【コーチェラ2018現地レポート】かつてない規模のエンタテインメント・ショーで魅せた女王ビヨンセ

2018年4月20日 / 18:00

 米カリフォルニア州インディオにて毎年開催されている世界的野外音楽フェスティバル【コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル】。

 昨年に続きBillboard JAPANの特派員が、2018年4月13日~15日にかけて行われたウィークエンド1に参加。ここでは、2日目のヘッドライナーを務め、後世に語り継がれる歴史的なパフォーマンスを披露したビヨンセのライブ・レポートをお届けする。

 全てにおいて規格外、そして彼女のキャリアの集大成とも言える圧巻のパフォーマンスだった。大袈裟ではなく世界のエンタテインメントの頂点をオーディエンスは体験したに違いない。間違いなく5年、10年、20年経っても語り継がれるであろうライブだった。

 公演5分前、高さ・幅10メートル四方に整列されたライトがオーディエンス側に向けてあり、そのライトの後ろでミュージシャンがスタンバイするのが見えた。そこにはスーザフォンを抱えるミュージシャンが3人確認できたので、ホーン隊も揃えた豪華なセットなのだろうと期待が高まる。暗転すると「Ladies and Gentlemen, Welcome to Beyonce Home Coming 2018」というアナウンスが流れる。花道に複数の影が移動するのが見えた後、モニターには一人の女性がマーチング・ドラムを演奏する姿が映し出さる。彼女の先にダンサー、さらに先にいるビヨンセをカメラが追いかけて映すというオープニングの演出。ゆっくりと前述のライトが浮かび上がりステージ上部に移動するのを見て、照明用のライトだと判明。

 その後ろには黄色のトップスで揃えた無数のマーチング・バンド、ダンサーがひな壇になったステージに現れる。100人のダンサーを雇ったという噂が事前に流れたが、ミュージシャンとダンサー合わせて100人はいそうなぐらい大所帯。その一番後方、中央からさっきまで着ていた服とは違う黄色い上着とデニムのショートパンツに早着替えしたビヨンセが登場し「Coachella, Are you ready?」というかけ声の後「Crazy in Love」でスタート。

 この日のライブの見どころを上げると多すぎるのだが、「Drunk In Love」ではクレーンに乗ってオーディエンスの頭上を移動しながら熱唱し、黒い衣装に着替えて披露されたロック色が濃い「Don’t Hurt Yourself」はパワフルで格好いい。JAY-Zがゲスト出演した「Deja Vu」、マーチング・バンドの醍醐味が存分に堪能できる「Run the World (Girls)」、そしてケリー・ローランドとミシェル・ウィリアムズが飛び入りでデスティニーズ・チャイルドとして「Lose My Breath」、「Say My Name」、「Soldier」の3曲をパフォーマンス。 フェスティバルというお祭りにふさわしい特別感が感じられるサプライズにオーディエンスは大興奮。「Get Me Bodied」では妹ソランジュがステージに上がり一緒にダンスを披露。踊らずにはいられない「Single Ladies (Put a Ring On It)」、そして最後は「Love on Top」で100分を超えるパフォーマンスは終了した。

 ビヨンセの代名詞とも言える「Crazy In Love」でスタートしたこの日のセットリストはコアなファンでなくても楽しめられるような内容だった。それはこれが彼女の単独公演ではなく、様々なジャンルの音楽ファンが集まるフェスティバルということをよく理解した選曲に思えた。また、これだけの大人数でツアーを回るのには経費がかかりすぎる。かと言って、1回だけのライブとしては予算が足りないだろうから、こういった大規模なフェスティバルだからこそ成り立ったと予測する。

 そして、本来であれば昨年出演予定だったが、妊娠してキャンセルになったことで、本人も「何度も夢にまで観たステージ」とライブ中に言ったように十分に構想する時間や準備期間ができたのかもしれない。豪華なゲスト出演も彼女のキャリアにおいて最重要なキーパーソン達であったのも間違いない。

 また、物販を発売するタイミングもユニークだった。ビヨンセの出演日前日からフェスティバルは開催されており、その時点で彼女の物販はTシャツとパーカーの2種類のみ。しかし、彼女のパフォーマンス後に他のアイテムが発売開始となったのだ。理由は不明だが、今回のライブのテーマやロゴをライブ前には明かさず、オーディエンスをビックリさせたかったのかなと思う。全てにおいて計算されつくされた、かつてない規模でのエンタテインメント・ショーだったと言える。

Photo: Getty for Coachella

◎公演情報
【コーチェラ・バレー・ミュージック&アートフェスティバル】
米カリフォルニア州インディオ
エンパイア・ポロ・フィールド
ウィークエンド1:2018年4月13日~15日
ウィークエンド2:2018年4月20日~22日
INFO: http://www.coachella.com


音楽ニュースMUSIC NEWS

『7月10日はなんの日?』米ソウル・レジェンド、メイヴィス・ステイプルズの誕生日

洋楽2020年7月10日

 7月10日はステイプル・シンガーズとしての活躍でも知られる米音楽界の大御所女性シンガー、メイヴィス・ステイプルズの81歳の誕生日。  メイヴィス・ステイプルズは1939年7月10日アメリカ・イリノイ州シカゴ生まれ。名門レーベルSTAXの看 … 続きを読む

山下達郎、映画館以外で公開したことがないライブ映像を配信へ

J-POP2020年7月10日

 山下達郎のライブパフォーマンスを収めた貴重な秘蔵映像【TATSURO YAMASHITA SUPER STREAMING】が、2020年7月30日に配信される。  今回の配信は、動画配信サービス「MUSIC/SLASH(ミュージックスラッ … 続きを読む

山下達郎、キャリア初となるライブ映像の配信が新動画配信サービスにて決定

ニュース2020年7月10日

山下達郎が、7月30日(木)20:00から業界史上最⾼レベルの⾳質による動画配信サービス『MUSIC/SLASH(ミュージックスラッシュ)』にて、キャリア初となるライブ映像の配信が決定したことを発表した。 『TATSURO YAMASHIT … 続きを読む

EMPiRE、新EPより「This is EMPiRE SOUNDS」先行配信開始

J-POP2020年7月10日

 EMPiREが、8月5日に発売するEP『SUPER COOL EP』より「This is EMPiRE SOUNDS」の先行配信を開始した。  過去にリリースされた、楽曲タイトルにグループ名が含まれた「EMPiRE is COMiNG」「 … 続きを読む

大森靖子、ライブ生配信【秘密の接触SSS vol.1】開催決定

J-POP2020年7月9日

 大森靖子が、ライブ生配信【秘密の接触SSS vol.1】を7月22日に開催することが決定した。  本企画は大森靖子がお届けするハンドメイドな6大企画“大森靖子2020 ハンドメイドホーム6”にて、シン・ガイアズとのライブ配信を計画中と告知 … 続きを読む

page top