DOBERMAN INFINITY×EXILE HIROプロデュースのよる新プロジェクト始動

2018年4月3日 / 19:30

新グループ候補者 (okmusic UP's)

4月2日(月)深夜にTBS系にて放送された音楽ドキュメンタリー番組『週刊EXILE』で、5人組ヒップホップユニット・DOBERMAN INFINITYとEXILE HIROによる共同プロジェクトを始動し、ラップとボーカル、ダンスを融合させた新たなグループの発足および候補者が発表された。

新グループの候補者には、2017年にFANTASTICSのボーカルを選出するために開催された『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION5 ~夢を持った若者達へ~』のラップ部門でファイナリストに選ばれた松井利樹、海沼流星。また、同オーディションのボーカル部門でファイナリストに残った日髙竜太、加納喜将。さらに、2013年に開催された、世界基準のアーティスト発掘、育成をするために15歳までの少年たちを対象にしたオーディション『GLOBAL JAPAN CHALLENGE』の合格者で、PROJECT TAROの一員として米・ニューヨークに留学し、現地で3年間にわたりダンス・音楽の経験を積んだ深堀未来、砂田将宏、奥田力也の計7名が選出された。

新プロジェクトを始動したDOBERMAN INFINITYのGSは、“もっと可能性のあるグループがあっても良いんじゃないかなと思っていた。自分たちにできないことや、未来を見た時に僕らではなく、僕らの意思をしっかり理解してくれて、さらに大きいものに変換してくれるグループというものを自分たちが導いてあげられたら”と構想を語りオーディションでも目を光らせていたという。候補者7名について“可能性を伸ばしてあげたいですし、自分たちも一緒に夢を追っていきたいというイメージがあったので”と選出理由を語っている。

候補者たちは正式メンバーの座をかけて、2月の上旬より10日間の合宿を実施。合宿に向けP-CHOは“ラップ、ダンス、歌という三つの武器を彼らがどれだけ上手く融合してくれるか。そして、10日間で7人のチームワークがどれだけ上がるのか、引き締まるのか見極めたい”とし、“個人個人の特性というのもこの10日間で見えてくると思いますので、そこも見極める大事な10日間にしたい”と意気込むと、GSは“このメンバーで本当に最後までいけるかどうかは正直分からない。みんなもどういう気持ちで取り組むか、どういう風になりたいか、どこに向かっていくのかということを、もっとより具体的に考えた上で、10日間を過ごしてもらえたらと思う。チャンスをものにするんだという強い気持ち、自分は最後まで残るという強い気持ちを持って取り組んでほしい”と候補者にエールを送った。『週刊EXILE』の次週オンエアでは、ついに始動した新プロジェクト合宿の様子に密着。候補者の7人に課せられた課題が明らかになる。


音楽ニュースMUSIC NEWS

【第62回グラミー賞】プリンス追悼パフォーマンスでアッシャーが抜群の歌声とダンスを披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、2016年に亡くなったプリンスを追悼するスペシャル・パフォーマンスが行われた。  アッシャーと長年プリンスと共に活動したシーラ・Eが中心となって行われたこのパフォーマンスでは、「L … 続きを読む

蔦谷好位置プロジェクト=KERENMI、1stアルバムにヒゲダン藤原/ミセス大森/Charaら参加

J-POP2020年1月27日

 蔦谷好位置がトラックメイカーとしての側面を強く打ち出したプロジェクト「KERENMI」が、3月4日に配信リリースする1stアルバム『1』の全収録楽曲情報を公開した。  既に収録がアナウンスされており、来週1月29日に先行配信がスタートされ … 続きを読む

【第62回グラミー賞】ジョナス・ブラザーズ、新曲2曲を披露

洋楽2020年1月27日

現地時間1月26日に【第62回グラミー賞授賞式】が開催され、アルバム『ハピネス・ビギンズ』が全米1位を獲得したジョナス・ブラザーズがパフォーマンスを行った。  ブラスバンドを引き連れた3名は、新曲「What A Man Gotta Do」と … 続きを読む

【第62回グラミー賞】リゾ「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>受賞

洋楽2020年1月27日

 現地時間2020年1月26日に米LAのステイプルズ・センターにて開催されている 【第62回グラミー賞授賞式】で、リゾの「Truth Hurts」が<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞>を受賞した。プレゼンターは、キース・アーバンとシンシ … 続きを読む

【米ビルボード・アルバム・チャート】エミネム10作連続初登場1位の快挙、ホールジー/故マック・ミラーがTOP3デビュー

洋楽2020年1月27日

 エミネムの新作『ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ』が初登場1位を記録した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。  本作は、2018年8月リリースの前作『カミカゼ』から約1年半ぶりに発売された、通算11枚目のスタジオ・アルバム。 … 続きを読む

page top