シーナ&ロケッツ、ソニー盤ベストアルバムを試聴できるスペシャルサイトを解禁

2018年2月28日 / 16:00

アルバム『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1』 (okmusic UP's)

日本のロックシーンを切り開いてきたシーナ&ロケッツが、2018年デビュー40周の幕開けに鮎川誠選曲・監修によるアルファ時代の楽曲から集められた最強ベスト盤『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1』を2月18日(水)にリリースした。今作は、シーナと鮎川誠のソロ楽曲も含めた40曲+ボーナストラック1曲の全41曲を収録したCD2枚組で、鮎川誠の最新インタビューライナー付だ。この発売に際して、40周年記念ベスト盤のダイジェスト試聴サイトをオープン! シナロケ・ファンはもちろん、シナロケを知らない世代にも訴えること間違いなしのベスト盤の魅力を凝縮させた必聴サイトとなっているので、ぜひチェックしてほしい。

また、3月2日(金)にはシーナ&ロケッツの半生を描いたNHK総合 福岡発地域ドラマ『You May Dream(ユー メイ ドリーム)』を九州・沖縄地方で放送。さらに、3月31日(土)にはタワーレコード渋谷店にて鮎川誠と伝説のレコード店・パイドパイパーハウス店主である長門芳郎のスペシャルライブ&トークイベント『鮎川誠LIVE&TALK!with パイドパイパーハウス長門芳郎』を開催、4月7日(土)には下北沢GARDENにてシーナに捧げる追悼イベント『鮎川誠 Presents『シーナの日』#4』の開催も決定している。

3月28日(水)には、ビクター時代の楽曲を収録した『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ VICTOR ROKKETS 40+1』の発売も発表されており、今作とのW購入者キャンペーンも実施されるので、併せて要チェックだ。

■シーナ&ロケッツ スペシャルサイト

http://www.110107.com/sheena_and_the_rokkets
アルバム『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1』
2018年2月28日発売

MHCL-30493〜4/¥3,000+税

※ソニー盤

<収録曲>

■Disc1

01.YOU MAY DREAM

02.ベイビー・メイビー

03.オマエガホシイ

04.YOU REALLY GOT ME

05.レイジー・クレイジー・ブルース

06.ホット・ライン

07.マイ・ボーイフレンド

08.プロポーズ

09.キス・ミー・クイック

10.グッドラック

11.BATMAN THEME

12. I GOT YOU, I FEEL GOOD

13.ワンナイト・スタンド 

14.サティスファクション

15.クレイジー・クール・キャット

16.ハートに火をつけて

17.たいくつな世界

18.STIFF LIPS

19.スネークマン

20.センチメンタル・フール

21.レモンティー (1981年絵画館前LIVE音源 / BONUS TRACK)

■Disc2

01.レモンティー 

02.ピンナップ・ベイビー・ブルース 

03.恋のムーンライトダンス

04.クライ クライ クライ 

05.RADIO JUNK 06.スージー・Q

07.浮かびのピーチガール

08.ボン・トン・ルーレ(シーナ) 

09.ビューティフル(シーナ)

10.コワレモノ(シーナ)

11.ジュークボクサー

12.デッド・ギター

13.ブーン ブーン(鮎川 誠)

14.アイ ラブ ユー(鮎川 誠)

15.ワイ ワイ ワイ(シーナ)

16.ヘルプ・ミー(シーナ)

17.シャネルの5番のオン・ザ・ロック(シーナ)

18.ビールス カプセル(鮎川 誠)

19.恋のダンス天国

20.オールド・ファッションド・ラブソング
アルバム『ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ VICTOR ROKKETS 40+1』
2018年3月28日 発売

VICL-70238〜9/¥3,000+税

※ビクター盤

※SHM-CD×2枚組

※40曲+ボーナストラック1曲の全41曲収録

※鮎川誠インタビューライナー付

<収録曲>

■Disc1

01.スイート・インスピレーション<SWEET INSPIRATION>

02.プリティ・リトル・ボーイ<PRETTY LITTLE BOY>

03.フリクション・ドライブ<FRICTION DRIVE>

04.オー・ムーン<OH MOON>

05.ノンノン人形<NON-NON DOLL>

06.今夜はたっぷり<A MAIN LOVER>

07.モダン・ダンス<MODERN DANCE>

08.この道<THIS WAY>

09.レモン・ティー<LEMON TEA> (12″ version)

10.エー・ビー・シー<A B C>

11.ゲームス・フォー・ガールズ<GAMES FOR GIRLS>

12.キャプテン・ギター・アンド・ベイビー・ロック<CAPTAIN GUITAR AND BABY ROCK> (LIVE version)

13.ユー・メイ・ドリーム<YOU MAY DREAM> (LIVE version)

14.どうしても逢いたい<DOSHITEMO AITAI>

15.シュガー・フィンガー<SUGAR FINGER>

16.ハッピー・ハウス<HAPPY HOUSE>

17.ジェット・コースター<JET COASTER>

18.グローリー・オブ・ラブ<GLORY OF LOVE>

19.ポイズン<POISON>

20.ラフ・ネック・ブルース<ROUGH NECK BLUES>

■Disc2

01.ジャングル・ジャングル<JUNGLE JUNGLE>

02.ドリーム・アンド・リボルト<DREAM + REVOLT>

03.エンジェル・アイズ<ANGEL EYES>

04.パーマネント・ハネムーン<PERMANENT HONEYMOON>

05.ファミリー・ダンシング<FAMILY DANCING>

06.自由が欲しい<FREEDOM CHAIN>

07.(ハ!ハ!ハ!)ハード ドラッグ<(HA! HA! HA!)HARD DRUG>

08.キル・ミー・ベイビー<KILL ME BABY>

09.セクシー・ライダー<SEXY RIDER>

10.突然 雨が降ると<RAIN>

11.ロックの好きなベイビー抱いて<ROCK ON BABY>

12.ストリート・シンガー<KOKO>

13.インターネット・キッス<INTERNET KISS>

14.マコト・イズ・マイ・ラブ<MAKOTO IS MY LOVE(TOMORROW BEACH)>

15.ビューティフル<BEAUTIFUL>

16.ジャングル・オブ・ラブ<THE JUNGLE OF LOVE(You maybe King, but I’m the Wild Thing)>

17.恋はノーノーノー<NO NO NO> (LIVE version)

18.ジャパニック<JAPANIC>

19.太陽のバカンス<TAIYO NO VACANCES>

20.ロケット・ライド<ROKKET RIDE>

21.海<UMI> (COVER DEMO TRACK version/BONUS TRACK)


音楽ニュースMUSIC NEWS

HAN-KUN、ドラマ『年の差婚』ED主題歌担当決定

J-POP2020年11月24日

 HAN-KUNが、12月15日からスタートするドラマ『年の差婚』のエンディング主題歌を担当することが決定した。  11月11日にオリジナルアルバム『UNCHAINED』を発売し、盟友キヨサク(MONGOL800 / UKULELE GYP … 続きを読む

AI、Awichをフィーチャリングに迎えた「Not So Different」のリミックスバージョンが決定

J-POP2020年11月24日

 AIが、Awichをフィーチャリングに迎えた「Not So Different」のリミックスバージョンをリリースすることを発表した。  さらにそのリリースに先駆け、Awichを迎え入れての「Not So Different」を11月30日 … 続きを読む

GRANRODEO、15周年アニバーサリーイヤーの延長を宣言!コンセプトミニアルバム発売や2年ぶりの全国ツアー開催等も発表!

ジャパニーズロック2020年11月23日

GRANRODEOが11月23日に結成15周年を迎え、15周年アニバーサリーイヤーを延長することを発表した。 それに伴い、音楽活動デビュー30周年を迎えたギタリスト”飯塚昌明”に焦点を当てたライブイベント『飯塚昌明 … 続きを読む

ClariS、TVアニメ『はたらく細胞』第2期EDテーマ決定

J-POP2020年11月23日

 ClariSが、2021年1月9日より放送開始のTVアニメ『はたらく細胞』第2期のエンディングテーマを担当することが決定した。  アニメ『はたらく細胞』×ClariSのコラボレーションは約2年ぶりとなり、「Fight!!」と名付けられた楽 … 続きを読む

reGretGirl、初のフルアルバム『カーテンコール』でメジャーデビュー

J-POP2020年11月23日

 reGretGirlが、2021年1月27日にアルバム『カーテンコール』でメジャーデビューする。  代表曲「ホワイトアウト」がYouTubeで2200万再生を突破し、SNSやTikTokで話題を集め、いま10代から絶大な支持を得ている大阪 … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top