今年85歳のウィリー・ネルソン、SMSを駆使したアルバム発売

2018年2月18日 / 13:00

ウィリー・ネルソン Photo by James Minchin (okmusic UP's)

4月に85歳となるウィリー・ネルソンが、書き下ろしの新曲11曲を収録した新作スタジオアルバム『ラスト・マン・スタンディング』を発表することがわかった。

『ラスト・マン・スタンディング』は全曲ウィリー・ネルソンが長年に渡る共作者/プロデューサーのバディー・キャノンと共に書き下ろした新曲で構成。ウィリーとバディーは2008年からの付き合いであり、キャノンは12作以上ものウィリーのアルバムをプロデュースしている。 2人の共作曲が7曲収録された前作『なんてこったい!』はカントリー・チャートで初登場1位に輝いている。

2人はまず携帯のSMSを介して歌詞とメロディーのやり取りを行うという手法で曲作りを進め、11曲の新曲が生まれた。「ウィリーはジャズ・シンガーであり、ジャズ奏者だ。彼は即興で演奏するミュージシャンなんだ。だから毎回違ったものが出てくる。そこからいいものを録って採用すればいいのさ」とキャノンは言う。

今回のアルバムは、彼にとってこれまでで最も私的で内省的な作品となった。思慮深い「Something You Get Through」から、陽気で遊び心のある「Me and You」や「Ready to Roar」に至るまで、ウィリーの関心事の喜怒哀楽の幅広さを示している。

アルバムの日本番は5月23日、輸入盤及びデジタルアルバムは4月27日にリリースされる。 現在iTunesではアルバムの予約を受付中であり、リードシングルとなるタイトルトラック「ラスト・マン・スタンディング」はiTunesほか主要デジタル配信サイトでも入手可能だ。

Photo by James Minchin、Curtis Millard
アルバム『ラスト・マン・スタンディング』
2018年5月23日発売予定

¥2,400+税

<収録曲>

1.Last Man Standing

2.Don’t Tell Noah

3.Bad Breath

4.Me And You

5.Something You Get Through

6.Ready To Roar

7.Heaven Is Closed

8.I Ain’t Got Nothin’

9.She Made My Day

10. ‘ll Try To Do Better Next Time

11.Very Far To Crawl


音楽ニュースMUSIC NEWS

インディーズ電力、無期限の充電期間突入を発表

ジャパニーズロック2018年9月25日

2011年の東日本大地震を機に設立されたインディーズ電力が無期限の充電期間に入ることが、9月22日の『中津川THE SOLAR BUDOKAN』のステージにおいて発表された。 10月24日にニューアルバム『みんなして感電』をリリースすること … 続きを読む

SPYAIR、『Bリーグ』テーマソングとして新曲「B-THE ONE」を書き下ろし

ジャパニーズロック2018年9月24日

10月4日(木)に開幕する『B.LEAGUE 2018-19 SEASON』の公式テーマソングに、SPYAIRの書き下ろし楽曲「B-THE ONE」が決定した。 3年目のシーズンを迎えるB.LEAGUEは毎シーズン確実に入場者数を増やし、2 … 続きを読む

筋肉少女帯、メジャー30周年記念アルバムの詳細を解禁&大槻ケンヂの新プロジェクトが始動

ジャパニーズロック2018年9月24日

メジャーデビュー30周年を迎えた筋肉少女帯のメジャーデビュー30周年記念 オリジナルニューアルバム『ザ・シサ』のアートワークと新アー写、さらに気になる収録内容が公開された。 ジャケ写はアルバムタイトル『ザ・シサ』という謎の言葉が真ん中にあり … 続きを読む

never young beach、リリースツアー初日にくるりが出演

ジャパニーズロック2018年9月24日

10月3日に10インチアナログ盤『うつらない/歩いてみたら』をリリースするnever young beachが、リリース翌日のツアー初日に出演するゲストバンドとして、くるりの出演を発表した。 9月23日に行なわれた、くるり主催の『京都音楽博 … 続きを読む

『朝霧Jam’18』で絶対聴きたい! 洋楽5曲

ニュース2018年9月24日

10月6日(土) &7日(日) に富士山麓 朝霧アリーナ・ふもとっぱらにて開催される日本元祖のキャンプ・イン・フェス『“It’s a beautiful day” Camp in 朝霧Jam』。ついにタイムテーブルも発表された富士山麓という … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top