佐野元春、セルフカバーアルバム『自由の岸辺』を5月23日に発売

2018年3月26日 / 15:00

アルバム『自由の岸辺』/佐野元春 & THE HOBO KING BAND (okmusic UP's)

2017年7月にリリースされたアルバム『マニジュ』で新境地を見せた佐野元春が、早くもニューアルバム『自由の岸辺』をリリースする。同アルバムは2011年1月に発表された『月と専制君主』に続くセルフカバーアルバム。佐野自身でこれまでの楽曲から11曲を厳選し、編曲に大胆な改変を施し新たな楽曲として蘇らせている。

レコーディングには前作のセルフカバーアルバムと同じセッション・メンバーである古田たかし(dr)、井上富雄(B)、Dr.kyOn(key)、長田 進(G)らが参加。いずれも佐野が長年親交を共にしてきたミュージシャンだ。古田たかし、井上富雄によるコンビネーションが安定感のあるリズムを刻み、Dr.kyOnのピアノがファンキーに転がる。長田進のギターがブルージーに唸り、佐野自身も何曲かでソロ演奏を披露。彼らのプレイヤビリティーを知り尽くした佐野が、それぞれのミュージシャンのポテンシャルを最大限に引き出した。

アルバムは全編に渡ってフォーク、ブルース、ニューオリンズ、ジャズ、カリビアン、レゲなど多彩なビートが採用されている。ここでの佐野は、卓越したメロディ・メーカーであるだけでなく、言葉を際立たせる編曲家としても限りない創造力を発揮。セルフカバーアルバムではあるが、そこに懐古的な要素はなく、現在進行形のソングライターによる新作アルバムが完成した。それぞれの楽曲が持つ音の豊富さに彩られて、佐野元春はジャック・ブレルのように愛を歌い、カエターノ・ヴェローゾのように真実を奏でる。どの曲を採っても、詩的表現の中に気取りのないユーモアと批評精神を滲ませ、時が経っても古臭さを感じさせない。むしろ成熟した大人の芳醇さに包まれ、説得力あるメッセージとして現代の聴き手に響く。

CDのマスタリングはラーセン・マスタリングのチーフ・エンジニア、ギャビン・ラーセン、アナログ・カッティングは、キャピタル・マスタリングのベテラン・エンジニア、Ron McMaster(ロン・マクマスター)が担当。ネイキッドで、美しく、ウィットに富み、大胆不敵。そんなバンド・サウンドが心地いい佐野元春 & THE HOBO KING BANDのアルバム『自由の岸辺』はCD、アナログ、配信の3形態で5月23日にリリースされる。
アルバム『自由の岸辺』/佐野元春 & THE HOBO KING BAND
2018年5月23日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)

¥4,200+税

【通常盤】(CD)

¥3,000+税

【ダウンローディング】

¥250(1曲)※販売:iTunes Store

<収録曲>(オリジナル収録アルバム/発表年度)

01. ハッピーエンド/Happy End (スウィート16/1999)

02. 僕にできることは/Things I Could Do (フルーツ/1996)

03. 夜に揺れて/Night Swinger (バック・トゥ・ザ・ストリート/1980)

04. メッセージ/The Message (ストーンズ & エッグス/1999)

05. ブルーの見解/Visions Of Blue (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/1989)

06. エンジェル・フライ/Angel Fly (ストーンズ & エッグス/1999)

07. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/A Napoleon Fish Day (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/1989)

08. 自由の岸辺/La Costa Libre (mf ヴァリアス・アーティスツ Vol.1/1989)

09. 最新マシンを手にした子供達/Pop Children With The New Machine (スウィート16/1992)

10. ふたりの理由、その後/The Soul Mate Story (ナポレオンフィッシュと泳ぐ日/1989)

11. グッドタイムス & バッドタイムス/Good Times & Bad Times (バック・トゥ・ザ・ストリート/1980)

【アナログ盤】 (LP)

¥3,500+税

<収録曲>(全10曲)

■SIDE-A

01.ハッピーエンド

02.僕にできることは

03.夜に揺れて

04.ブルーの見解

05.エンジェル・フライ

■SIDE-B

06.メッセージ

07.自由の岸辺

08.最新マシンを手にした子供達

09.ふたりの理由、その後

10.グッドタイムス & バッドタイムス


音楽ニュースMUSIC NEWS

『6月18日はなんの日?』ポール・マッカートニー、77歳の誕生日

洋楽2019年6月18日

 6月18日はポール・マッカートニーの77回目の誕生日。  正真正銘のロック・レジェンド/稀代のヒットメイカーにして、いまだ現役で活躍を続けているポール・マッカートニー。  昨年9月にリリースされた5年振りの最新作『エジプト・ステーション』 … 続きを読む

山口一郎によるアルバムリリース前日の『サカナLOCKS! 外伝』をGYAO!で独占生配信!

ジャパニーズロック2019年6月17日

サカナクションの山口一郎によるスペシャルプログラム『サカナLOCKS! 外伝』を動画配信サービスGYAO!で6月18日(火)24:15より独占生配信することが発表された。 『サカナLOCKS!』はTOKYO FMをキー局にJFN38局で放送 … 続きを読む

シド、2年ぶりの全国ホールツアー【SID HALL TOUR 2019】を9月から開催

J-POP2019年6月17日

シドが9月13日より全国12箇所16公演におよぶツアー【SID HALL TOUR 2019】を開催することが明らかになった。  昨年2018年は結成15周年のアニバーサリーイヤーとして全国46公演にもおよぶライブハウス公演を行い、今年3月 … 続きを読む

シド、9月より全国ホールツアー『SID HALL TOUR 2019』開催決定

ジャパニーズロック2019年6月17日

シドが6月17日(月)に開催されたコラボレーションツアー『SID collaboration TOUR 2019』の初日公演で、9月13日(金)より全国12カ所16公演の『SID HALL TOUR 2019』を開催することを発表した。ホー … 続きを読む

[ALEXANDROS]、最大規模のツアー『Sleepless in Japan Tour』が終幕“自分自身でいることがROCKだ!”

ジャパニーズロック2019年6月17日

[ALEXANDROS]の自身最長にして最大規模となるツアー『Sleepless in Japan Tour』のファイナル公演が、さいたまスーパーアリーナにて6月15~16日の2日間に渡って開催された。 2018年11月に発売された7枚目と … 続きを読む

page top