NOKKO×フルオーケストラ、明日よりチケット発売開始 NOKKO本人からのメッセージも公開

2018年2月16日 / 18:30

 今春、ファン待望のNOKKOの初のフルオーケストラ・コンサートが実現。その公演チケットは明日2月17日より一般発売となる。

 時代の先端を走り、現代の日本の音楽シーンで活躍を続けるヴォーカリスト、NOKKO。今回の公演では、1984年のデビュー以来、日本のロックシーンに輝き続けるREBECCAの名曲群から「フレンズ」「MOON」「LONELY BUTTERFLY」「Maybe Tomorrow」、そして、NOKKOの代表曲「人魚」「ライブがはねたら」、さらには3月21日にリリースの最新アルバム『TRUE WOMAN』から「翼」(テレビ東京系ピョンチャンオリンピック2018中継テーマソング)などの最新楽曲までを選曲予定。REBECCAとNOKKOの偉大な軌跡と未来を示す作品群が、華麗な管弦楽の響きとともに熱唱される。

 舞台は全国のクラシック音楽専用ホール。札幌では、1989年のREBECCA公演以降、NOKKOの単独公演として初めてのステージ。福岡では2000年に開催したソロツアーから18年ぶりの公演が実現する。2018年春、NOKKOのジャンルを超越した新たな挑戦が、日本のクラシック音楽界の名手たちによるダイナミックなオーケストラサウンドとともに始動する。

 また、この注目の公演に先立ち、NOKKOよりフルオーケストラ・コンサートに挑む熱いメッセージが発表された。

〈NOKKO コメント〉
『ロックをオーケストラで演ったらどうなるのだろう?』
そう思いながら昨年「billboard classics festival」での初めてのステージを終えました。
そして結果は、私にとってはなぜか“もっとロックっぽいもの”に思えました。

ロックバンドにストリングスやハープなどクラシックの楽器が参加することは、「ザ・ビートルズ」や、また「ムーディー・ブルース」などのプログレッシブロックの音楽家たちが70年代に始め、現在もたくさんのバンドが受け継いでいます。
心に深く響くような高揚感を求める楽曲をアレンジするときは、「弦(ストリングス)を入れましょう」となることが多くありますが、今回のフルオーケストラによる「フレンズ」や「人魚」をはじめとする楽曲たちは、その高揚感のレベルをはるかに超えています。
多くのポップス音楽は、ドラムかそれに変わるリズム楽器が入っていて、それに沿ってか、あるいはまたそれに歯向かうように演奏されます。
ですから、歌う者にとって意図する次の拍は必ずと言っていいほど、ドラムが最初に出したカウントによって握られているのです。

でもオーケストラは、各楽器のフレーズがまるでリレーのように連なって曲が進行し、歌う言葉と楽器のフレーズは、その都度、バレエの振り付けと楽器の音色のように絡まりあいます。

オリジナルアレンジの 「フレンズ」は歌詞をバンドサウンドが‘躍動感’という名の龍の背中に乗せて飛び回るような感じですが、オーケストラと一緒に歌うと、不思議にも歌そのものの中にある躍動感がむき出しになって飛び回るのです。また「人魚」は、歌の切なさや情熱が自然に溢れ出します。
そして、今回新たにアレンジされる「翼」をはじめとした新曲たちは、どんな表情を見せてくれるのか、、、今からとても楽しみです。
皆さまも、どうぞ楽しみにしていてください。

NOKKO

◎演奏曲
「フレンズ」「MOON」「LONELY BUTTERFLY」「Maybe Tomorrow」
「人魚」「ライブがはねたら」「翼」ほか最新アルバム『TRUE WOMAN』からの選曲を予定
※演奏予定曲は告知なく変更になる場合があります。

◎公演概要
【NOKKO PREMIUM SYMPHONIC CONCERT】
2018年3月18日(日) 大阪・フェスティバルホール 開演14:00
2018年4月11日(水) 東京文化会館 大ホール 開演19:00
2018年5月7日(月) 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡) 開演19:00
2018年5月17日(木) 札幌・ニトリ文化ホール 開演19:00
2018年5月29日(火) 名古屋国際会議場 センチュリーホール 開演19:00

出演:NOKKO
指揮:柴田真郁(大阪・名古屋)、山下一史(東京)、栁澤寿男(福岡)、栗田博文(札幌)
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団(大阪)、東京フィルハーモニー交響楽団(東京)、九州交響楽団(福岡)、ビルボードクラシックスオーケストラ with SORA(札幌)、ビルボードクラシックスオーケストラ(名古屋)

チケット価格:8,800円(税込・全席指定)
※特製プログラム付
※未就学児入場不可
※本公演は、開演中の客席へのご入場を制限させていただきます。予めご了承下さい。

一般販売:2月17日(土)10:00より各プレイガイドにて発売開始

詳細URL:http://billboard-cc.com/classics/nokko-premium-symphonic-concert/

お問合せ:
〈大阪〉キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00)
〈東京〉キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
〈福岡〉キョードー西日本 092-714-0159(平日10:00~19:00/土10:00~17:00)
〈札幌〉道新文化事業社 道新プレイガイド 011-241-3871(9:30~18:00)
〈名古屋〉サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 (10:00~18:00)

主催・企画制作:ビルボードジャパン
後援:米国ビルボード、FM802・FM COCOLO(大阪)、TOKYO FM(東京)
協力:読売テレビ(大阪)

◎リリース情報
アルバム『TRUE WOMAN』
2018/3/21 RELEASE
初回限定盤(CD+DVD)
UMCK-9939 3,800円(税抜)
通常盤(CD)
UMCK-1591 3,000円(税抜)


音楽ニュースMUSIC NEWS

Supporting Live House's Activity~ライヴハウスの施策を紹介!~

ジャパニーズロック2020年5月25日

フリーマガジン『music UP’s』/Webサイト『OKMusic』編集部では、新型コロナウイルス感染拡大の影響でライブハウスの活動自粛による経営縮小、閉店の事実が続いていることを受け、クラウドファンディングや独自の施策を実施 … 続きを読む

亜無亜危異、アルバムリード曲「馬鹿とハサミは使いYO!」のMVを公開

ジャパニーズロック2020年5月25日

亜無亜危異が、ニューアルバム『パンク修理』からリード曲「馬鹿とハサミは使いYO!」のMVを公開した。 ライブ映像を使ったMVは存在しているが、このメンバーでスタジオ撮影を行ったのはこれまでの長いキャリアの中で初めて。5月上旬に行われた撮影は … 続きを読む

聖飢魔II、地球デビュー35周年の新ヴィジュアル解禁

J-POP2020年5月25日

 地球デビュー35周年を記念し期間限定で再集結する聖飢魔IIが、新ヴィジュアルを解禁した。  5月21日、悪魔教信者にはとても縁起の良い時刻“午後6時6分6秒”に、聖飢魔IIのメンバーであるルーク篁とジェイル大橋が突如としてインターネット上 … 続きを読む

YMOの『TECHNODON』再発に小池美波(欅坂46)・TOWA TEI・manaka(リトグリ)らがコメント

J-POP2020年5月25日

 YMOのアルバム『TECHNODON』が再発されたことを受け、YMOファンの石毛輝(the telephones / Yap!!!)、小池美波(欅坂46)、TOWA TEI、manaka(Little Glee Monster)、Rei( … 続きを読む

WEAVER、地元神戸での10周年ライブ音源配信開始

J-POP2020年5月25日

 WEAVERが、デビュー10周年記念ライブの音源配信を開始した。  2019年10月22日に地元・神戸国際会館で行われたデビュー10周年記念ライブ【WEAVER「10th Anniversary Live 最後の夜と流星~We’ … 続きを読む

page top