tricot主催の4カ月連続イベント、第2回はbacho、LOSTAGEが出演し関西オルタナ大爆発!

2018年3月29日 / 18:00

tricot/3月20日@渋谷TSUTAYA O-Crest (okmusic UP's)

tricot主催の4カ月連続イベント。その第2回となる『MUNASAWAGI 2018 ~オールA編~』が3月20日に渋谷TSUTAYA O-Crestで行なわれた。

tricotのメンバーそれぞれがラインナップおよび会場をセレクトする『MUNASAWAGI 2018』。初回2月28日(水)の渋谷WWW X公演は中嶋イッキュウ(Vo&Gu)によって、ドミコ、きのこ帝国を迎えて企画されたが、今回はヒロミ・ヒロヒロ(Ba&Cho)がbacho、LOSTAGEを招くという、関西オルタナ勢集結のコアで最高すぎる一夜となった。

喧騒を切り裂くように北畑欽也(Vo&Gu)が「孤独な戦い」を歌い出し、気迫十分でスタートしたbachoのステージ。生きている証しを鋭く叫びながら、“俺はカラオケで歌に力をもらう、浜ちゃん(浜田雅功)にな”と笑顔を見せ、H Jungle With tの「WOW WAR TONIGHT」の一節を口ずさむ場面も。“tricot、呼んでくれてありがとう。しかもLOSTAGEと一緒ってことで、めっちゃ面白くなりそうやね。帰り道で「今日、bachoが良かったなぁ」って感想を必ず言わせますよ!”――そんな北畑の宣言から「これでいいのだ」へ雪崩れ込み、三浦義人(G)、伊藤知得(Ba)、高永和裕基(Dr)も前かがみになって、持ち味のポストハードコア色が強いエモーショナルな爆音を猛然と掻き鳴らす。

“tricotのヒロミちゃんに初めて会ったのは、ヒロミちゃんが前のバンドやった時かな。京都のソクラテスってところ。そのあと何回か共演する機会もあってね。楽しいなと思うことをお互いがやってきた結果、今日につながっただけ。またこの先もあるやろ。そう信じられるし、信じてたらホンマに現実になったんで。音楽は今日も最高です”という北畑のMCにしっくり続いた、今年1月にリリースした「萌芽」「全てはこれから」。明るく灯りっぱなしの照明の中、焼けつくようなヴォーカルにむせかえるような激情のサウンド、希望、逡巡、哀愁が入り混じった言葉に、思わず手をギュッと握りしめてしまう。bachoの楽曲に自分を重ねたオーディエンスは、次第にその拳を突き上げていくのだった。

“老若男女いろんな人がいますね。男女比50パーセントくらいじゃないですか? そういうライヴは世界の割合と一緒やから、ホンマに音楽がいいってことなんですよ”と笑う北畑。メンバーと顔を付き合わせて演奏する表情もたまらなく良い。その場にいる全員に音楽の恩恵を感じさせつつ、ラスト「最高新記憶」で更新する未来を誓い、大歓声を背に受けてbachoはステージを降りた。
続いて登場したのは五味岳久(兄/Vo&Ba)、五味拓人(弟/Gu)、岩城智和(Dr)からなるLOSTAGE。新作のツアー中とあって一層脂が乗った、このバンドならではとしか言えない、オルタナティブロックの真髄が滲む強靭な3ピースサウンドが繰り出され、「さよならおもいでよ」「窓」など、まずはニューアルバム『In Dreams』のナンバーを軽快に聴かせる。最初のMCでは、“tricotのヒロミちゃんに誘ってもらって嬉しいです。女の子を誘うのって簡単やけど、誘われるの難しいんで(笑)”と五味兄が冗談交じりに感謝を告げた。

最近作ったというミッドテンポの新曲然り、イントロで歓声が沸いた「ポケットの中で」然り、中盤ではやわらかでメロウなギターの残響が心地良く、シンプルなリズムが際立ち、どこかホッとするヴォーカルに浸らせてくれる。曲終わりに五味兄が“…良い曲ですねぇ”なんてポツリとこぼす瞬間も。聴くたびに身の引き締まるようなアンダーグラウンド~DIY気質がありつつ、胸にスーッと沁み込むほんのりとしたポップさも併せ持つのがLOSTAGE。観客の盛り上がりを見るに、やっぱりこの日は音楽フリークから信頼されるバンドが揃っていたのだと思う。

沸々と熱量が上がっていき、よりマッチョに音圧を増した後半。「My Favorite Blue」「ひとり」「手紙」を烈火の如く畳み掛け、絶叫、轟音とともに感情を爆発させるパフォーマンスは圧倒的だった。“bachoとLOSTAGEを呼ぶってどうかしてるよな。ステージが欽也くんと俺の汗でベショベショになってるよ!”と五味兄。bachoとスプリット盤を夏くらいに出す予定との嬉しいお知らせもあり、最後は渾身の「2:50」を届けてtricotへつないだ。
bachoとLOSTAGEの強力アクトを受け、主催のtricotはすでにボルテージが上がりまくった様子で、イベントタイトルに掲げている「MUNASAWAGI」からかっ飛ばす。中嶋が“行けますかーっ!?”とフロアーに呼びかけた「TOKYO VAMPIRE HOTEL」、そして「おもてなし」で一気に加速していくテンションは痛快そのもの! 引き締まったグルーブやスリル満点の変拍子をはじめ、去年11月に現メンバーになった新生tricotはますます研ぎ澄まされていて、吉田雄介(Dr)の爆音っぷりもバンドにはまってきた感がある。

“この3バンドは過去に名古屋のCLUB UPSETでもやりましたね。ヒロミさんと言えば、bachoとLOSTAGEは2大巨頭ってことで。嬉しそうに、そんなTシャツまで作って”と中嶋が話を振ると、その“オールAコラボTシャツ”を着たヒロミが“自分のために作りました(笑)。bachoとLOSTAGEというすごいバンドを呼んだのは、この私でーす!!”と久々に喋る時間もあったり。また、五味兄のMCを“エラい角度から勘違いしてはったみたいやけど、大丈夫かな? ライヴしたかっただけで、別に一緒に飲みたかったわけじゃないですよね”と中嶋がきっちりいじったりも。

緩急の効いたテンポチェンジとキダ モティフォ(G&Cho)のオリエンタルなカッティングが映える新曲「ブームに乗って」はもちろんのこと、疾走感たっぷりに駆け抜ける「飛べ」、ヒロミのベースソロから始まって徐々に熱を帯びていく「食卓」など、レアナンバーが用意されていたのも嬉しかった。力強い雄叫びが轟く鉄板インスト「アナメイン」、中嶋の“かかってこいやー!!!”で高まる「99.974℃」と、クライマックスを爆裂アッパーに攻め立て、フロアーはカオスの渦へ! クラウドサーフが続出する中、本編ラストの「節約家」まで4人はヘドバン大暴れでソリッドに聴かせてみせた。

リラックスムードのアンコール。“今回は企画者がセットリストも決めてて、ヒロミさんの本気度が伝わってきましたね”と中嶋が明かすと、“久しぶりの曲が多くて、リハでは全然弾けなかったです。私は新曲みたいな感じでやりました!”とキダも笑顔を見せ、またもソールドアウトとなった大盛況のイベントは「メロンソーダ」で幕を閉じた。

なお、次回は4月16日(月)渋谷CIRCUS TOKYO。『MUNASAWAGI 2018 ~食いしん坊万歳編~』と題し、キダのプロデュースでsébuhiroko、WOZNIAKを迎えて開催される。

5月17(木)は渋谷WWW Xで行なう、吉田プロデュースの『MUNASAWAGI 2018 ~やさしさに包まれたなら~』。こちらも豪華で、POLYSICS、空きっ腹に酒の出演が決まっている。毎回ガラッと異なる雰囲気が楽しめるこの企画。tricotは5月24日(木)から2度目のアメリカツアーが始まり、国内ライヴがしばらくお休みになるので、ここで目撃しておこう!

Photo by 半田安政

Text by 田山雄士
【セットリスト】

■bacho

1.孤独な戦い

2.これでいいのだ

3.僕はかげろう

4.萌芽

5.ビコーズ

6.全てはこれから

7.決意の歌

8.最高新記憶

■LOSTAGE

1.さよならおもいでよ

2.窓

3.新曲

4.ポケットの中で

5.My Favorite Blue

6.ひとり

7.手紙

8.2:50

■tricot

1.MUNASAWAGI

2.TOKYO VAMPIRE HOTEL

3.おもてなし

4.POOL

5.DeDeDe

6.よそいき

7.ブームに乗って

8.飛べ

9.食卓

10.アナメイン

11.99.974℃

12.節約家

<ENCORE>

1.メロンソーダ

【ライヴ情報】

『MUNASAWAGI 2018 〜食いしん坊万歳編〜』

4月16日(月) 東京・CIRCUS TOKYO

w)sébuhiroko、WOZNIAK

『MUNASAWAGI 2018 〜やさしさに包まれたなら〜』

5月17日(木) Shibuya WWW X

w)POLYSICS 空きっ腹に酒

◆関連記事「新生tricot、4カ月連続自主企画の初回公演は“ドミコキノコトリコ”で 大盛況!」

https://goo.gl/Yzs6RW


音楽ニュースMUSIC NEWS

米津玄師「馬と鹿」が『ドラマアカデミー賞』で“最優秀ドラマソング賞”に

J-POP2019年11月20日

 米津玄師によるドラマ『ノーサイド・ゲーム』主題歌の「馬と鹿」が、ザテレビジョン主催の『第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞』において、“最優秀ドラマソング賞”を受賞した。  『ドラマアカデミー賞』では、国内の地上波連続ドラマを対象と … 続きを読む

Foorin&Foorin team E、英語版「Paprika」初披露 10人編成で笑顔の花を咲かせる

J-POP2019年11月19日

 英語ネイティブの5人組こどもユニット・Foorin team Eが、NHKホールにて開催された【ABUテレビソングフェスティバル in TOKYO】にて「Paprika」を初披露した。  『Foorin team E』は、先日11月14日 … 続きを読む

テイラー・スウィフト、元レーベルが過去曲のパフォーマンスを許可

洋楽2019年11月19日

 テイラー・スウィフトが、2019年11月24日に開催される【アメリカン ・ミュージック・アワード】(AMAs)のステージで、元レーベルであるビッグ・マシーン・レーベル・グループ(BMLG)からリリースした過去曲を演奏しないよう通告されたと … 続きを読む

カニエ・ウェスト、米ヒューストンの教会で牧師と対談

洋楽2019年11月19日

 カニエ・ウェストが2019年11月17日、米テキサス州ヒューストンのレイクウッド教会で行われた礼拝に参加し、午前の部で同教会の牧師でテレビ宣教師のジョエル・オスティーンと対談した。  キリスト教への回帰を宣言してから福音の伝道に力を入れて … 続きを読む

やくしまるえつこ、入手困難だった『わたしは人類』CD入りシャーレを限定販売

J-POP2019年11月19日

 やくしまるえつこ(相対性理論)が、11月19日から東京・森美術館にて開催されている展覧会【未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命――人は明日どう生きるのか】にて、“人類滅亡後の音楽”をコンセプトにバイオ・テクノロジーを駆使して制作、音源 … 続きを読む

page top