BACK-ON「ここで辞めちゃダメだな」2人になっても進化し続ける意思……3/16代官山UNITでツアーファイナル

2018年3月13日 / 18:00

 アニメ『ガンダムビルドファイターズGMの逆襲』主題歌「Carry on」でも注目を集め、同曲収録の配信限定EP『NEW ERA』をリリースしたばかりのBACK-ON。彼らがいよいよ3月16日、東京・代官山UNITにてツアー【NEW ERA】の最終公演を開催する。

 BACK-ONは、地元足立区の幼なじみであるTEEDA(mc)とKENJI03(vo,g)からなるロックユニットで、国内に限らずアジア、 アメリカ、ヨーロッパ、 南米と世界各所から出演オファーがありワールドツアーを開催する等、海外からも高い評価を得ている。活動15周年を迎えた2017年にメンバー脱退劇があったものの、同年11月30日には渋谷club asiaにて2人体制初のワンマンライブ【WE BACK】を開催。不安視するムードなど蹴散らす痛快アクトを繰り広げ、ファンと熱狂の渦を巻き起こしながら、見事に進化したBACK-ONを体感させてみせた。

 「2人になって、すごく不安ばっかりでさ、だけどBACK-ONに誰か1人でも期待してくれている人がいるんだったら、やっぱり続けたいし、歌い続けていたいしさ……。実はね、ちょうど休止ぐらいのときかな。歌えなくなって、喉のポリープの手術をしたんだけど、そのときにお医者さんがすごく嬉しいことを言ってくれてさ、「15年間、全力で歌ってきた証拠だよ」と言ってくれて、「ちゃんとポリープ取るからさ、こっから15年、思いっきり走ってよ。思いっきり歌えるからさ」と言ってくれて。だから「ここでBACK-ON辞めちゃダメだな」って。あと、15年。いや、もっともっと歌い続けられたらなって思います」

 そんなこれからも進化し続ける意欲を感じさせてくれた彼らが、前述の新作『NEW ERA』への評価も高まっている中で【NEW ERA】なるツアーをスタート。3月16日に東京・代官山UNITにてツアーファイナルを迎える。復活の狼煙を上げた初ワンマンから4か月、さらにパワーアップしたBACK-ONのステージをぜひ体感してほしい。

 
◎ライブ情報
ツアー【NEW ERA】最終公演
2018年03月16日(金)代官山UNIT
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:3,8OO円(+1ドリンク)


音楽ニュースMUSIC NEWS

ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」シュールでパンチの効いたMV公開

J-POP2018年11月13日

 ASIAN KUNG-FU GENERATIONが、2018年12月5日にリリースするニュー・アルバム『ホームタウン』より、タイトル・トラックのMVを公開した(https://youtu.be/7z-7klgUSyU)。  新曲「ホームタ … 続きを読む

ク・ハラ(ex.KARA)、クリスマスイブの夜にファンミーティング開催

J-POP2018年11月13日

 ク・ハラが、ソロファンミーティング【Koo HaRa Japan Fanmeeting 2018~約束~】を、2018年12月24日に神奈川県民ホールにて開催する。  ク・ハラは、 KARAのメンバーとして、 2010年8月「ミスター」で … 続きを読む

高木正勝、初のプライベート・ピアノ曲集&エッセイ集『こといづ』発売

J-POP2018年11月13日

 高木正勝が、初のプライベート・ピアノ曲集『Marginalia(マージナリア)』を、2018年11月21日にリリースする。  細田守監督作『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』の映画音楽をはじめ、CM音楽、執筆など幅広 … 続きを読む

篠原涼子ら東京ミッドタウン点灯式に登壇、特等席から見るイルミネーションに「贅沢です」 

J-POP2018年11月13日

 2018年11月13日から12月25日の間に開催される【MIDTOWN CHRISTMAS 2018】の点灯式が、東京ミッドタウンで行われた。  今年で12回目を迎える本イルミネーションでは、約100個の光るバルーン球体に加え、1日約45 … 続きを読む

【氣志團万博】初日、森山直太朗/TRF/BiSH/打首獄門同好会らが作り上げた最高の集会

J-POP2018年11月13日

 2018年9月15日に開催された、氣志團主催の野外フェス【氣志團万博2018 ~房総爆音爆勝宣言~】初日のライブレポートが到着した。  ウェルカムアクトであるオメでたい頭でなによりが「We will luck you」などで会場を暖めた後 … 続きを読む

page top