TOC東京公演にKICK THE CAN CREWのLITTLE、チアキ(ex赤い公園)が参戦

2018年2月19日 / 17:50

 2018年1月31日にソロメジャー進出第一弾アルバム『SHOWCASE』をリリースしたTOCが、全国5か所を回るライブ・ツアー【TOC TOUR 2018“SHOWCASE”】の東京公演を2月17日、渋谷CLUB QUATTROにて開催した。

 早々とソールド・アウトとなっていた本公演には、開場前から多くのファンが詰めかけ、その期待度の高さを感じさせ、開場するとすぐに会場は満員となり、否応なしに熱気は高まっていく。ライヴDJを務めるDJ AGETETSUが登場し、DJブースにセットすると、「LET’S GO!」という言葉でTOCが登場。歓声を浴びながら、彼のラップ・ヒストリーを表現する「1999」でライヴをスタートさせた。そのままニュー・アルバムのオープニングを飾る「武器と勇気」でディスコティックなサウンドを聴かせ、サビの「OH YEAH!」というコールでは合唱が起き、会場は一気に一体感を増していった。

 「WELCOME TO MY 【SHOWCASE】。みんないい顔してるぜ」とオーディエンスに語りかけるTOC。そして男性ファンに向って手を挙げるように促し、「男性ファンをこれからはMY MEN(親友)と呼ぶよ。これまでは女性ファンが9割だったけど、今は4割ぐらいが男性ファンになってくれて嬉しい」と語りかける。そしてそのまま男性ファンに手を挙げさせたまま、ハードな「BIRD」、「JIMOTO」と畳み掛け、男くさい、タフな展開でオーディエンスを煽っていく。

 続くセクションでは「MY BABY、待たせたね。女の子たち、俺はいつでもそばにいるぜ」と、女性ファンに語りかけ、オーディエンスからは黄色い声が上がる。そして「俺は会場から1人の女性をステージに上げて歌う“癖”があるんだ。その女性を選びたいから、ステージに上がってもいいって子は手を挙げてくれ」とコールし、「2FACE」を披露しながら、会場を見回していく。そして、選んだ女性をステージまで自らエスコートし、ニュー・アルバムに収録された「高嶺の花」を、その女性に向って歌い上げた。そういったキザだが嫌味にならないシアトリカルな展開は、TOCの持ち味とも言えるだろう。

 続くMCでは「5年前にソロを始めた時の最初のツアーは、このクアトロが半分しか埋らなかった。だけど今はこのクアトロを含めて全公演をソールド・アウトに出来た」とこれまでを振り返り、「Swag in my skill」や「Feed Back」、「BirthDay」などこれまでTOCのソロを彩ってきた曲をショート・メドレーで披露。ソロとしてのTOCの流れを楽曲でも表した。

 そう“過去”を振り返った後には、ニュー・アルバムという“現在”を提示するセクションに移る。まずチアキ(ex.赤い公園)をゲストに迎え「START UP feat.チアキ」を披露し、「人生をスタート・アップさせよう」と高らかに宣言する。そして全員がジャンプしそのままバウンスする「DISOBEY」、レゲエ的なREWINDスタイルで更に煽る「リスキーダイス」と、本人も「10分間無酸素で走り抜けるような勢いだった」というアグレッシヴな展開で、会場の熱気は最高潮に。
 
 「このアルバムではネガティヴな事を言いたくなかった」というMCを挟み、そのアルバムのラスト・ソングとなる「NEW RULE feat. LITTLE」をゲストのLITTLE(KICK THE CAN CREW)と共に披露。TOCのリリックも勿論だが、LITTLEのリリックもポジティヴで力強い言葉に貫かれており、さらにこのアルバムのメッセージ、そしてライヴにおけるメッセージを、強く花開かせた。そして「I’ll Light You」を華やかに歌い上げ、TOCはステージを降りていった。

 アンコールの言葉に導かれて再びステージに登場したTOCは、「RAY」を丁寧にパフォーム。そして最後はアカペラからの「JENGA」で会場を更に包み込み、DJ AGETETSUやスタッフ、そしてオーディエンスへの感謝の言葉を述べ、再びTOCはステージを後にした。この後に行われたCD購入者とのミニ打ち上げ的な“お出まし会”も含め、サービス精神に溢れ、タフでいながらもオーディエンス・フレンドリーなライヴは、TOCがどのようにソロとして動いていくのかという意思が垣間見られるような、充実の東京公演は、こうして幕を閉じた。大盛り上がりの同ライブが映像化され、5月23日にDVD/BDとして発売されることが決定した。会場にいけなかったファンは発売情報を楽しみに待とう。

◎リリース情報
アルバム『SHOWCASE』
2018/1/31 RELEASE
<初回限定盤>CD+DVD
UPCH-7368 3,287円(tax out.)
<通常盤>CDのみ
UPCH-2142 1,852円(tax out.)


音楽ニュースMUSIC NEWS

橋本愛や大森靖子らのアフタートークも、松居大悟監督『ワンダフルワールドエンド』オンライン上映

J-POP2020年7月7日

 松居大悟監督の2015年の劇場公開作『ワンダフルワールドエンド』がオンラインシアター“STAY HOME MINI-THEATER”で7月14日、15日、16日に限定上映される。  同作は、松居大悟監督が手掛けた大森靖子の「ミッドナイト清 … 続きを読む

FAKY×Novel Core、壮大感と孤独感を表現した新曲をリリース

J-POP2020年7月7日

 ガールズ・ユニオンのFAKYとラッパーのNovel Coreが、コラボレーションした新曲「half-moon feat. Novel Core」を配信した。  本作の原曲の歌詞は、ABEMAの大人気恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃ … 続きを読む

ロン・ハワード監督率いる制作会社イマジン・エンタテイメント、ワーナー・ミュージック・グループと提携

洋楽2020年7月7日

 映画プロデューサーのブライアン・グレイザーと監督ロン・ハワードが共同設立した米ハリウッドの制作会社イマジン・エンタテイメントが、ワーナー・ミュージック・グループと複数年にわたる戦略的なパートナーシップを発表し、2つの業界のリーダーが映画、 … 続きを読む

エルトン・ジョンの記念硬貨発売、ソロ・アーティストが英コインにデザインされるのは初

洋楽2020年7月7日

 今年1月に英国で発行されたクイーンの記念硬貨に続く、“Music Legends”シリーズ第2弾として、エルトン・ジョンのコインが2020年7月6日に発売された。  英国を代表するミュージシャンであるエルトン・ジョンは、50年以上に及ぶ音 … 続きを読む

HAN-KUN「Sky`s the limit」が千葉ロッテマリーンズ公式中継ソングに決定、本日7月7日よりオンエア

J-POP2020年7月7日

 HAN-KUNが昨年8月にリリースした「Sky`s the limit」が、千葉ロッテマリーンズのホームゲーム公式中継ソングに決定した。  「限界突破!!」を繰り返す印象的なサビフレーズが、球団の井口監督が掲げる2020年スローガン「突ッ … 続きを読む

page top