KANA-BOON、アルバム『KBB vol.1』から桜ソング2曲のMVを公開

2018年3月13日 / 14:00

KANA-BOON (okmusic UP's)

2018年にメジャーデビュー5年目を迎え、“5シーズン・5リリース・5イベントプロジェクト”をスタートさせたKANA-BOON。シーズン1となるこの春のリリースとして、KANA-BOON初となるカップリング曲集『KBB vol.1』が3月13日に店着となる。今作のリード曲としてミュージックビデオを制作したのは、そのカップリング曲集に収録された漢字表記の「桜の詩」。さらに、それと対をなす楽曲でひらがな表記の「さくらのうた」のミュージックビデオも制作し、作品が持つ物語性がより一層伝わる内容となっている。

楽曲として先にあったのは、ひらがなの「さくらのうた」。メジャーデビュー前に制作され、インディーズでリリースされた初の全国流通盤「僕がCDを出したら」に収録されている一曲。等身大な男子が歌う、ストレートでエモーショナルな言葉が同世代の共感を呼び、ファンの間では1,2を争う人気曲となっている。一方の「桜の詩」は、メジャーデビュー後の2ndシングル「結晶星」のB面に収録された楽曲で、「さくらのうた」が男性目線なのに対し、それと対をなす女性目線で描かれたアンサーソングとなっており、制作時より谷口鮪(Vo)が“いつかこの2曲を映像化したい”と熱望していた楽曲だ。今回のMVでは、その2曲のなりたち通り、ある一組の男女の間に訪れる出来事と時間の流れを追ったドラマが展開。KANA-BOONメンバーのエモーショナルな演奏と相まって、出会いと別れが訪れる「桜」の季節にぴったりな、切なさ溢れる作品に仕上がっている。

カップリング曲集『KBB vol.1』では、これまでリリースしてきたシングル12枚に収められてきた23曲のカップリング曲の中から12曲をセレクト。さらにボーナストラックとして新曲1曲とファン人気抜群の春の名曲「さくらのうた」のアコースティックバージョンを新録音源として追加した、全14曲入りのアルバムとなっている。
アルバム『KBB vol.1』
2018年3月14日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

KSCL-3040~3041/¥3,600+税

※どうでもいいオマケ016封入

【通常盤】(CD)

KSCL-3042/¥2,500+税

※初回仕様:どうでもいいオマケ016封入

<収録曲>

■CD

1. スパイラル

2. PUZZLE

3. バカ

4. ハッピーエンド

5. スーパームーン

6. 夜のマーチ

7. LOSER

8. アナートマン

9. I don’t care

10. ロックンロールスター

11. 桜の詩

12. タイムトリッパー

13. Flame (※新曲)

14. さくらのうた (acoustic version)

■特典DVD

『KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017 年越し編 ~バイバイ 2017、ハロー 2018!~』LIVE&密着映像

1. – Introduction –

2. A.oh!!

3. ディストラクションビートミュージック

4. 人間砂漠

5. Fighter

6. 涙

7. 結晶星

8. 一番星

9. それでも僕らは願っているよ

10. ないものねだり

11. – カウントダウン –

12. バトンロード

13. バイバイハロー

14. – Conclusion –
DVD&Blu-ray『KANA-BOON MOVIE 05 / KB CLIPS ~サナギからもぞもぞ編~』
2018年3月14日発売

【DVD】

KSBL-6303/¥2,778+税

※初回仕様:どうでもいいオマケ017封入

<収録内容>

なんでもねだり

ダイバー

talking

ランアンドラン

Wake up

Fighter

バトンロード



それでも僕らは願っているよ

<Extra>

anger in the mind (short ver.)

Origin トレイラー

情熱小泉(小泉の「talking」歌ってみた)

覚醒の小泉

シルエット 小泉監督編

フルドライブ Studio Live

涙 Studio Live

ディストラクションビートミュージック Studio Live

バトンロード Studio Live

それでも僕らは願っているよ Studio Live

【Blu-ray】

KSXL-254/¥3,241+税

※初回仕様:どうでもいいオマケ017封入


音楽ニュースMUSIC NEWS

bonobos、7月に東阪ビルボードライブ公演を開催

J-POP2019年3月20日

 レゲエ/エレクトロニカ/ネオソウルなど、多様なジャンルを吸収・昇華し、新たな表現を磨き進化を続けるハイブリッド音楽集団、bonobosが7月に東阪ビルボードライブ公演を行う事が決定した。  2001年の結成から現在までに培われてきた多彩な … 続きを読む

福士誠治×濱田貴司=MISSION 演出家・本間律子が語る「福士さんは音に呼ばれてその世界に入っていく表現を誰よりも出来る人」

J-POP2019年3月20日

 2月17日に開催したデビューライブを大成功に収め、1stミニアルバム『ONE-NESS』も話題沸騰中。人気俳優・福士誠治×音楽家・濱田貴司によるバンドプロジェクト“MISSION”について、彼らのライブ演出を務める本間律子が語った。 -- … 続きを読む

ロジック、血まみれになる新曲MVとともにニューALのリリースを発表

洋楽2019年3月20日

 約半年前に『YSIV』を発表したばかりのロジックが、ニュー・アルバム『Confessions of a Dangerous Mind』をリリースすることを現地時間2019年3月19日に発表した。  ロジックのSNSに投稿された約4分のビデ … 続きを読む

ユーライア・ヒープ、結成50周年の節目の年にロック・レジェンドが魅せた現在進行形&大阪公演の模様をレポート

洋楽2019年3月20日

 「レッド・ツェッペリン」「ディープ・パープル」「ブラック・サバス」と並び、イギリスのハード・ロック黎明期から活動するレジェンド・バンド「ユーライア・ヒープ」がビルボードライブへ初登場し、3月19日に大阪公演が行われた。彼らの来日は2016 … 続きを読む

秦 基博、3/21『802 RADIO MASTERS』に中島ヒロトとツインDJで登場

J-POP2019年3月20日

 3月21日のFM802『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』に、秦 基博が生出演し番組DJの中島ヒロトとツインDJを務めることが発表された。  オンエアは15時から17時の2時間で、秦 基 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top