【ビルボード】LiSAのベストが総合アルバム1位&2位独占 活動再開のエルレもチャートイン

2018年5月16日 / 14:06

 2018年5月21日付(集計期間:2018年5月7日~5月13日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、LiSAが2枚同時リリースした自身初のベスト・アルバム『LiSA BEST -Way-』と『LiSA BEST -Day-』が、フィジカル・セールスの順位を覆してワンツーフィニッシュを飾った。

 月曜日に報じた週間CDセールス・チャートでは、46,535枚を売り上げたEXO-CBX『MAGIC』に続いて、『LiSA BEST -Way-』が43,818枚で2位、『LiSA BEST -Day-』が43,012枚で3位となっていたが、『LiSA BEST -Way-』は2,859ユニットでダウンロード2位、ルックアップ5位、『LiSA BEST -Day-』は2,708ユニットでダウンロード3位、ルックアップ6位と、これら2指標でEXO-CBX『MAGIC』を上回り、総合順位で逆転を果たした形だ。LiSAの“HOT ALBUMS”最高位は2017年6月5日付の『LiTTLE DEViL PARADE』の3位で、今回が自身初の“HOT ALBUMS”総合首位獲得となる。また、同一アーティストによる“HOT ALBUMS”1位と2位の独占は、2017年5月22日付にMr.Childrenの配信限定ベストが達成して以来、51週ぶりのこと。

 ポルカドットスティングレイの2ndミニアルバム『一大事』は、初動3日間で10,157枚、初週累計では12,930枚を売り上げてフィジカル・セールス4位をマーク。そのほかダウンロードでは8位、ルックアップでは21位となり、総合4位に入った。こちらも前作『全知全能』の5位を上回る自己最高位となる。

 当週のダウンロード1位は、映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』主題歌に起用されたウィズ・カリファとのコラボ・ソング「シー・ユー・アゲイン」でも知られるチャーリー・プースの2ndアルバム『ヴォイスノーツ』。4,228ユニットを売り上げており、他指標の低調を補って総合では5位でデビューした。その他の洋楽作品だと、アークティック・モンキーズの約4年半ぶりとなるアルバム『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジ』が総合19位に入っている。

 2008年より活動休止していたELLEGARDENが5月10日、実に10年ぶりとなるツアーの開催を発表した。往年のファンや活動休止以降の若いリスナーはもちろん、多くの同業者やタレントらが反応し、大きな話題となったが、その影響はチャートにも表れている。活動休止の発表から3か月後の2008年7月2日にリリースされたベスト・アルバム『ELLEGARDEN BEST 1999-2008』は当週、2,291ユニットを売り上げてダウンロード5位、フィジカル・セールスでは100位内まで上がってこなかったが、ルックアップは45位となり、総合では12位をマークした。ネット上のバズによる新規リスナーへの訴求効果が真っ先に表れるのがダウンロード指標であり、彼らの活動再開がいかにセンセーショナルな出来事であったかがよく分かる結果だ。

 Mr.Childrenがデビュー記念日の5月10日に、全てのシングルとアルバムのダウンロード配信およびストリーミング配信を解禁した。これを受けて当週の“HOT ALBUMS”には、9作のアルバムがチャートインしている。そのうちの配信限定ベスト『Mr.Children 2003-2015 Thanksgiving 25』と『Mr.Children 1992-2002 Thanksgiving 25』は、デビュー25周年記念日である2017年5月10日から2018年5月9日までの期間限定配信で、当週が最後のチャートインとなると思われるが、前述の通り、この2作は2017年5月22日付に1位と2位を独占して以来、総合順位を100位圏外まで落とすことなく、通算53週連続となるチャートインを果たしている。

◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『LiSA BEST -Way-』LiSA
2位『LiSA BEST -Day-』LiSA
3位『MAGIC』EXO-CBX
4位『一大事』ポルカドットスティングレイ
5位『ヴォイスノーツ』チャーリー・プース
6位『負け犬にアンコールはいらない』ヨルシカ
7位『BOOTLEG』米津玄師
8位『Anfang』Roselia
9位『WOKE』The BONEZ
10位『グレイテスト・ショーマン(オリジナル・サウンドトラック)』V.A.
11位『PIECE』MONSTA X
12位『ELLEGARDEN BEST 1999-2008』ELLEGARDEN
13位『ユーミンからの、恋のうた。』松任谷由実
14位『Finally』安室奈美恵
15位『Everybody!!』WANIMA
16位『魚図鑑』サカナクション
17位『HYBRID FUNK』ENDRECHERI
18位『オトノエ』和楽器バンド
19位『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』アークティック・モンキーズ
20位『DAPPER』SOIL & “PIMP” SESSIONS


音楽ニュースMUSIC NEWS

WEBER、メンンバーの“覚悟”を感じるシングル「READY」MV公開

ニュース2019年1月24日

ダンスヴォーカルユニット・WEBERが、2月20日にリリースする移籍第1弾シングル「READY」のミュージックビデオが公開された。 このミュージックビデオは、本シングルのテーマである“READY”=”覚悟” … 続きを読む

sumika、2ndアルバム『Chime』詳細&収録曲「ホワイトマーチ」配信決定

ジャパニーズロック2019年1月24日

sumikaが、3月13日(水)にリリースするアルバム『Chime』の発売に先駆け、現在展開中の『JR SKISKI 2018-2019 キャンペーン』のテーマソングとなっている「ホワイトマーチ」を2月1日(金)より配信することが発表された … 続きを読む

雨のパレード、King Gnu、SPECIAL OTHERSが出演した『ROCK AX』DAY2をレポート

ジャパニーズロック2019年1月24日

2019年からスタートした新音楽イベント『ROCK AX』の2日目の公演が、1月23日(水)東京・TOKYO DOME CITY HALLにて行なわれ、集まった2500人のオーディエンスを沸かせた。この日に出演したのは、雨のパレード、Kin … 続きを読む

LACCO TOWER、ザスパクサツ群馬の公式アンセム提供決定

ジャパニーズロック2019年1月24日

LACCO TOWERがザスパクサツ群馬の「公式アンセム」(公式試合選手入場時に流れる楽曲)を提供することがわかった。 2017年から2年連続でザスパクサツ群馬(Jリーグ所属)の公式応援ソングを提供してきたLACCO TOWER。2019年 … 続きを読む

SPECIAL OTHERS/雨のパレード/King Gnu、それぞれ“今、目撃するべき本物のライブ”を披露

J-POP2019年1月24日

 今年からスタートした新しい音楽イベント【ROCK AX】の2日目の公演が、2019年1月23日に東京・TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、雨のパレード、King Gnu、SPECIAL OTHERSの3組のミュージシャンが … 続きを読む

page top