EXILE THE SECOND、「日昇る光に ~Pray for Now~」が東京オリンピック柔道応援ソングに!

2018年5月15日 / 14:00

5月14日(月)の共同記者会見にて (okmusic UP's)

5月14日(月)に 全日本柔道連盟とEXILE THE SECONDの共同記者会見が行われ、2020年東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げるべく、柔道界初となる応援ソングにEXILE THE SECONDの「日昇る光に ~Pray for Now~」が起用されることが発表された。 記者会見には、井上康生全日本男子監督、増地克之全日本女子監督、そしてEXILE THE SECONDより黒木啓司、今作の作詞・作曲を手掛けたEXILE SHOKICHIが登壇した。

2016年、EXILEがフジテレビ系列リオ五輪中継テーマソングを担当したことから、宮崎県出身で同郷の井上康生全日本男子監督とメンバーの黒木啓司(EXILE/EXILE THE SECOND)は親交を深め、リオ五輪直前には柔道日本代表合宿に訪れ、 柔道男子日本代表選手の激励を行うなど関係を深めてきた。

今回の起用にあたり、黒木啓司は「井上康生監督と出会い、日本の柔道に触れ、その姿勢や価値観にとても共感するとともに、たくさんのことを学ばせていただきました。今、日本柔道は、守るべきものと、変えるべきものと、この二つがあることを理解し、未来に向かって進化を遂げようと取り組んでいます。僕らEXILEと柔道、一見異質なもの同士が交わることで、新たな進化へと化学反応が起こるはずだと感じています。柔道で世界と戦い、そのひたむきな姿で、柔道の素晴らしさを世界に伝える日本代表選手たちの力になれるように、柔道を志す、すべての人の力になれるように。そして、歴史ある柔道がこれから未来へ向かっていく想いを、僕らの活動を通じて、一人でも多くの皆さんへ伝えることができたらと思います。精力善用、自他共栄の精神で、日本の誇りでもある柔道を盛り上げて行きたいと考えています!」とコメントしている。

なお、5月23日(水)・24(木)千葉・幕張メッセ 2DAYSにてファイナルを迎えるEXILE THE SECONDの最新アリーナツアーのファイナル公演初日の5月23日(水)には、井上康生監督、そしてリオ五輪のメダリスト達をスペシャルゲストに招き、今回の応援ソング「日昇る光に ~Pray for Now~」を初披露することも発表となった。

井上康生監督も「2020年に向けて、大きなパワーを頂きました!」と語る、柔道界とエンターテインメント界の新しい取り組みにますます期待が高まる。


音楽ニュースMUSIC NEWS

ビリー・アイリッシュ、「xanny」のMVで監督デビュー

洋楽2019年12月6日

現地時間2019年12月5日、ビリー・アイリッシュが「xanny」のミュージック・ビデオを公開した(https://youtu.be/LZyybvVx-js)。  ビリーの初監督作品となるこのMVは、クリーム色のセーターとズボン姿の彼女が、 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、クリスマス・ソング「Christmas Tree Farm」をリリースへ

洋楽2019年12月6日

 テイラー・スウィフトが、「Christmas Tree Farm」と題されたクリスマス・ソングとそのミュージック・ビデオを現地時間2019年12月6日の0時にリリースすることを明らかにした。  テイラーは、リリースを発表する約1分の映像を … 続きを読む

【米ビルボード 2019年間ソング・チャート】リル・ナズ・X堂々の1位、ポスト・マローンが2年連続でTOP10へ2曲送り込む快挙

洋楽2019年12月6日

 2019年の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”年間チャートは、リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロードfeat.ビリー・レイ・サイラス」が堂々の首位獲得を果たした。  2019年4月13日~8月17日付チャートまでの約4か … 続きを読む

【米ビルボード 2019年間アルバム・チャート】ビリー・アイリッシュがNo.1、女性アーティストによる作品が上位を独占

洋楽2019年12月6日

 2019年の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”年間チャートは、ビリー・アイリッシュの『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』が1位に輝いた。  4月13日付チャートでNo.1デ … 続きを読む

【ビルボード 2019年間 TOP Lyricists】年間作詞者ランキングは秋元康が圧倒、米津玄師が続く

J-POP2019年12月6日

 2020年度からランキング・データに作詞家と作曲家を加えることとなった【JAPAN HOT100】。19年度のイヤーエンドでも同データを紐付けて作詞者と作名寄せを行い、年間ランキングを生成した。  1位を獲得したのは秋元康。作詞・秋元康名 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top