デヴィッド・ボウイ 初のCD化となる未発表ライブアルバムも! ライブ&スタジオ音源収録の3作品リリース

2018年5月16日 / 22:00

 デヴィッド・ボウイが、1978年から1982年の間にレコーディングしていたライブ音源やスタジオ音源を収録した3作品が、2018年6月29日にリリースされる。

 1978年から1982年の間に、ボウイは名盤との呼び声も高い2枚のオリジナルスタジオアルバム『ロジャー』と『スケアリー・モンスターズ』をリリース。1978年に発表された2枚組ライブアルバム『ステージ』としても記録されることとなった大規模なワールド・ツアーも行っており、さらには映画やテレビ番組用のプロジェクトも手掛けていた。今回、そんな多作な時期を振り返るべく、Parlophoneから3枚の作品がリリースされることとなった。

 2枚組CD&デジタルで発売となる『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン’78)』は、今年のレコード・ストア・デイ限定の3枚組アナログ盤として初めてリリースされた未発表ライブアルバム。今回遂にCDとデジタルでリリースされることとなった今作は、【アイソラーIIツアー(Isolar II tour)】の一環として、1978年6月30日と7月1日にロンドンにあるアールズ・コートにて行われたライブを収録したアルバムとなっている。

 デヴィッド・ボウイのキャリアを通して数々の作品をプロデュースしてきたトニー・ヴィスコンティがレコーディングしており、後にボウイ本人とデヴィッド・リチャーズがミックス。この時のセットリストは基本的に77年に発表した『ロウ』と『ヒーローズ』という2枚のアルバムに重点が置かれており、他にも「フェイム」や「ジギー・スターダスト」、「ジーン・ジニー」や「ステイション・トゥ・ステイション」といった初期のハイライト的楽曲も披露されている。また、初披露となった「サウンド・アンド・ヴィジョン」の音源も収録。国内盤での発売も予定されており、国内盤に関する情報は後日明らかとなる。

 実店舗での限定発売となるアナログ盤『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~』は、ドイツ出身の女優クリスチーネ・F(Christiane Vera Felscherinow)の自伝を元に、1981年に映画化された作品のサウンドトラック。デヴィッド・ボウイはこの映画に本人役で出演もしており、このサウンドトラックに自身の楽曲を提供、「ヒーローズ」のドイツ語ヴァージョンのほか、「ステイ」や「ワルシャワの幻想」、「V-2シュナイダー」、「怒りをこめてふり返れ」などが収録されている。今回、30年の時を経て初めてアナログ盤としてのリリースとなり、レッド・ヴァイナル仕様となっている。

 同じく実店舗での限定発売となるアナログ盤『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール』は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの処女戯曲「バール」(1918年)のために書かれた5曲を収録したEP。1981年11月、ベルリンにあるハンザ・スタジオでトニー・ヴィスコンティと共にレコーディングが行われている。ボウイのボックス・セット『ア・ニュー・キャリア・イン・ア・ニュー・タウン(1977-1982)』に収録されているボックス・セット限定のコンピレーション作『Re:Call 3』にも収録されていた音源。今回限定10インチ・アナログEPとしてリイシューされる今作は、82年オリジナル発売時のパッケージを再現している。

◎リリース情報
▼『ウェルカム・トゥ・ザ・ブラックアウト(ライヴ・ロンドン’78)(原題:WELCOME TO THE BLACKOUT (LIVE LONDON’78))』
2018/06/29 CD & DIGITAL RELEASE
<輸入盤(CD)>
※国内盤:後日発売予定

【CD1】
01. Warszawa / ワルシャワの幻想
02. “Heroes” / ヒーローズ
03. What In The World / ホワット・イン・ザ・ワールド
04. Be My Wife / ビー・マイ・ワイフ
05. The Jean Genie / ジーン・ジニー
06. Blackout / ブラックアウト
07. Sense Of Doubt / 疑惑
08. Speed Of Life / スピード・オブ・ライフ
09. Sound And Vision / サウンド・アンド・ヴィジョン
10. Breaking Glass / 壊れた鏡
11. Fame / フェイム
12. Beauty And The Beast / 美女と野獣

【CD 2】
01. Five Years / 5年間
02. Soul Love / 魂の愛
03. Star / スター
04. Hang On To Yourself / 君の意志のままに
05. Ziggy Stardust / ジギー・スターダスト
06. Suffragette City / サフラゲット・シティ
07. Art Decade / アートの時代
08. Alabama Song / アラバマ・ソング
09. Station To Station / ステイション・トゥ・ステイション
10. TVC 15 / TVC 15(ワン・ファイヴ)
11. Stay / ステイ
12. Rebel Rebel / レベル・レベル

▼『クリスチーネ・F~麻薬と売春の日々~(原題:CHRISTIANE F. – WIR KINDER VON BAHNOFF ZOO)』
2018/06/29 RELEASE
<輸入盤(レッド・ヴァイナルLP)>

【SIDE ONE】
01. V-2 Schneider
02. TVC 15
03. “Heroes/Helden”
04. Boys Keep Swinging
05. Sense Of Doubt

【SIDE TWO】
01. Station To Station
02. Look Back In Anger
03. Stay
04. Warszawa

▼『デヴィッド・ボウイ・イン・ベルトルト・ブレヒトズ・バール(原題: DAVID BOWIE IN BERTOLT BRECHT’S BAAL)』
2018/06/29 RELEASE
<輸入盤(10インチ・アナログEP)>

【SIDE ONE】
01. Baal’s Hymn(Der Choral Vom Grosen Baal)
02. Remembering Marie A.(Erinnerung An Die Marie A.)

【SIDE TWO】
01. Ballad Of The Adventurers(Die Ballad Von Den Abenteurern)
02. The Drowned Girl(Vom Ertrunkenen Madchen)
03. The Dirty Song


音楽ニュースMUSIC NEWS

04 Limited Sazabys主催『YON FES』、5回目の開催が決定

ジャパニーズロック2019年12月6日

名古屋の4ピースロックバンド、04 Limited Sazabysが地元・名古屋にて主催する野外フェス『YON FES 2020』を2020年4月4日(土)~4月5日(日)の2日間にわたって開催することを発表した。 今回で5回目の開催となる … 続きを読む

MIYAVI、全国ツアーがZepp Sapporoよりスタート

ジャパニーズロック2019年12月6日

これまで7度のワールドツアーを成功させ、今年もアメリカを皮切りにヨーロッパ、アジアをめぐり、8度目のツアーを開催したMIYAVIが12月5日、日本全国ZEPPツアー『MIYAVI“NO SLEEP TILL TOKYO “Wor … 続きを読む

GRASAM ANIMAL×ネクライトーキー、両思いだから実現した微笑ましい対バン

ジャパニーズロック2019年12月6日

11月29日、下北沢GARAGEにてGRASAM ANIMAL主催の対バン企画『GRASAMANIA』が開催された。前回はThe Songbards、No Busesを招いての3組によるステージで、大型台風19号が上陸する前夜だったから怯え … 続きを読む

LONGMAN、ドラマ『ゆるキャン△』主題歌を担当

ジャパニーズロック2019年12月6日

LONGMANの新曲「Replay」が、2020年1月からスタートするテレビドラマ『ゆるキャン△』の主題歌に決定した。「Replay」のリリースについては後日発表される。 LONGMANは11月6日に「Wish on」でソニ・ミュージックレ … 続きを読む

アンフィル、全国ワンマンツアーの手応えと、恵比寿LIQUIDROOMにて行なう5周年ライブに向けた想い

ジャパニーズロック2019年12月6日

10thシングル「Lies or not?」では、これまでになくアグレッシブで激しい演奏を展開しているアンフィル。今年の年末まで続くワンマンツアー『anfiel WINTER LIVE TOUR 2019 「LiES OR NOT?」』の手 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top