【深ヨミ】菅田将暉『さよならエレジー』都道府県別売上をデビューシングルと比較

2018年3月4日 / 14:00

 3月5日付週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で、菅田将暉の『さよならエレジー』が初週累計11,166枚を売り上げ、12位にチャートインした。

 菅田将暉は、昨年6月に『見たこともない景色』でソロ歌手デビュー。3rdシングルである今作は、自身も出演するドラマ『トドメの接吻(キス)』の主題歌で、作詞作曲を菅田が敬愛するシンガーソングライター・石崎ひゅーいが務めた。

 初のライブツアー【菅田将暉 Premium 1st TOUR 2018】は全公演完売、今月21日には1stアルバム『PLAY』のリリースを控えるなど、デビュー1年目とは思えない勢いでシーンを駆け抜けている菅田だが、今回はその人気の秘密を調査するべく、SoundScanJapanより、1stシングル『見たこともない景色』と、3rdシングル『さよならエレジー』の都道府県別実店舗初週売上を抽出。それぞれTOP10は以下の通りとなった。

『見たこともない景色』
2018/6/7 RELEASE
1位 東京
2位 大阪
3位 愛知
4位 神奈川
5位 埼玉
6位 北海道
7位 福岡
8位 千葉
9位 兵庫
10位 静岡

『さよならエレジー』
2018/2/21 RELEASE
1位 東京
2位 大阪
3位 愛知
4位 神奈川
5位 福岡
6位 埼玉
7位 北海道
8位 千葉
9位 兵庫
10位 静岡

 まず両作ともTOP3には、ツアーでも廻った東京、大阪、愛知がランクイン。続く4位の神奈川までは、同一の結果となった。5位以下も順位こそは変わるものの、ランクインしている県は変わらず、どちらも関東圏や地方都市を擁する県が並んだ。このことから、デビューから現在に至るまで、全国的に安定した支持を得てきたことが推測できる。

 新アルバム『PLAY』には、前述の石崎ひゅーいはもちろんのこと、秋田ひろむ(amazarashi)や柴田隆浩(忘れらんねえよ)、渡辺大知(黒猫チェルシー)ら人気アーティストが楽曲提供、また自身が作詞作曲した楽曲の収録も決定し、ますますアーティストとしての幅を広げた菅田将暉。歌手デビュー2年目は、上記の大都市圏以外にも活躍の場が広がることに期待したい。


音楽ニュースMUSIC NEWS

【先ヨミ】NCT DREAM『THE DREAM』が47,387枚を売り上げて首位走行中 King Gnu/MISIAが続く

J-POP2020年1月23日

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年1月20日~1月22日の集計が明らかとなり、NCT DREAMの『THE DREAM』が47,387枚を売り上げて首位を走っている。  NCT DREAMは韓国のボーイズ・グループであるNCTの … 続きを読む

【先ヨミ】SixTONES / Snow Man、ジャニーズ初の同時デビュー2組が1.7万枚差でトップ2独走中

J-POP2020年1月23日

 今週のCDシングル売上レポートから2020年1月20日~1月22日の集計が明らかとなり、SixTONES vs Snow Manの『Imitation Rain / D.D.』が初動3日間で586,350枚を売り上げ、現在首位に立っている … 続きを読む

新世代ハードロックバンド、H.E.R.O.(ヒーロー)が2ndALを日本先行発売へ&来日SP企画も

洋楽2020年1月23日

デンマーク出身の新鋭ハードロックバンド、H.E.R.O.(ヒーロー)が待望の2ndアルバム『バッド・ブラッド』を完成させた。4月1日に日本先行発売(配信は4月3日スタート)する。  メロディックなハードロックをベースに、モダンなリズムアプロ … 続きを読む

故ジュース・ワールド、死因が明らかに

洋楽2020年1月23日

 2019年12月8日に21歳の若さで亡くなったジュース・ワールドの死因が、オキシコドンとコデインの過剰摂取だったことが、米イリノイ州クック郡の検視局によって発表された。  同検視局によるツイートには「検視局は、当時21歳のジャラード・アン … 続きを読む

日向坂46、4thシングル表題曲「ソンナコトナイヨ」MVが解禁

J-POP2020年1月23日

 日向坂46の最新作である4thシングル表題曲「ソンナコトナイヨ」のミュージック・ビデオが解禁となった(https://youtu.be/7njC5lgL61c)。  4thシングル表題曲「ソンナコトナイヨ」は、前髪を切りすぎて落ち込んでい … 続きを読む

page top