ELLEGARDEN復活!など5月の出来事にまつわる5曲

2018年5月14日 / 18:00

ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)

5月10日、パンク/ロックファン、いやいや、音楽ファンならば狂喜乱舞するニュースが駆け抜けた。バンドのオフィシャルサイトにて、2008年9月7日に行なった新木場スタジオコースト公演の活動休止以来、なんと約10年振りにELLEGARDEN活動再開のアナウンスが流れた。8月にライヴツアー3本開催するということで、これはもうチケット争奪戦になるだろう。08年の活動休止ライヴは僕も現場で観ているが、本当に人気絶頂期にバンドが止まったため、この10年の間にファンになった人も大勢いるに違いない。5月に腰を抜かすほどびっくりする出来事が起きたこともあり、今回は5月にちなんで楽曲をセレクトしてみました。
「ジターバグ」(’03)/ELLEGARDEN

ELLEGARDENには名曲がたくさんありすぎて、それこそリスナーの数だけファイバリットソングがあると言っても過言ではない。個人的には「Salamander」や日本語詞を用いた「スターフィッシュ」など挙げ出せばきりがないほど、お気に入りソングはあるのだが、ここではバンドがブレイクするきっかけになった曲を選んでみた。03年に発表された2ndアルバム『BRING YOUR BOARD!!』に収録されている楽曲で、その後に改めて3rdシングル「ジターバグ」としてリカットされている。日本語のリリックという親しみやすさも手伝い、ライヴハウスで火が付いた彼らの代表曲と言っていい。
「Distortion」(’18)/BABYMETAL

ELLEGARDEN復活もそうだが、BABYMETALがワールドツアー直前に2年振りとなる新曲をいきなり発表したことにも驚いた。MV公開と配信開始が同時だったこともあり、楽曲を繰り返して、もう何度聴いたことか。重厚なツーバス連打の勇ましいメタルサウンドに加え、そこから一気に突き抜けるSU-METALの凛としたハイトーンに心を鷲掴みにされる。ライヴを意識してか、ウォーウォー!の合唱フレーズを織り込んだパートもあり、BABYMETALとリスナーとの強い結び付きを意識した楽曲と言えるだろう。曲調的にもわりとストレートで、キャッチーなメロディーラインもずば抜けている。一瞬で耳を掴まれるものの、何十回聴いても飽きない強度を誇る楽曲だ。
「ROCKET DIVE」(’98) /hide with Spread Beaver

1998年5月2日(享年33歳)に他界したhide。今年は彼の20周忌ということでドキュメンタリー映画『HURRY GO ROUND』が5月26日から公開され、またhide with Spread Beaverのメンバーであり、hideの共同プロデューサーだったI.N.A.氏がhideとの音楽制作現場を中心に綴った書籍『君のいない世界〜hideと過ごした2486日の軌跡〜』も発売となる。この本も読ませてもらったが綿密な描写が多く、とても面白い内容だった。今回取り上げた曲は大のhide好きというEXILE SHOKICHIも2年振りになるソロ作のシングル「Underdog」(5月23日リリース)でもカバーしており、改めてhideが時代を超越したエバーグリーンな楽曲を作っていたのかがよく分かる。今聴いてもまったく色褪せていない。
「ultra soul」(’01)/B’z

五月病という言葉もありますが、そんな時はこの曲で元気になりましょう! 今年はB’zにとって30周年ということで、東京・有楽町にて30年の歩みを辿る大型展示『SCENES』が開催され、秘蔵映像や衣装、メンバーの私物公開もあったりと、ファン垂涎の内容となっている。すでに前期は終わったものの、後期が5月11日から6月15日まで行われているので足を運んでみるのもいいだろう。30年ともなれば世代によって好きな楽曲やアルバムも分かれるだろうが、そんなジェネレーションさえ飛び越えて、今やB’zを知らない人をも巻き込むパワーがこの楽曲にはある。昨年、野外フェスで彼らを観た時に老若男女が騒ぐ光景を観て、「ultra soul」のすごさを思い知らされた。
「Got Your Six」(’15) /FIVE FINGER DEATH PUNCH

最後は…完全に“5”という数字にかけて、アメリカ発の5人組で本国でも人気が高い彼らの楽曲を取り上げた。現時点での最新作『GOT YOUR SIX』表題曲ナンバーで、勇壮なメタルリフからアガらずにはいられない骨太サウンドを響かせている。男臭い熱気ムンムンの音色だが、哀愁を帯びたメロディーでも聴かせ、緩急溢れる展開は聴き応えあり! ちょっと最近疲れてきたなというあなたに贈るエネルギー補給ナンバーと言っておく。5月には約2年半振りになる待望のニューアルバム『AND JUSTICE FOR NONE』(METALLICAのオマージュか!?)も発表される。要チェック!
TEXT:荒金良介
荒金良介 プロフィール:99年からフリーの音楽ライターとして執筆開始。愛読していた漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(登場人物に洋楽アーティスト名が使用されていたため)をきっかけに、いきなりレッド・ツェッペリンの音源を全作品揃える。それからハード・ロック/ヘヴィ・メタルにどっぷり浸かり、その後は洋邦問わずラウド、ミクスチャー、パンクなど、激しめの音楽を中心に仕事をしてます。趣味は偏ってますが(笑)、わりと何でも聴きます。


音楽ニュースMUSIC NEWS

関ジャニ∞、『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』のアンバサダーに

J-POP2019年10月15日

 2019年11月14日より開幕する、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン史上最大規模で10年ぶりに完全一新となる『ユニバーサル・クリスタル・クリスマス』を盛り上げるため、ゲストを輝かせる存在である「クリスタル・クリスマス・アンバサダー」に関ジ … 続きを読む

當山みれい、2nd EP『PLAYLIST』アートワーク公開

J-POP2019年10月14日

 當山みれいが、10月30日にリリースする2年振りとなる2nd EP『PLAYLIST』のアートワークを本日公開した。  2nd EP『PLAYLIST』は、サブスクリプションサービスで連日チャートを席捲した配信限定リリース曲「大嫌い fe … 続きを読む

BAND-MAID、新アルバムのアートワークを公開

ジャパニーズロック2019年10月14日

BAND-MAIDが12月11日にリリースするアルバム『CONQUEROR』のアートワークを公開した。 常に進化し続けるBAND-MAIDが1年以上の制作期間を費やして制作した『CONQUEROR』のアートワークは、現時点における集大成とも … 続きを読む

晩秋の夜に音楽を、“レコードの日”に再生したい5曲

ニュース2019年10月14日

固く締め切った雨戸を漸く開けた昨晩。台風の目の中に突き落とされた東京でコンビニの明かりを求めて彷徨う人々とすれ違っても、視線がかち合うことは決してなく、テラテラ光る夜の街の中では暴風で引きちぎられた枝葉の血のような青い匂いと、鈴虫の命をむき … 続きを読む

ゼリ→、11年ぶりとなる新作リリース&全国ツアー開催決定

ジャパニーズロック2019年10月14日

1999年「おもちゃのピストル」で東芝EMIからメジャーデビュー後、その情熱的な楽曲と過激なパフォーマンスで、2008年の解散まで多くのロックファンの心を掴み、熱狂させてきたパンクロックバンド“ゼリ→“。 そんなゼリ→が2020年末までの1 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top