a walk in the park」、ステージの端から端まで約70mを走りきった後に即座に歌い出す「Chase the Chance」、今聞いても新しい楽曲と、当時より更に研ぎ澄まされたパフォーマンスからは、安室奈美恵のアーティストとしての長い歴史と、アスリートさながらの驚異的な才能を見せつけられた。

 「CAN YOU CELEBRATE?」では、純白のドレスで登場した彼女に向けて会場内の視線は1点に集中、今までの熱狂が嘘のように静まり返ったドームに、日本を代表する名曲が響く。本篇ラストに披露された「Do It For Love」では、「騒げ!東京!」と会場を盛り上げ、直後には「25 THANK YOU I(ハート)FAN」と書かれた巨大なセットがせり上がる。言葉を発しない安室奈美恵らしい、ファンへのメッセージの表現だ。

 アンコールでは、ワンピースの世界に安室奈美恵が紛れ込んだかのようなコラボムービーがスクリーンに映し出され、フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』主題歌の「Hope」を歌唱。

 残り2曲は、彼女の最後の音楽作品となったオールタイムベスト『Finally』の最後のトラックに収録された「Finally」と、16年ぶりに再タッグを組んだ“小室哲哉”楽曲提供による「How do you feel now?」で締めくくられた。

 270万票以上があつまったファン投票で選ばれたナンバーと、最新曲6曲から構成される全30曲。約2時間45分はあっという間に終演した。

 今年9月16日に引退する安室奈美恵。今年2月の名古屋ドームから始まった全国5大ドームツアー【namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~】は、6月のファイナル公演まで国内17公演で約75万人を動員。同時期に開催されたアジアツアー(中国、香港、台湾)を含めると約80万人を動員し、ソロアーティスト史上最多動員数となった。また、このプレミアチケットへの応募数も、約510万という驚異的な数字を叩き出した。

 ライブ終了後には、このラストツアーを収録したライブ映像作品(DVD/Blu-ray)の発売も発表された。その内容はまさに“豪華盤”とも言える内容で、「東京ドーム最終公演」を収録するだけでなく、昨年沖縄で開催された「25周年沖縄ライブ」を収録し、さらにラストドームツアー5会場(名古屋/福岡/札幌/大阪/東京※5月)の「それぞれのドーム公演」を選ぶことが出来るという。

 初回盤には、アンコールを彩ったワンピースとのコラボ映像と、コンサートのラストを飾った「How do you feel now?」がマルチアングルで収録されている点も、さらにこの映像作品が“完全収録”されたものである証だろう。

 最後のMCでは、「25年間を思い出」と語り、終始ファンとスタッフへの感謝が溢れていた。「最後は笑顔で、みんな元気でねー!バイバーイ」とステージを後にした安室奈美恵。数々の記録を打ち立てた彼女だが、このラストツアーは、全てを凌駕する「25周年集大成となる安室奈美恵のベストツアー」だ。

◎公演情報
【namie amuro Tour Final 2018 ~Finally~】
2018年6月2日(土)、3日(日)
東京・東京ドーム


音楽ニュースMUSIC NEWS

Shin Sakiura、東名阪ライブツアー中止に伴い、スタジオライブの生配信が決定

J-POP2020年4月3日

 東京を拠点にプロデューサー/ギタリストとして活躍するShin Sakiuraの3rdアルバム『NOTE』のリリースを記念しスタジオライブの生配信を行うことが決定した。    今回のライブ配信は『NOTE』リリースライブツアーが新型コロナウ … 続きを読む

4月に行われるライブ配信&公開中のライブ映像アーカイブまとめ

J-POP2020年4月3日

 4月に行われるライブ配信と、現在公開中のライブ映像アーカイブのまとめです(随時更新)。 ■THE STRUTS『SUMMER SONIC 2019 Replay:“Stay-in and Watch” Roll 2』4月4日(土)12:0 … 続きを読む

西川貴教+ASCA、ロックなコラボ曲「天秤-Libra-」5月リリース

J-POP2020年4月3日

 西川貴教が、ASCAとのコラボ曲「天秤-Libra-」を2020年5月27日にリリースする。  西川貴教+ASCA(読み:ニシカワタカノリ アンド アスカ)名義でリリースされる本楽曲のタイトルは「天秤-Libra-」 (読み:リブラ)。4 … 続きを読む

CUBERS、メジャー1stアルバムのリード曲は在日ファンク提供の「全然今しかない」

ニュース2020年4月3日

CUBERSがメジャー1stアルバム『MAJOR OF CUBERS』を6月24日(水)に発売することが決定した。 アルバムには、メジャーデビュー以降のシングル曲「メジャーボーイ」「妄想ロマンス」「WOW」、HMV・Loppi限定シングル「 … 続きを読む

西川貴教、ASCAとのコラボ曲「天秤-Libra-」の発売が決定

ニュース2020年4月3日

西川貴教が、5月27日にASCAとの初コラボ曲「天秤-Libra-」を西川貴教+ASCA名義でリリースすることがわかった。同時にアニメコラボMVも公開した。 4月6日から放送開始となるTVアニメ『白猫プロジェクト ZERO CHRONICL … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top