菅田将暉はシンガーとして成功するのか?! 【Chart insight of insight】

2018年4月21日 / 12:00

 今や日本を代表する若手俳優となった菅田将暉。25歳という若さでありながら、すでに10年近い俳優歴を持ち、映画やドラマでは多数の個性的な役柄を演じている。昨年も『あゝ、荒野』で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、その演技力は各方面で評価も高い。

 そんな多忙な俳優活動と並行し、シンガーとしても精力的なのはご存知の通り。本格的な音楽活動は、昨年頭に主演映画とともに話題になったグリーンボーイズでのGReeeeNのカヴァーだが、ソロとしても6月にデビューを果たした。そして、この2月にリリースされた「さよならエレジー」は、ドラマ主題歌ということもあって、今週も12位と上位をキープし続けている(【表1】)。

 この曲は、菅田が敬愛する石崎ひゅーいからの提供楽曲で、エモーショナルな歌声が魅力的だ。チャートの構成要素を見てみると、セールスポイント(紫のグラフ)だけでなく、動画再生数(赤のグラフ)やCDのPC読み取り数であるルックアップ(オレンジのグラフ)も上位で横ばいしており、非常にバランスの良い売れ方をしているという印象だ。リリースからすでに2ヶ月経っても下降する気配がないため、ロングヒットの可能性も秘めている。

 では、彼がどこまでシンガーとしての立ち位置を確立しているかというと、現時点ではまだ未知数といったところ。3月21日にはアルバム『PLAY』がリリースされて、こちらもチャートインしている(【表2】)。初登場では3位だったが、今週は4週目ということで26位に落ち着いた。「さよならエレジー」の勢いに比べると、セールスポイントは下降気味だ(紫のグラフ)が、ルックアップに関してはリリース日よりも上昇している(オレンジのグラフ)。これはなにを意味するかというと、レンタルの回転が上昇しており、いわゆるグレーユーザーが増えているということ。作品内容が評価されれば、確実にボトムアップにつながる指数ともいえるし、次作にも影響があるはずだ。

 菅田将暉はどうしても俳優がメインと思われてしまうが、歌唱力や音楽的な感性も申し分なく、シンガーとしてのポテンシャルは高い。「さよならエレジー」のように映画やドラマの主題歌を手がけ、米津玄師とのコラボ曲「灰色と青」のような話題性の高い楽曲を発表し続ければ、俳優以上の評価を得る可能性も大いにある。福山雅治に迫る俳優兼歌手に成長できるのか、今から楽しみだ。Text:栗本斉


音楽ニュースMUSIC NEWS

【米ビルボード・ソング・チャート】オリヴィア・ロドリゴ2週連続首位、アリアナ・グランデ「34+35」がリミックス効果で急上昇

洋楽2021年1月26日

 オリヴィア・ロドリゴの「drivers license」が、初登場から2週連続の首位をキープした、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  先週、2位以下と大差をつけ1位に初登場した「drivers license」は、前週から22%ほど … 続きを読む

Night Tempoが贈る「ザ・昭和グルーヴ」シリーズ第7弾は松原みき

J-POP2021年1月26日

 Night Tempoの「Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」シリーズ第7弾「松原みき – Night Tempo presents ザ・昭和グルーヴ」が2月12日に配信リリースされる。  同作には、「真夜中のドア … 続きを読む

ZARDのデビュー30周年記念VR花火SHOWゲストに盟友・大黒摩季が登場

J-POP2021年1月26日

 2月6日に配信される【ZARD 30th Anniversary ONLINE HANABI SHOW ~Happy Birthday Dear IZUMI SAKAI~】に大黒摩季がゲスト出演することがわかった。  ZARDのデビューシ … 続きを読む

ナイン・インチ・ネイルズ、故デヴィッド・ボウイ「ファッション」のカヴァー映像公開

洋楽2021年1月26日

 2021年1月9日に開催された故デヴィッド・ボウイへのヴァーチャル・トリビュート・コンサート『A Bowie Celebration: Just For One Day!』で披露された、ナイン・インチ・ネイルズ(NIN)による「ファッショ … 続きを読む

吉岡里帆の対談集『LIFESTYLE COLLEGE』にあいみょん、尾崎世界観、岸田繁ら

J-POP2021年1月26日

 書籍『LIFESTYLE COLLEGE 吉岡里帆と日曜日18時。』が2月12日に刊行される。  吉岡里帆が多彩なゲストを迎え、トークを展開するJ-WAVEのラジオ番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』を書籍化する同書。2016 … 続きを読む

page top